131件中 51 - 60件表示
  • キックボクシング

    キックボクシングから見た暴力団

    キックボクシングも他の格闘技興行と同じく、まだ反社会的な任侠団体(暴力団)との関係が切れていない。また選手の刺青(タトゥー)が禁止されていないことも、スポーツに健全性を求める層からの支持は得難い。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た帝拳プロモーション

    タイでの成功に自信をつけた野口は、1966年(昭和41年)1月30日、キックボクシングの名称を考案して日本キックボクシング協会を設立し、当時の空手家やボクサーを集めて、同年4月11日に大阪府立体育会館で初めての興行を開催した。この時、直前になって突然大山倍達から「都合があって、申し訳ないが、どうしても選手を出せない」と辞退の連絡を受けた。山田辰雄の道場の選手だけでは試合に足りないことに慌てた野口が、急遽出場を依頼した一人に沢村忠(日大芸術学部空手部・剛柔流空手出身)がいた。日本ボクシング協会理事の野口は、有名ボクサーの息子(ライオン野口(野口進。元ボクシング日本王者で野口ボクシングジム創始者)の次男)であり、帝拳ジムでボクシング業界裏方修行を積んだボクシングの申し子のような人物であった。もともと存在したツテを生かしてテレビ局に対しても積極的に売り込んでいった。野口の政治力、熱意なしに国内に根付くことはなく、野口は「キックボクシング」を商標登録もしていた。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たTBSテレビ

    キックボクシングは、ブームを巻き起こし、一時はキー局のうち4局(TBS(YKKアワー キックボクシング中継)、日本テレビ(キックボクシング、ゴールデン・キックボクシング)、NET(現・テレビ朝日、ワールドキックボクシング)、東京12チャンネル(現・テレビ東京、キックボクシング中継))で放映されるほどの人気を誇るまでに至ったが、NETは1年程度で撤退した。一方、山田辰雄は翌年の1967年(昭和42年)死去するが、日本拳法空手道はキックボクシング成立にその後も協力し、“鉄腕”錦利弘はキョードー東京の大選手となった。日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのはNET系興行で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後、極真ジムを立ち上げてNET系興行に山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二ら選手を送り込んだ。1971年(昭和46年)に第2の団体全日本キックボクシング協会が旗揚げ。コミッション組織を確立させた上で、藤原敏男をエースに据え、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たベースボール・マガジン社

    『キックボクシング入門』ベースボール・マガジン社、2003年発行(ムック)キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たスカイ・エー

    2000年代には、柴田早千予がキック・ムエタイで合わせて8冠を獲得する活躍を見せる。そして女子総合格闘技のスマックガール(現・JEWELS)などと合わせていわゆる「ジョシカク」としてブームを築き上げ、女子キックボクサーは増加した。それに伴い、全日本・新日本などが女子のみの興行を開始。天空キックボクシング協会は元々女子限定イベントとして旗揚げされたが、翌2006年(平成18年)に男女団体化。2007年(平成19年)にはJ-NETWORKがキック界として初めてとなる女子国内王座「J-GIRLS王座」を創設した。J-GIRLSはスカイ・A sports+での中継もされている。その後もM-1ムエタイチャレンジ、ニュージャパンキックボクシング連盟も女子王座を創設している。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たFEG

    K-1 - K-1 (FEG谷川貞治社長)キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たウイニング

    着用されるグローブはタイ製のグローブが多いが、日本製のウイニングが採用される場合や、レイジェスなど薄いメキシコ製の場合もあり、規格は特定されていない。ただし、対戦者同士は同じグローブを使用する。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たレイジェス

    着用されるグローブはタイ製のグローブが多いが、日本製のウイニングが採用される場合や、レイジェスなど薄いメキシコ製の場合もあり、規格は特定されていない。ただし、対戦者同士は同じグローブを使用する。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たワタナベエンターテインメント

    1970年代に入ると、野口プロモーションは五木ひろしの興行による莫大な利権でナベプロ、ホリプロとの賞レースに参入するなど世間を賑わせていた。その反面、もう一つの興行の柱であるキックボクシングは凋落の道を辿っていた。オイルショック後の大不況、日本テレビの放送打ち切り、沢村忠の休業(のち引退)で興行成績・人気はみるみる下降した。日本をあきらめ香港での試合出場に本腰を入れるも当地での事故発生で興行不能となる。日本のキックボクシング界は統合に向かって進んでいったが焼け石に水であった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たキョードー東京

    キックボクシングは、ブームを巻き起こし、一時はキー局のうち4局(TBS(YKKアワー キックボクシング中継)、日本テレビ(キックボクシング、ゴールデン・キックボクシング)、NET(現・テレビ朝日、ワールドキックボクシング)、東京12チャンネル(現・テレビ東京、キックボクシング中継))で放映されるほどの人気を誇るまでに至ったが、NETは1年程度で撤退した。一方、山田辰雄は翌年の1967年(昭和42年)死去するが、日本拳法空手道はキックボクシング成立にその後も協力し、“鉄腕”錦利弘はキョードー東京の大選手となった。日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのはNET系興行で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後、極真ジムを立ち上げてNET系興行に山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二ら選手を送り込んだ。1971年(昭和46年)に第2の団体全日本キックボクシング協会が旗揚げ。コミッション組織を確立させた上で、藤原敏男をエースに据え、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード