131件中 41 - 50件表示
  • キックボクシング

    キックボクシングから見た日本プロボクシング協会

    一般にキックボクシングとは前述の競技を指すが、場合によってはボクシングのリングを使ったプロ打撃系格闘技全般の総称を指すこともある。興行によってはムエタイ、空手、ボクシング、シュートボクシング、サバット、ドラッカ、テコンドー、散打等、様々な種類の立ち技格闘家同士が異種格闘技戦をすることもある。野口は新興プロスポーツ、「キックボクシング」を商標登録をしなかったため、追従してキックボクシングを名乗り、同様な活動をする団体が生まれた。このことによりキックボクシングはエンターテインメント的な商標とならず、プロ格闘競技種目の名称として定着した。元々は、日本ボクシング協会理事(当時)・野口修が、1960年代に興行目的でタイの国技ムエタイを日本に招致する興行プランを立案。「ムエタイ対空手」、「ムエタイ対ボクシング」の異種格闘技戦のアイデアを実現させるために、試合としてのルールを編成したものである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た八百長

    K-1、およびK-1人気の影響でK-1と共に相乗効果でキックボクシングも大衆から注目される機会が増えた。かつての様な闘犬を思わすような雰囲気は薄れ、イメージも良くなった。しかし、K-1の競技性よりも過度のエンターテインメント性を優先させたイベント色が「色物」的なイメージが付き、人気に相応したK-1やキックボクシング、および選手の社会的な地位向上はされたとは言えない。また、沢村の時代から歴史的に八百長試合が横行したこともあり、プロレス同様に試合結果が一般紙で報道されることはない。NHKがK-1の試合結果を報道しないことについて、「競技ではなく興行だから」とコメントしている。また、特定のテレビ局と密接につながっているため、他のテレビ局やメディアが報道するメリットが低いこともある。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た野口ボクシングジム

    タイでの成功に自信をつけた野口は、1966年(昭和41年)1月30日、キックボクシングの名称を考案して日本キックボクシング協会を設立し、当時の空手家やボクサーを集めて、同年4月11日に大阪府立体育会館で初めての興行を開催した。この時、直前になって突然大山倍達から「都合があって、申し訳ないが、どうしても選手を出せない」と辞退の連絡を受けた。山田辰雄の道場の選手だけでは試合に足りないことに慌てた野口が、急遽出場を依頼した一人に沢村忠(日大芸術学部空手部・剛柔流空手出身)がいた。日本ボクシング協会理事の野口は、有名ボクサーの息子(ライオン野口(野口進。元ボクシング日本王者で野口ボクシングジム創始者)の次男)であり、帝拳ジムでボクシング業界裏方修行を積んだボクシングの申し子のような人物であった。もともと存在したツテを生かしてテレビ局に対しても積極的に売り込んでいった。野口の政治力、熱意なしに国内に根付くことはなく、野口は「キックボクシング」を商標登録もしていた。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た出場給

    チケット売上ノルマ(売れなければその分借金となる)、ファイトマネーのチケット払い。これはプロボクシングやインディー系プロレスと同じであるし、普通の芸能系興行では珍しいことではない。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た大相撲

    競技そのものに人気があるのではなく、特定のスター選手を見たいがために客が集まるということ。彼らが消えると興行不振になるどころか、キックボクシングそのものの存続が不可能となる。1960-1970年代では沢村忠、2000年代では魔裟斗がそれに該当するとされる。野球・大相撲などでは考えられない不安定性であり、さきほどの、景気が不景気になるとキック業界も落ち目になるという事実からいっても、時代の徒花になる可能性の高い不安定なスポーツである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たオイルショック

    1970年代に入ると、野口プロモーションは五木ひろしの興行による莫大な利権でナベプロ、ホリプロとの賞レースに参入するなど世間を賑わせていた。その反面、もう一つの興行の柱であるキックボクシングは凋落の道を辿っていた。オイルショック後の大不況、日本テレビの放送打ち切り、沢村忠の休業(のち引退)で興行成績・人気はみるみる下降した。日本をあきらめ香港での試合出場に本腰を入れるも当地での事故発生で興行不能となる。日本のキックボクシング界は統合に向かって進んでいったが焼け石に水であった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た副業

    プロ選手のほぼ全員が、本業を別に持っている(サラリーマンなど)。収入面からもかける時間からいってもキックは副業である。これはプロボクシングやインディー系プロレスと同様である。キックの場合、ジム会長も本業を別に持っている場合が多い。ひとえにキック(ボクシング)の収入では生活ができないからである。しかしこれでは社会人の趣味の活動と実質的に変わらないという問題も残る。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た引退

    1970年代に入ると、野口プロモーションは五木ひろしの興行による莫大な利権でナベプロ、ホリプロとの賞レースに参入するなど世間を賑わせていた。その反面、もう一つの興行の柱であるキックボクシングは凋落の道を辿っていた。オイルショック後の大不況、日本テレビの放送打ち切り、沢村忠の休業(のち引退)で興行成績・人気はみるみる下降した。日本をあきらめ香港での試合出場に本腰を入れるも当地での事故発生で興行不能となる。日本のキックボクシング界は統合に向かって進んでいったが焼け石に水であった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たバンコク

    2008年(平成20年)2月12日に、タイ・バンコクで、山根千抄がWBCムエタイ会長のゴーヴィット・パックディーブーム(WBC副会長兼務)と、ジャパン・プロフェッショナル・ムエタイ・コミッション(以下、JPMC)が日本におけるWBCムエタイが認可する唯一の組織であるという調印を交わした。3月3日にJPMC設立(NPO法人申請中)のプレスリリースを公表し、JPMCが日本におけるWBCムエタイへの唯一の窓口とした。同年10月1日に、JPMCの正式名称を、「コミッション」から委員会を意味する「コミッティ」に改称。同時に、JPMCをWBCムエタイルールに基づくプロのムエタイ活動の窓口として組織を再構することを発表。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た不景気

    興行資金は多くをタニマチからの援助に頼っているため、日本経済が好景気の時はキックボクシングも(タニマチからの巨額の援助で良い選手を呼び大きなイベントが打てるため)好調となり、不景気の時は(選手招聘等に大金をかけることができず興行は小規模なものとなり、話題も生まれないので)人気もあまり出ない。キックボクシングの人気は選手のリング上の努力で決まるのでなく、興行につぎ込まれたカネの量で決まる。これが冷徹な現実である。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード