75件中 21 - 30件表示
  • 2010年全米オープン (テニス)

    2010年全米オープン (テニス)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス def. ベラ・ズボナレワ, 6?2, 6?12010年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年全米オープン (テニス)

    2005年全米オープン (テニス)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス def. マリー・ピエルス, 6?3, 6?12005年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年全豪オープン

    2004年全豪オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジュスティーヌ・エナン=・アーデン def. キム・クライシュテルス, 6?3, 4?6, 6?32004年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2003年全米オープン (テニス)

    2003年全米オープン (テニス)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジュスティーヌ・エナン=アーデン def. キム・クライシュテルス, 7?5, 6?12003年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全仏オープン

    2001年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジェニファー・カプリアティ def. キム・クライシュテルス, 1-6, 6-4, 12-102001年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 1999年全仏オープン

    1999年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    フラビア・ペンネッタ / ロベルタ・ビンチ def. Mia Buric / キム・クライシュテルス, 7?5, 5?7, 6?41999年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全米オープン (テニス)

    2009年全米オープン (テニス)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス def. キャロライン・ウォズニアッキ, 7?5, 6?32009年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • マレット・アニ

    マレット・アニから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2009年4月25日-26日のフェドカップ「ワールドグループ2」(世界最上位の「ワールドグループ」8か国の下に位置する、次の8か国のグループ)のプレーオフで、エストニアは3勝2敗でイスラエルを破り、2010年度の「ワールドグループ2」出場資格を得た。2010年のフェドカップでは初戦のアルゼンチン戦に勝利し、2004年以来の「ワールドグループ・プレーオフ」に進出したが、アニはキム・クライシュテルスに 4-6, 2-6 、ヤニナ・ウィックマイヤーに 6-2, 1-6, 1-6 で敗れエストニアチームも通算2勝3敗でベルギーに敗退した。マレット・アニ フレッシュアイペディアより)

  • ユリア・バクレンコ

    ユリア・バクレンコから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2006年の全仏オープンで、バクレンコは3年ぶり2度目のシングルス3回戦に進出した。予選3試合を勝ち上がり、本戦3回戦ではパティ・シュナイダー(スイス)に敗れた。ところが、ウィンブルドンで本戦1回戦を途中棄権し、腹筋痛のためシーズンの後半を棒に振る。2007年は彼女にとって、さらなる躍進の年となった。全豪オープンで予選を勝ち上がり、2002年以来の2回戦進出を果たしたバクレンコは、5月にポーランド・ワルシャワで開かれた「J&Sカップ」の2回戦でキム・クライシュテルス(ベルギー)を 7-6, 6-3 のストレートで下した。バクレンコは次の3回戦で、同じウクライナ出身のアリョーナ・ボンダレンコに敗れた。ユリア・バクレンコ フレッシュアイペディアより)

  • ビルヒニア・ルアノ・パスクアル

    ビルヒニア・ルアノ・パスクアルから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ダブルス・ペアにはいろいろなタイプがあるが、ルアノ・パスクアルとスアレスは10年以上ペアを組み、息を合わせてきた親友である。2人のペアが女子テニスツアーで勝つようになったのは、1998年のシーズンからであった。2001年の全仏オープンを契機に、2人のペアは4大大会の女子ダブルスで「8勝」を記録した。2002年は全仏オープンの女子ダブルス2連覇と、全米オープン女子ダブルス初優勝がある。全米女子ダブルスには、2004年まで大会3連覇を達成した。2003年全仏オープンと2003年ウィンブルドンの女子ダブルスでは、杉山愛とキム・クライシュテルスの組が“世界最強ペア”ルアノ・パスクアル&スアレス組の壁を破り、4大大会女子ダブルス2連覇の偉業を成し遂げた。しかし、クライシュテルスがシングルス優先の方針から杉山とのペアを解消する。ルアノ・パスクアルとスアレスの組は、2003年の全米女子ダブルスで2連覇を果たすと、2004年度はダブルスでウィンブルドンを除く年間3冠を獲得した。ビルヒニア・ルアノ・パスクアル フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示