222件中 111 - 120件表示
  • 禹長春

    禹長春から見たキムチキムチ

    1948年、大韓民国の樹立で韓国で禹の呼び寄せ運動が起こった。当時の韓国は政治的大混乱や地方から都市への人口流入などの問題で食糧が不足、農家は種子、肥料などの不足で甚大な被害を受けていた。この頃、韓国は国民の80%が農業に従事していた。また日韓併合時代の韓国では米や麦など日本人の主食の増産に重点が置かれ、日本にとって重要性の無い大根や白菜などの蔬菜は放置されたため、韓国の人達にとって欠かせないキムチの材料をまともに作れない状況にあった。日本の植民地支配から解放された当時の韓国は、白菜、大根などの主要野菜の種子を膨大な外貨を使い、日本から輸入していた。禹長春 フレッシュアイペディアより)

  • 彦六伝

    彦六伝から見たキムチキムチ

    ある盛夏の日、彦六が出待ちの客から「これは暑気払いに大変良いものだからどうぞ晩酌の肴に」とキムチを貰ってきたところ、彦六の妻がキムチを全く知らなかったために「臭い!腐ってるんじゃないの?」「タダだからって、何でもいただいてくることはないでしょうに。」と酷く嫌がり、銭湯に行った彦六の目を盗んでキムチのヤンニョムを丹念にすすいだ上に何度も水にくぐらせて晒し洗いしてしまった。やがて銭湯から帰ってきた彦六が「おいばぁさん、酒のつまみにいただいたお新香はどこだい?」と尋ねると、妻は「御膳の上に置いてありますよ。」と言って小鉢に入った綺麗な白菜を指差した。それを見て目を丸くした彦六が妻に改めて尋ね、キムチを洗ったことを知るや「洗っ…た…?やい、ばばぁ!!てめぇは、キムチを…洗ったな?それじゃあ何か?!麻婆豆腐も洗うのか!!」と芝居さながらの七五調で怒鳴りつけた。彦六伝 フレッシュアイペディアより)

  • ピョコタンのマンガレポート

    ピョコタンのマンガレポートから見たキムチキムチ

    自称「日本一まずいラーメン屋」を経営している店主で本名は原憲彦。そのまずさは神出鬼没!タケシムケンやアッコにおまかせ!でも取り上げられ、かのビートたけしをして「キムチをドブに捨てたような味」とまで言わしめ、三才ブックスの社員が食べた際は、次の日に食べた全員が会社を休んだほどであった。ピョコタンは店の常連だが、まずいラーメンを何故好んで食べに行くのかは不明。その日の気分で店を休んでパチンコに行ったり、ラーメンのイベントで某メーカーの試供品のスープを店で使うと大量に持ち帰るなどあまりこだわっていない。最近は本を出版したりTV出演などで僅かながら知名度が上がっている。ピョコタンのマンガレポート フレッシュアイペディアより)

  • サムギョプサル

    サムギョプサルから見たキムチキムチ

    こうした新しいスタイルのサムギョプサルの登場により、スタンダードなサムギョプサルにも、肉塊から焼き始めてスライスしたり、キムチを同時に焼いたりすることが定番になりつつあるなど、変化が生じている。外食産業では新規参入した店が差別化のために新しいサムギョプサルを開発することから多様化が進み、以下のようなものが登場している。サムギョプサル フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮通信使

    朝鮮通信使から見たキムチキムチ

    やがて日本でも接待役が朝鮮料理を作れるように、料理本として『信使通筋覚書、朝鮮人好物附之写』が刊行された。この書では通信使の好物のほかに焼肉、モツ料理、きみすい(キムチ)の作り方などが解説されており、また瑞鳥とされている鶴などを料理に出さないといった注意点も書かれている。獣肉は牛、鹿、猪、鳥肉では雉などが出されており、魚介類では粕漬、鰹節に興味を示した。和菓子は好評であり、精進物ではセリ、にぶか(ニラ)、ニンニク、小豆飯などが好まれた。トウガラシなどの作物は17世紀以降に朝鮮へ持ち込まれており、サツマイモは趙曮が対馬で栽培を学び、凶作にも役立つ作物であると『海槎日記』に記している。朝鮮通信使 フレッシュアイペディアより)

  • カップ焼きそば

    カップ焼きそばから見たキムチキムチ

    辛さがうまいキムチ焼そばカップ焼きそば フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見たキムチキムチ

    1996年に中日に入団した「韓国の至宝」。ストッパーで活躍し当時の日本記録となる38セーブを挙げ、佐々木にライバル視され「まんまる君」と呼ばれていた。丸い顔、口の形等が佐々木と似ており、オールスターの際佐々木が「登板したい」とのダダから江藤智(当時広島、現:巨人3軍監督)が佐々木の顔にマジックで目を描いた所激似だった。スタミナの源はキムチササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • モランボン

    モランボンから見たキムチキムチ

    店舗各店に供給するキムチを製造する「キムチ工房」も同ビル内に入居している。モランボン フレッシュアイペディアより)

  • ミル (海藻)

    ミル (海藻)から見たキムチキムチ

    韓国では現在でも全羅道を中心にキムチの材料などとしてよく食用にされている。ミル (海藻) フレッシュアイペディアより)

  • イカ焼き

    イカ焼きから見たキムチキムチ

    大阪市内には他にも様々な具材をトッピング・メニューとして採用している店舗が多数あり、キムチや千切りのキャベツ、焼きそば用のそば玉やすじこんとネギ(ねぎ焼き風)、加熱食用の溶けるチーズやサイコロ状の餅を入れるなど、バリエーションは豊富である。通常は2つ折り半月状に重ねて販売され、包装材を持手としてそのままかぶりつくか、発泡スチロール製トレー類などにラッピングされた場合は箸で食すのが大阪では一般的である。イカ焼き フレッシュアイペディアより)

222件中 111 - 120件表示

「キムチ」のニューストピックワード