135件中 11 - 20件表示
  • キムチ

    キムチから見た李御寧

    李御寧、李圭泰、金晩助(共著、金淳鎬訳)『キムチの国』千早書房、2000年12月、ISBN 488492259Xキムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たコンビニエンスストア

    しかし1975年に桃屋から発売された「桃屋 キムチの素」が人気を呼び、また1980年代後半に激辛ブームが起こると消費量が増加、ブームが沈静化した後も一定の販売数を保ち、一般のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで手に入るようになった。一般のスーパーでは日本国産のキムチが売られていたが、1990年代から急速に消費量が増え、韓国から輸入されたキムチも流通し始めた。社団法人・食品需給研究センターによると、キムチは2004年に日本国内で浅漬けに次いで2番目に多く消費された漬物とされている。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た李奎報

    韓国では一般に、キムチの文献初出を13世紀初頭としている。唐の玄宗を題材とした長編詩で有名な李奎報(1168年 - 1241年)の詩集『東國李相國集』に収録されている「家圃六詠」という詩に「菁(かぶら)」という部分があるが、その中の「得醬尤宜三夏食 漬鹽堪備九冬支(醤漬けして夏に食べるのがよく、また塩漬けして冬支度に備える)」という意味である。なおこの記述の中に「キムチ」という名称は登場しない。また該当の食べ物は日本や中国の漬物と特に変わりがなく、唐辛子や塩辛、白菜を使用するといったキムチの大きな特徴はまだ見受けられない。また蕪とは大根と同じ根菜であり蕪の発酵を伴う漬物としては日本や中国には昔からあったが朝鮮半島にはなかった。塩もキムチの乳酸発酵で用いられる塩辛などではない。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た魚介類

    唐辛子の強い刺激、野菜の甘味、乳酸発酵による酸味・うま味と塩辛さが複雑に混じり合った風味が特徴である。多くの場合は魚介類(もしくは魚醤や塩辛や塩アミなどの漬物)やニンニクなどを使用するため、濃厚な匂いと強い風味を持つ。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たイワシ

    薬念としては、唐辛子、ニンニク、ニラ、セウジョッ(シュリンプペーストの一種。日本ではアミエビの名が一般的)、イカ、イシモチ、イワシなどのチョッカル(塩辛)、魚醤の他、牛肉や煮干し、昆布などの出汁を合わせたものが用いられる。リンゴ、梨、栗、ナツメなど果物を加えて味をまろやかにしたり、生のカキやイカを加えコクやうまみを補ったりすることもある。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た世界保健機関

    韓国政府(保健福祉部)が2005年に行なった調査によると、韓国成人の塩分摂取量が世界保健機関 (WHO) 推奨値の2.7倍と極端に多いことが判明した。WHOの塩分摂取推奨値(成人)は一日あたり5グラムだが、韓国成人は13.5g(男性14.9g・女性12.2g)摂取している。又松大学校のチョン・ヘジョン教授が2009年6月30日に発表した説によると、韓国人は1日の塩分摂取量の31.2%をキムチ類から取っているという。ただし、唐辛子に多く含まれるカリウムには余分なナトリウムを体外に排出する作用があるため、結果として塩分摂取量は低く抑えられている。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た喫茶店

    韓国は自国産のキムチを日本などに輸出する一方、安価な中国産キムチを輸入しており、輸入量が輸出量を上回るほどである。安価な中国産キムチの用途は主として飲食店で出される「突き出し」である。韓国の飲食店のキムチの6割は中国産とされる。日本の喫茶店で出される水や寿司屋のガリが基本的に無料であるのと同様に、韓国の飲食店ではキムチを含む副菜は無料で、なくなるたびに補充される(韓国料理の特徴を参照)。中国文化圏においても「ソルト・ピーナッツ」や「白菜漬け」などの「突き出し」は供されるが、あくまで前菜の一部である。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見た中国

    韓国では一般に、キムチの文献初出を13世紀初頭としている。唐の玄宗を題材とした長編詩で有名な李奎報(1168年 - 1241年)の詩集『東國李相國集』に収録されている「家圃六詠」という詩に「菁(かぶら)」という部分があるが、その中の「得醬尤宜三夏食 漬鹽堪備九冬支(醤漬けして夏に食べるのがよく、また塩漬けして冬支度に備える)」という意味である。なおこの記述の中に「キムチ」という名称は登場しない。また該当の食べ物は日本や中国の漬物と特に変わりがなく、唐辛子や塩辛、白菜を使用するといったキムチの大きな特徴はまだ見受けられない。また蕪とは大根と同じ根菜であり蕪の発酵を伴う漬物としては日本や中国には昔からあったが朝鮮半島にはなかった。塩もキムチの乳酸発酵で用いられる塩辛などではない。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たナシ

    薬念としては、唐辛子、ニンニク、ニラ、セウジョッ(シュリンプペーストの一種。日本ではアミエビの名が一般的)、イカ、イシモチ、イワシなどのチョッカル(塩辛)、魚醤の他、牛肉や煮干し、昆布などの出汁を合わせたものが用いられる。リンゴ、、栗、ナツメなど果物を加えて味をまろやかにしたり、生のカキやイカを加えコクやうまみを補ったりすることもある。キムチ フレッシュアイペディアより)

  • キムチ

    キムチから見たリンゴ

    薬念としては、唐辛子、ニンニク、ニラ、セウジョッ(シュリンプペーストの一種。日本ではアミエビの名が一般的)、イカ、イシモチ、イワシなどのチョッカル(塩辛)、魚醤の他、牛肉や煮干し、昆布などの出汁を合わせたものが用いられる。リンゴ、梨、栗、ナツメなど果物を加えて味をまろやかにしたり、生のカキやイカを加えコクやうまみを補ったりすることもある。キムチ フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「キムチ」のニューストピックワード