131件中 81 - 90件表示
  • キックボクシング

    キックボクシングから見た日本拳法

    1959年(昭和34年)12月20日、東京浅草公会堂(台東区)で日本で初めて、サノン・ETC対ベライノ・チールムーンというタイ人同士によるムエタイの試合が開催された。ちょうどこの頃、ムエタイに興味を示す空手家が現れた。日本拳法空手道の山田辰雄である。当時、山田は直接打撃制による空手の試合化を目指しており、その研究の一環として、ムエタイに興味を示したのである。山田は、すでに同年11月に「新スポーツの発足と其企業化計画草案大綱」なる企画書を発表し、新スポーツ「空手ボクシング(仮称)」を提唱した。この企画書の中で山田は「昭和35年の新春を期して、当方競技とやや同系類に属する『タイ国拳法選士団』を招聘」すると発表した。浅草公会堂で行なわれたムエタイ試合が、山田が招聘したものかどうかは判然としないが、山田が日本で初めてムエタイに関心を示した空手家の一人であったことは確かである。山田はさっそく、飯田橋の道場にムエタイ・前チャンピオンのカウキー(カウイとも)を招待して、息子の山田侃にスパーリングの相手をさせ、ムエタイの研究を始めた。このカウキーを山田のもとへ連れてきたのが、野口修だったのである。1961年(昭和36年)、山田が発行した『日本拳法空手道教本』創刊号には、すでにカウキーの写真が掲載されており、この時すでに山田は空手とムエタイを融合させた新スポーツの構想を膨らませていた。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た総合格闘技

    2000年代には、柴田早千予がキック・ムエタイで合わせて8冠を獲得する活躍を見せる。そして女子総合格闘技のスマックガール(現・JEWELS)などと合わせていわゆる「ジョシカク」としてブームを築き上げ、女子キックボクサーは増加した。それに伴い、全日本・新日本などが女子のみの興行を開始。天空キックボクシング協会は元々女子限定イベントとして旗揚げされたが、翌2006年(平成18年)に男女団体化。2007年(平成19年)にはJ-NETWORKがキック界として初めてとなる女子国内王座「J-GIRLS王座」を創設した。J-GIRLSはスカイ・A sports+での中継もされている。その後もM-1ムエタイチャレンジ、ニュージャパンキックボクシング連盟も女子王座を創設している。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た野球

    競技そのものに人気があるのではなく、特定のスター選手を見たいがために客が集まるということ。彼らが消えると興行不振になるどころか、キックボクシングそのものの存続が不可能となる。1960-1970年代では沢村忠、2000年代では魔裟斗がそれに該当するとされる。野球・大相撲などでは考えられない不安定性であり、さきほどの、景気が不景気になるとキック業界も落ち目になるという事実からいっても、時代の徒花になる可能性の高い不安定なスポーツである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た格闘技

    キックボクシング (kickboxing) とは、ムエタイの試合ルールを参考にして、日本の野口修が考案した日本発祥の打撃格闘技である。略した通称として単に「キック」とも呼ばれる。ボクシング(国際式)とは異なり、キックボクシングには多くのコミッション団体・組織が存在しており、ルール、全日本チャンピオンおよびランキングも統一されていない。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たサバット

    一般にキックボクシングとは前述の競技を指すが、場合によってはボクシングのリングを使ったプロ打撃系格闘技全般の総称を指すこともある。興行によってはムエタイ、空手、ボクシング、シュートボクシング、サバット、ドラッカ、テコンドー、散打等、様々な種類の立ち技格闘家同士が異種格闘技戦をすることもある。野口は新興プロスポーツ、「キックボクシング」を商標登録をしなかったため、追従してキックボクシングを名乗り、同様な活動をする団体が生まれた。このことによりキックボクシングはエンターテインメント的な商標とならず、プロ格闘競技種目の名称として定着した。元々は、日本ボクシング協会理事(当時)・野口修が、1960年代に興行目的でタイの国技ムエタイを日本に招致する興行プランを立案。「ムエタイ対空手」、「ムエタイ対ボクシング」の異種格闘技戦のアイデアを実現させるために、試合としてのルールを編成したものである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たテコンドー

    一般にキックボクシングとは前述の競技を指すが、場合によってはボクシングのリングを使ったプロ打撃系格闘技全般の総称を指すこともある。興行によってはムエタイ、空手、ボクシング、シュートボクシング、サバット、ドラッカ、テコンドー、散打等、様々な種類の立ち技格闘家同士が異種格闘技戦をすることもある。野口は新興プロスポーツ、「キックボクシング」を商標登録をしなかったため、追従してキックボクシングを名乗り、同様な活動をする団体が生まれた。このことによりキックボクシングはエンターテインメント的な商標とならず、プロ格闘競技種目の名称として定着した。元々は、日本ボクシング協会理事(当時)・野口修が、1960年代に興行目的でタイの国技ムエタイを日本に招致する興行プランを立案。「ムエタイ対空手」、「ムエタイ対ボクシング」の異種格闘技戦のアイデアを実現させるために、試合としてのルールを編成したものである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たファイティングポーズ

    KO(KnockOut):相手がダウンしたのち、10カウント以内に立ち上がれない場合やファイティングポーズをとれない場合、もしくはレフェリーがダメージ甚大と判断してカウントアウトした場合。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たスパーリング

    グローブを着用し、足には靴を履かず裸足で試合を行なう。しかし団体またはルールによってはプロの試合でも、足を保護する靴型のプロテクターと脛あてを着用することもある。またスパーリングの場合にはヘッドギアや足の保護サポーターを着用することもある。その他、腕にパープラチアット(ムエタイ選手が腕部に付けるお守り)をつける選手もいる。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見たジャパン・マーシャルアーツ・ディレクターズ

    2010年(平成22年)1月23日、M-1ムエタイチャレンジが中心となってジャパン・マーシャルアーツ・ディレクターズ(JMD)の発足を発表。世界プロムエタイ連盟(WPMF)の日本本部としてJMDがWPMFルールを管轄する。JMDにはムエタイの他、独自ルールのR.I.S.E.も参加していたが、2011年に離脱。その後、WBCムエタイを離脱したMA日本が加わった。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た全日本女子プロレス

    日本女子キック協会は1980年代に幕を下ろし、一部の選手はシュートボクシングや日本キックボクシング協会などに戦いの場を移す。1990年代には全日本女子プロレスにてキックボクシングルールに近い格闘技戦を開始して王座も創設され、やがて異種格闘技対抗戦に発展し火が付いた。その後、シュートから多くの選手がキックに転向し、そのひとりである神風杏子が世界王座を獲得。さらに熊谷直子、三井綾、中沢夏美の「不動館三人娘」らの活躍により、競技色が強まった形で女子キックは再興された。興行内では女子ボクシングの試合も組まれ、シュガーみゆきらが転向して活躍。女子ボクシング部門は後に日本女子ボクシング協会として独立し、日本ボクシングコミッションが女子を認定する2007年(平成19年)まで続けられた。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「キックボクシング」のニューストピックワード