前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • キムチ

    キムチから見た講談社

    講談社編『極辛版キムチ大探検』(講談社文庫) 講談社、1988年8月、ISBN 4061842285キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た桃屋

    しかし1975年に桃屋から発売された「桃屋 キムチの素」が人気を呼び、また1980年代後半に激辛ブームが起こると消費量が増加、ブームが沈静化した後も一定の販売数を保ち、一般のスーパーマーケットやコンビニエンスストア等で手に入るようになった。一般のスーパーでは日本国産のキムチが売られていたが、1990年代から急速に消費量が増え、韓国から輸入されたキムチも流通しはじめた。社団法人・食品需給研究センターによると、キムチは2004年に日本国内で浅漬けに次いで2番目に多く消費された漬物とされている。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たLG電子

    韓国ではポピュラーな家電製品として、発酵や保存に適切な温度を保つことが出来るキムチ専用の冷蔵庫、「キムチ冷蔵庫」も販売されており、LG電子では日本でも「食品貯蔵庫」として発売している。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たポプラ社

    谷川彰英(監修)『国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百科 9 韓国』 ポプラ社、2001年4月、ISBN 4591067149キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たニンニク

    キムチは越冬用の保存食であり、初めの方のキムチは青唐辛子を使用した「白キムチ」・もしくは唐辛子ではなくニンニクや山椒を使用した漬物であったが、日本から赤唐辛子が伝わってからは赤い色の「赤キムチ」が主となった。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た谷川彰英

    谷川彰英(監修)『国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百科 9 韓国』 ポプラ社、2001年4月、ISBN 4591067149キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た朝倉敏夫 (人類学者)

    朝倉敏夫、蔡淑美(共著)『NHK趣味悠々キムチへの旅 -作って・食べて・知る-』 日本放送出版協会、2003年11月、ISBN 978-4141883739キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た豊臣秀吉

    キムチに使われる唐辛子は、元々朝鮮半島に自生していたものではない。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に日本が朝鮮半島に持ち込んだものとする諸説、江戸時代の貿易活性化によるものだとする諸説があるが、元々アジアには存在しなかった唐辛子が国交があったポルトガルとの貿易により日本に渡り、漬物の添加物として使用された事に始まり、腐りにくく味覚に合っていた事もあり、やがて朝鮮半島にも渡り、広く親しまれる事になった。日本からの伝来に関しては江戸時代に朝鮮通信使が持ち帰ったという説もある。また、唐辛子を使用することになったこの頃にキムチという名称が定着した。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た李御寧

    李御寧、李圭泰、金晩助(共著、金淳鎬訳)『キムチの国』千早書房、2000年12月、ISBN 488492259Xキムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たコンビニエンスストア

    しかし1975年に桃屋から発売された「桃屋 キムチの素」が人気を呼び、また1980年代後半に激辛ブームが起こると消費量が増加、ブームが沈静化した後も一定の販売数を保ち、一般のスーパーマーケットやコンビニエンスストア等で手に入るようになった。一般のスーパーでは日本国産のキムチが売られていたが、1990年代から急速に消費量が増え、韓国から輸入されたキムチも流通しはじめた。社団法人・食品需給研究センターによると、キムチは2004年に日本国内で浅漬けに次いで2番目に多く消費された漬物とされている。キムチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示

「キムチ」のニューストピックワード