78件中 31 - 40件表示
  • SOS子供の村

    SOS子供の村から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    著名な支援者にはネルソン・マンデラ、国際サッカー連盟、ダライ・ラマ14世、カハ・カラーゼ、アンドリー・シェフチェンコ、アンナ・ネトレプコ、ヴァンサン・コンパニ、ルート・ファン・ニステルローイ、セスク・ファブレガス、アルゼンチンのサッカー選手であるハビエル・サネッティ、ベルギーのテニス選手であるキム・クライシュテルス、フランスの作家で女優の、セーラ・ファーガソン、イングランドの子役女優であるジョージー・ヘンリー、、シェール、、がおり、さらにジョニー・キャッシュは世界中のSOS子供の村の活動を支援するための記念基金として名を残している。2002年にはコンラッド・ヒルトン人道賞を受賞した。SOS子供の村 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全仏オープン

    2001年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジェニファー・カプリアティ def. キム・クライシュテルス, 1-6, 6-4, 12-102001年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 1999年全仏オープン

    1999年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    フラビア・ペンネッタ / ロベルタ・ビンチ def. Mia Buric / キム・クライシュテルス, 7?5, 5?7, 6?41999年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • シルビア・ファリナ・エリア

    シルビア・ファリナ・エリアから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ファリナ・エリアの4大大会自己最高成績は、2003年のウィンブルドンベスト8進出である。この準々決勝ではキム・クライシュテルスに 7-5, 0-6, 1-6 の逆転で敗れた。2004年度のツアーでは2度の準優勝がある。シルビア・ファリナ・エリア フレッシュアイペディアより)

  • マレット・アニ

    マレット・アニから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2009年4月25日-26日のフェドカップ「ワールドグループ2」(世界最上位の「ワールドグループ」8か国の下に位置する、次の8か国のグループ)のプレーオフで、エストニアは3勝2敗でイスラエルを破り、2010年度の「ワールドグループ2」出場資格を得た。2010年のフェドカップでは初戦のアルゼンチン戦に勝利し、2004年以来の「ワールドグループ・プレーオフ」に進出したが、アニはキム・クライシュテルスに 4-6, 2-6 、ヤニナ・ウィックマイヤーに 6-2, 1-6, 1-6 で敗れエストニアチームも通算2勝3敗でベルギーに敗退した。マレット・アニ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    カプリアティが少女時代の問題を克服して、第2回「ローレウス・スポーツ賞」の「カムバック賞」を授与された。全仏オープン準優勝者キム・クライシュテルスとウィンブルドン準優勝者ジュスティーヌ・エナンのベルギー勢が躍進を開始。2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年全仏オープン

    1998年全仏オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス / エレナ・ドキッチ def. エレーナ・デメンチェワ / ナディア・ペトロワ, 6?4, 7?61998年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 趙倫貞

    趙倫貞から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年、趙倫貞はウィンブルドンで2年ぶり2度目の2回戦に進み、全米オープンで3年ぶり2度目の3回戦進出を果たした。3年ぶりの舞台で、趙は第7シードのジュスティーヌ・エナン・アーデンに 0-6, 6-7 で敗れた。しかし、2006年全豪オープンでは1回戦で第2シードのキム・クライシュテルスと当たってしまい、続く大会にあたる日本の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは、1回戦で当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスに 0-6, 0-6 で敗れた(試合時間35分)。この後再び背筋痛に悩み、2008年に現役引退を発表した。趙倫貞 フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・モナミ

    ドミニク・モナミから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1999年の全豪オープンで2年ぶり2度目の準々決勝に進出したが、アメリ・モレスモに 3-6, 6-7 で敗れている。同年夏に、ベルギーの後輩選手としてジュスティーヌ・エナンとキム・クライシュテルスの2人が相次いでプロ入りするが、同年9月のルクセンブルクの大会で、彼女は決勝で16歳のクライシュテルスに 2-6, 2-6 で敗れてしまい、彼女のプロ初優勝の相手となった。2000年全豪オープン1回戦では勝利し、2人の対戦成績は1勝1敗となる。(エナンとは対戦なし)ドミニク・モナミ フレッシュアイペディアより)

  • エルス・カレンズ

    エルス・カレンズから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    遅咲きのダブルス選手であったエルス・カレンズは、2005年10月のベルギー・ハッセルト大会を最後に35歳で現役を引退した。最後の大会では、カレンズは後輩選手のキム・クライシュテルスとペアを組み、準決勝でミハエラ・クライチェク(オランダ)&アグネシュ・サバイ(ハンガリー)組に 6-7, 6-4, 5-7 で敗れている。カレンズは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでも、1994年から現役引退する2005年までベルギー代表選手を務め、ダブルスで「17勝6敗」のチーム最多記録を残した。エルス・カレンズ フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「キム・クライシュテルス」のニューストピックワード