78件中 11 - 20件表示
  • キム・クレイステルス

    キム・クレイステルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クレイステルス フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリエッタ・ナギョワ

    ヘンリエッタ・ナギョワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2000年は女子ツアーで年間3勝を挙げ、シドニー五輪にもスロバキア代表選手として出場したが、シングルス1回戦でビーナス・ウィリアムズと当たってしまい、当時絶好調だったウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。2001年、ナギョワは全仏オープンで3年ぶり2度目の4回戦進出を果たす。この大会では、前年のシドニー五輪で女子シングルス銀メダルを獲得したエレーナ・デメンチェワを2回戦で破ったが、4回戦でベルギーの新鋭キム・クライシュテルスに 4-6, 6-4, 3-6 のフルセットで敗れた。結局、ナギョワは4大大会シングルスでベスト8に勝ち残ることができなかった。ヘンリエッタ・ナギョワ フレッシュアイペディアより)

  • ユリア・バクレンコ

    ユリア・バクレンコから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2006年の全仏オープンで、バクレンコは3年ぶり2度目のシングルス3回戦に進出した。予選3試合を勝ち上がり、本戦3回戦ではパティ・シュナイダー(スイス)に敗れた。ところが、ウィンブルドンで本戦1回戦を途中棄権し、腹筋痛のためシーズンの後半を棒に振る。2007年は彼女にとって、さらなる躍進の年となった。全豪オープンで予選を勝ち上がり、2002年以来の2回戦進出を果たしたバクレンコは、5月にポーランド・ワルシャワで開かれた「J&Sカップ」の2回戦でキム・クライシュテルス(ベルギー)を 7-6, 6-3 のストレートで下した。バクレンコは次の3回戦で、同じウクライナ出身のアリョーナ・ボンダレンコに敗れた。ユリア・バクレンコ フレッシュアイペディアより)

  • キンバリー・ポー

    キンバリー・ポーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1998年11月、ポーはカナダ・ケベックシティ大会のダブルスでロリ・マクニールと組んで優勝し、プロテニス選手として初めてのWTAツアータイトルを獲得した。この頃から、彼女はダブルスの分野で成績を伸ばし始める。1999年4月のジャパン・オープンでは、コリーナ・モラリューと組んで女子ダブルス初優勝を果たした。5ヶ月後の全米オープンで、ポーはドナルド・ジョンソンと混合ダブルスのペアを組み、初めて4大大会決勝戦の舞台を踏んだ。この決勝ではマヘシュ・ブパシ&杉山愛組に 4-6, 4-6 で敗れて準優勝になる。翌年の2000年ウィンブルドン混合ダブルス決勝で、ポーとジョンソンはレイトン・ヒューイット&キム・クライシュテルス組を 6-4, 7-6 で破り、キャリア最大のタイトルを獲得した。この当時はまだ独身女性の「キンバリー・ポー」であったが、その後オリバー・メッセーリ(Oliver Messerli)と結婚し、2つの姓を併用して「キンバリー・ポー・メッセーリ」と名乗った。キンバリー・ポー フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン

    2011年全豪オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス def. 李娜, 3?6, 6?3, 6?32011年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・ミスキナ

    アナスタシア・ミスキナから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2002年に女子テニス世界ランキングを59位から11位に上げ、世界トッププレーヤーの仲間入りをする。20歳を過ぎてからの急成長は、女子プロテニス界では比較的遅い。2003年に全豪オープンと全米オープンでベスト8に入り、22歳で世界トップ10入りを果たす。全豪オープンの準々決勝では、2003年・2004年と2年連続でキム・クライシュテルスに敗退した。アナスタシア・ミスキナ フレッシュアイペディアより)

  • クライシュテルス

    クライシュテルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス - ベルギーのテニス選手。エルケの姉。クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー人

    ベルギー人から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    File:Kim Clijsters portrait.jpg|K・クライシュテルスグランドスラム4勝の女子プロテニス選手ベルギー人 フレッシュアイペディアより)

  • マリー・ピエルス

    マリー・ピエルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    この全仏優勝の後、ピエルスは再び大きな故障に悩み、1年近く戦線離脱を強いられた。それを乗り越え、2005年の全仏オープンで5年ぶり3度目の決勝進出を果たしたが、ジュスティーヌ・エナン=アーデンに 1-6, 1-6 で完敗、同大会では2度目の準優勝となる。この年は全米オープンでも、30歳にして初の決勝進出を果たすが、キム・クライシュテルスに 3-6, 1-6 で敗れて準優勝に終わった。年末のWTAツアー選手権でも8年ぶり2度目の決勝進出で、同じフランスのアメリ・モレスモに 7-5, 6-7, 4-6 で敗れた。マリー・ピエルス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年全米オープン女子シングルス

    2006年全米オープン女子シングルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    前回優勝のキム・クライシュテルスは怪我で出場辞退を選んだ。2006年全米オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「キム・クライシュテルス」のニューストピックワード