前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • 李娜

    李娜から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2006年に入ると、李娜はさらに目覚ましい躍進を遂げ、WTAツアー大会でも上位に進出するトーナメントが増えた。全仏オープンでは初出場で3回戦に進出し、準優勝者となったスベトラーナ・クズネツォワに敗れたが、ウィンブルドンでは3回戦でそのクズネツォワを 3-6, 6-2, 6-3 の逆転で破り、続く4回戦では全仏でベスト4入りしたチェコの17歳、ニコル・バイディソバに 4-6, 6-1, 6-3 で勝ち、中国選手として史上初のウィンブルドン8強進出を果たした。それまでの中国選手の4大大会シングルス成績は、鄭潔が2年前の2004年全仏オープンで4回戦進出を記録したが、李娜は鄭潔を上回る「ベスト8」を“テニスの聖地”ウィンブルドンで実現させた。初舞台となった準々決勝では、センター・コートでキム・クライシュテルス(ベルギー)に 4-6, 5-7 で敗れた。李娜 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    芙沙子がコーチに就任して最初の年となった2001年はダブルスでニコル・アレントと組んでシーズンを戦う。アレントとのペアで出場した全豪オープンダブルスは準決勝に進出。ツアーでもキャンベル国際とインディアンウェルズ・マスターズで2勝を上げるなど好調であったが、3月のマイアミ・マスターズを最後にペアを解消。その後単発で数人の選手と組むもペア固定とまでは行かずツアー1?2回戦負けが続いた。しかし第4シードとして出場したウィンブルドン選手権で、前年のアキュラ・クラシック以来2度目のペアとなったキム・クライシュテルスとのダブルスが成功し、準決勝で第1シードのリサ・レイモンド&レネ・スタブス組に3-6,7-5,6-2のフルセットで勝利する活躍で同部門2年連続の決勝進出を果たす。決勝では第8シードのビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組にストレートで敗れるも、後に本格的に固定ペアとしてツアーを回る切っ掛けとなった。一方シングルスではアキュラ・クラシック2回戦で当時世界ランク5位のクライシュテルスをストレートで下すなどの活躍も見られたがシーズン全体では前年に続き低調な成績が続き、年度末ランクも30位と前年より2ランク上げるに留まった。母芙沙子は当時を振り返り「コーチと選手の関係になってからの1年はお互いが選手とコーチとして自立するのに時間が掛かり葛藤があった」とお互いに戸惑いがあったとしながらも「あの1年があって愛の長い競技人生に繋がったと思う」と述懐している。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • キャロライン・ウォズニアッキ

    キャロライン・ウォズニアッキから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ウォズニアッキは2009年5月18日付で世界ランキング10位に入り、デンマークのテニス史上初めて、世界トップ10入りを果たした。同年の全米オープン女子シングルスで、彼女は第9シードから初の4大大会決勝戦に進出した。決勝ではキム・クライシュテルス(ベルギー)に 5-7, 3-6 で敗れ、初優勝を逃した。デンマーク人のテニス選手による4大大会決勝進出は、1953年と1955年の2度ウィンブルドン選手権で準優勝したクルト・ニールセン以来の偉業である。キャロライン・ウォズニアッキ フレッシュアイペディアより)

  • ジュスティーヌ・エナン

    ジュスティーヌ・エナンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2001年全仏オープンにおいて、エナンはシングルス・ダブルスの2部門で準決勝に進出した。シングルス準決勝では1歳年下のキム・クライシュテルスとの「ベルギー対決」に敗れ、ダブルスではエレナ・タタルコワ(ウクライナ)とパートナーを組んだ。続く2001年ウィンブルドンでは第8シードから決勝に進出し、前年度優勝者のビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)に 1-6, 6-3, 0-6 で敗れて、準優勝になった。 この一連の活躍で世界的な注目を浴び、世界トップ10選手に定着する。こうして、エナンとクライシュテルスのベルギー女子2強豪がテニス界を席巻し始めた。ジュスティーヌ・エナン フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2010年のウィンブルドンで単複ともに決勝進出したが、シングルスはセリーナ・ウィリアムズに、3-6, 2-6 で敗れ、マリア・シャラポワ以来のロシア人の優勝はならなかった。ダブルスも、バニア・キング&ヤロスラワ・シュウェドワ組に、6-7, 2-6 で敗れ、単複ともに準優勝となった。全米オープンでも決勝に勝ち上がったが、前年優勝のキム・クライシュテルスに 1-6, 2-6 で完敗した。この年はシングルスで6大会で決勝に進出したが、優勝は2月のパタヤ大会だけで残りの5大会は準優勝であった。最終ランキングは自己最高の2位となった。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • リーゼル・フーバー

    リーゼル・フーバーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2001年9月23日、日本の東京・有明コロシアムで行われた「トヨタ・プリンセス・カップ」の女子ダブルスでツアー初優勝を達成する。パートナーはジンバブエのカーラ・ブラックと組み、第1シードの杉山愛&キム・クライシュテルス組を 6-1, 6-3 で破っての初優勝だった。この後日本の「ジャパン・オープン」にも出場し、オーストラリアのレイチェル・マッキランとのペアで優勝した。ここから、リーゼル・フーバーはダブルスのスペシャリストとしてのキャリアを開花させる。2002年は女子ダブルスで1勝、2003年は5勝を挙げた。2003年3月末の「マイアミ・マスターズ」と4月第1週のサラソタ大会で2週連続優勝を記録した時は、その2週連続で浅越しのぶと宮城ナナの日本ペアを決勝で破ったこともある。マイアミではマグダレナ・マレーバとペアを組み、サラソタでは2000年秋からダブルスに復帰したベテランのマルチナ・ナブラチロワと組んで優勝した。リーゼル・フーバー フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    女子シングルス優勝:キム・クライシュテルス()(2年連続3回目)2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年全仏オープン

    2003年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジュスティーヌ・エナン=アーデン def. キム・クライシュテルス, 6?0, 6?42003年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ウィンブルドン選手権

    2000年ウィンブルドン選手権から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ビーナス・ウィリアムズ / セリーナ・ウィリアムズ def. 杉山愛 / キム・クライシュテルス, 6-3, 6-22000年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • クライシュテルス

    クライシュテルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示