131件中 61 - 70件表示
  • キックボクシング

    キックボクシングから見た全日本キックボクシング連盟

    キックボクシングは、ブームを巻き起こし、一時はキー局のうち4局(TBS(YKKアワー キックボクシング中継)、日本テレビ(キックボクシング、ゴールデン・キックボクシング)、NET(現・テレビ朝日、ワールドキックボクシング)、東京12チャンネル(現・テレビ東京、キックボクシング中継))で放映されるほどの人気を誇るまでに至ったが、NETは1年程度で撤退した。一方、山田辰雄は翌年の1967年(昭和42年)死去するが、日本拳法空手道はキックボクシング成立にその後も協力し、“鉄腕”錦利弘はキョードー東京の大選手となった。日本人としては初めてタイ人現役ランカーにKO勝利。日本拳法空手道が組織として関わったのはNET系興行で、江口和明(初代バンタム級チャンピオン)らを選手として送った。極真会館はキックボクシング成立以前からプロ空手の立ち上げを狙っていたが、キックボクシングが成立後、極真ジムを立ち上げてNET系興行に山崎照朝(オープントーナメント全日本空手道選手権大会チャンピオン)・添野義二ら選手を送り込んだ。1971年(昭和46年)に第2の団体全日本キックボクシング協会が旗揚げ。コミッション組織を確立させた上で、藤原敏男をエースに据え、日本キックボクシング協会と双璧をなす団体にまで成長した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たボクシング

    キックボクシング (kickboxing) とは、ムエタイの試合ルールを参考にして、日本の野口修が考案した日本発祥の打撃格闘技である。略した通称として単に「キック」とも呼ばれる。ボクシング(国際式)とは異なり、キックボクシングには多くのコミッション団体・組織が存在しており、ルール、全日本チャンピオンおよびランキングも統一されていない。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たフルコンタクト空手

    1962年(昭和37年)、山田は空手ボクシングを「第一回空手競技会」として後楽園ホールで開催した。これはノックアウト(打倒勝)、体重別階級、グローブ着用などのルールを採用して行なわれた。のちのキックボクシングやフルコンタクト空手に先駆ける画期的試みだったが、「寸止めルール」を採用する当時の空手界からは黙殺され、新聞記事でも「ナグるケる木戸ご免」、「正統派?うたう空手競技会」などと酷評された。山田の早すぎた試みは結局挫折に終わった。一方、野口修は1962年(昭和37年)8月24日に後楽園ホールで開催された日本で二度目のムエタイ試合を観戦して感激し、空手対ムエタイの興業の可能性を感じた。早速野口は空手家にこの構想を打診するが、この時の相談相手が大山倍達(当時大山道場、のちの極真会館)と山田辰雄だった。1963年(昭和38年)、黒崎健時、中村忠、藤平昭雄が出場して、タイ・バンコクで空手対ムエタイの交流戦が開催された。この試合は日本から空手が殴り込みに来たと現地で大変な反響を巻き起こした。この時の試合は二勝一敗だったが、唯一敗れた黒崎健時は後の1969年(昭和44年)にキックボクシングの目白ジムを創設して、大沢昇・藤原敏男ら選手を輩出した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たK-1

    しかし1990年代になり、早くからテレビ界とのコネクションをつけて、空手による興行を行っていた石井和義が、キックの亜流ルール(ヨーロッパキックボクシングルール・肘打ち禁止)で空手やボクシング、ムエタイなど、多くの立ち技系格闘技の選手を招き、テレビ局との共催で打撃系格闘技世界最強を決めると称する大会「K-1」を立ち上げ、人気を博す。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た新日本キックボクシング協会

    2006年(平成18年)5月に、新日本キックボクシング協会所属の藤ジムが離脱を表明し、「天空キックボクシング協会」の設立を表明。元々は興行を開催する事務局だったが、藤ジム会長の加藤重夫の「団体として確立させないと、試合の意義がただのジム対抗戦となり、それでは選手にとって可哀想であることと、ファンにとっても、単に試合があっただけという一過性のままで終わらせるは良くない」という理由により団体として設立させることを決めた。また、加藤は協会の会長に就任した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たニュージャパンキックボクシング連盟

    1984年(昭和59年)に、日本のキックボクシングの7団体のうち4団体が解散し合同して日本キックボクシング連盟を設立。同年11月30日に、後楽園ホールで旗揚げを行なう。1985年(昭和60年)に、日本キックボクシング連盟の元理事長で、六本木で「朋昌」という会社を営んでいた実業家の石川勝将が「マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟」を設立。石川は、同団体を追放された形でMA日本を設立した。1987年(昭和62年)7月に、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟に所属していたジムが同連盟を離脱し、全日本キックボクシング連盟を創設した。この際、ジムのみならず、認定していた5階級の現役王者全員が全日本キックに流出した。1996年(平成8年)に入ると、全日本キックが完全に分裂し、当時同団体の理事長を勤めていた藤田眞と所属していたジムの大半が離脱。ニュージャパンキックボクシング連盟(以降、NJKF)を結成。1997年(平成9年)10月に「オールジャパンエンタープライズ」が倒産したため、全日本キックボクシング連盟が解散。直後に、有力ジムにより同連盟が立ち上げられ、活動を再開した。1997年(平成9年)に全日本キック所属のジム「アクティブJ」が新団体のJ-NETWORK(以降、J-NET)を結成した。また、全日本キック傘下のジムとして主催興行を予定していた1997年(平成9年)12月21日をJ-NETの旗揚げ興行とし、その日に興行を行った。1998年(平成10年)6月14日に、八王子FSGを中心としたジムが記者会見を開き、彼らは全日本キックを離脱し、キック・ユニオン (K-U) を結成すること明らかにした。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟

    1984年(昭和59年)に、日本のキックボクシングの7団体のうち4団体が解散し合同して日本キックボクシング連盟を設立。同年11月30日に、後楽園ホールで旗揚げを行なう。1985年(昭和60年)に、日本キックボクシング連盟の元理事長で、六本木で「朋昌」という会社を営んでいた実業家の石川勝将が「マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟」を設立。石川は、同団体を追放された形でMA日本を設立した。1987年(昭和62年)7月に、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟に所属していたジムが同連盟を離脱し、全日本キックボクシング連盟を創設した。この際、ジムのみならず、認定していた5階級の現役王者全員が全日本キックに流出した。1996年(平成8年)に入ると、全日本キックが完全に分裂し、当時同団体の理事長を勤めていた藤田眞と所属していたジムの大半が離脱。ニュージャパンキックボクシング連盟(以降、NJKF)を結成。1997年(平成9年)10月に「オールジャパンエンタープライズ」が倒産したため、全日本キックボクシング連盟が解散。直後に、有力ジムにより同連盟が立ち上げられ、活動を再開した。1997年(平成9年)に全日本キック所属のジム「アクティブJ」が新団体のJ-NETWORK(以降、J-NET)を結成した。また、全日本キック傘下のジムとして主催興行を予定していた1997年(平成9年)12月21日をJ-NETの旗揚げ興行とし、その日に興行を行った。1998年(平成10年)6月14日に、八王子FSGを中心としたジムが記者会見を開き、彼らは全日本キックを離脱し、キック・ユニオン (K-U) を結成すること明らかにした。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た極真会館

    1962年(昭和37年)、山田は空手ボクシングを「第一回空手競技会」として後楽園ホールで開催した。これはノックアウト(打倒勝)、体重別階級、グローブ着用などのルールを採用して行なわれた。のちのキックボクシングやフルコンタクト空手に先駆ける画期的試みだったが、「寸止めルール」を採用する当時の空手界からは黙殺され、新聞記事でも「ナグるケる木戸ご免」、「正統派?うたう空手競技会」などと酷評された。山田の早すぎた試みは結局挫折に終わった。一方、野口修は1962年(昭和37年)8月24日に後楽園ホールで開催された日本で二度目のムエタイ試合を観戦して感激し、空手対ムエタイの興業の可能性を感じた。早速野口は空手家にこの構想を打診するが、この時の相談相手が大山倍達(当時大山道場、のちの極真会館)と山田辰雄だった。1963年(昭和38年)、黒崎健時、中村忠、藤平昭雄が出場して、タイ・バンコクで空手対ムエタイの交流戦が開催された。この試合は日本から空手が殴り込みに来たと現地で大変な反響を巻き起こした。この時の試合は二勝一敗だったが、唯一敗れた黒崎健時は後の1969年(昭和44年)にキックボクシングの目白ジムを創設して、大沢昇・藤原敏男ら選手を輩出した。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た世界ボクシング評議会

    WBCムエタイ公認のムエタイコミッション。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た世界キックボクシング協会 (WKA)

    別名レッグキック(ローキック)・ルール。一時期の欧米ではこのルールが、“キックボクシング・ルール”とされていたことがある。アメリカのWKAが1977年より全日本キックボクシング連盟と提携することで独自性を確立すべく提唱したルール。ムエタイを機軸とした日本のルールとアメリカのプロ空手(フルコンタクトルール)の折衷案として、アメリカと日本や欧州の選手が同じリングで戦えるようにするために採用された。基本は2分1ラウンドのフルコンタクトルールに大腿部の外側のみのローキックを認めたもので、膝関節や内股への打撃は禁止されていた。1980年代前半までは、選手のフルコンタクト用ロングパンツ着用と1ラウンドにつき腰より上を8回蹴るルールが義務付けられていた。ただし、足へのプロテクションはフットパッドのみで、脛当ては除外された。日本でも1980年代前半の一時期、全日本マーシャルアーツ連盟の興行では頻繁に行なわれていたルール。続く新生、全日本キックボクシング連盟の興行でもWKAのタイトルマッチなどの国際戦ではこのルールが採用されていた。ただ、この時期より、ロングパンツの着用や8キックカウントは徐々に除外されるようになった。アメリカ国内ではWKA以外ではKICKという団体が世界タイトル戦のみで採用していたルールだが、やがてWKAを含む多くの団体が、このルールを含む複数のルールのチャンピオンを認定するようになり、それにともない、ローキックの攻撃箇所に差異が現れるようになった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード