75件中 11 - 20件表示
  • キム・クライスターズ

    キム・クライスターズから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライスターズ フレッシュアイペディアより)

  • キム・クリスターズ

    キム・クリスターズから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クリスターズ フレッシュアイペディアより)

  • キム・クレイステルス

    キム・クレイステルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クレイステルス フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・モナミ

    ドミニク・モナミから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1999年夏に、ベルギー女子テニスの後輩選手としてジュスティーヌ・エナンとキム・クライシュテルスの2人が相次いでプロ入りする。同年9月のルクセンブルクの大会で、彼女は決勝で16歳のクライシュテルスに 2-6, 2-6 で敗れてしまい、彼女のプロ初優勝の相手となった。2000年全豪オープン1回戦では彼女が勝ち、2人の対戦成績は1勝1敗となる。(エナンとは対戦なし)同年のシドニー五輪終了後、2大会に出場し、10月第3週の「ヨーロッパ室内選手権」(スイス・チューリヒ)を最後に27歳で現役を引退した。引退から3年後にバート・ファン・ルーストと離婚し、名前を旧姓の「ドミニク・モナミ」に戻している。ドミニク・モナミ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン女子シングルス

    2011年全豪オープン女子シングルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    決勝は大会第3シードのキム・クライシュテルスとアジア人女性として初めてグランドスラム決勝に進出した李娜の対決となり、クライシュテルスが李を3?6,6?3,6?3の逆転で下し優勝した。2011年全豪オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • マリア・ベント=カブチ

    マリア・ベント=カブチから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年は全米オープンで4回戦に進出し、1997年ウィンブルドン以来8年ぶりの4大大会ベスト16入りを決めたが、4回戦で第4シードのキム・クライシュテルスに 1-6, 0-6 で敗れた。この後、ベント=カブチは「ジャパン・オープン」の女子ダブルスで浅越しのぶとペアを組み、マリア・キリレンコ(ロシア)&ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)組に敗れて準優勝になっている。マリア・ベント=カブチ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年ウィンブルドン選手権

    2003年ウィンブルドン選手権から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    杉山愛 / キム・クライシュテルス def. ビルヒニア・ルアノ・パスクアル / パオラ・スアレス, 6-4, 6-42003年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年ウィンブルドン選手権

    2001年ウィンブルドン選手権から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    リサ・レイモンド / レネ・スタブス def. 杉山愛 / キム・クライシュテルス, 6?4, 6?32001年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ウィンブルドン選手権

    1998年ウィンブルドン選手権から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    カタリナ・スレボトニク def. キム・クライシュテルス, 7?6(3), 6?31998年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年全仏オープン

    1998年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス / エレナ・ドキッチ def. エレーナ・デメンチェワ / ナディア・ペトロワ, 6?4, 7?61998年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示