75件中 31 - 40件表示
  • メガン・ショーネシー

    メガン・ショーネシーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2003年1月、ショーネシーはオーストラリア・キャンベラの大会でツアー3勝目を挙げ、直後の全豪オープンで4大大会の自己最高成績を出し、ベスト8に進出した。その準々決勝では第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。この年は全仏オープン3回戦で杉山愛(日本に敗れ、全米オープン4回戦ではキム・クライシュテルス(ベルギー)に敗れている。メガン・ショーネシー フレッシュアイペディアより)

  • シルビア・ファリナ・エリア

    シルビア・ファリナ・エリアから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ファリナ・エリアの4大大会自己最高成績は、2003年のウィンブルドンベスト8進出である。この準々決勝ではキム・クライシュテルスに 7-5, 0-6, 1-6 の逆転で敗れた。2004年度のツアーでは2度の準優勝がある。シルビア・ファリナ・エリア フレッシュアイペディアより)

  • パティ・シュナイダー

    パティ・シュナイダーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    left|220px|thumb|パティ・シュナイダーと夫のライナー・ホフマンその後シュナイダーは1999年・2001年・2002年に女子ツアーで1勝ずつを挙げたが、1998年のような好成績を出せなくなり、不本意な低迷期が長期間続いた。2003年12月5日、コーチのライナー・ホフマン(Rainer Hoffmann)と結婚。2004年1月の全豪オープンで、ついに4大大会の準決勝に駒を進める。そこではキム・クライシュテルスに 2-6, 6-7 で敗れた。2005年には年間2勝を挙げ、7月第3週にアメリカ・シンシナティの大会の決勝戦で日本の森上亜希子を 6-4, 6-0 で破った優勝もある。パティ・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • カイア・カネピ

    カイア・カネピから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    21歳を迎えた2006年から、カイア・カネピは女子ツアー大会で成績を伸ばし始める。2006年全仏オープン以後、彼女は4大大会本戦に直接出場する力をつけた。全米オープンで初めて3回戦に勝ち進み、ビルジニ・ラザノ(フランス)に 5-7, 2-6 で敗れる。11月第1週のベルギー・ハッセルト大会で、カネピは予選から勝ち上がり、初めて女子ツアー大会の決勝に進出した。決勝では第1シードのキム・クライシュテルスとフルセットを戦い、3-6, 6-3, 4-6 で敗れて準優勝になった。カイア・カネピ フレッシュアイペディアより)

  • 趙倫貞

    趙倫貞から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年、趙倫貞はウィンブルドンで2年ぶり2度目の2回戦に進み、全米オープンで3年ぶり2度目の3回戦進出を果たした。3年ぶりの舞台で、趙は第7シードのジュスティーヌ・エナン・アーデンに 0-6, 6-7 で敗れた。しかし、2006年全豪オープンでは1回戦で第2シードのキム・クライシュテルスと当たってしまい、続く大会にあたる日本の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは、1回戦で当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスに 0-6, 0-6 で敗れた(試合時間35分)。この後再び背筋痛に悩み、2008年に現役引退を発表した。趙倫貞 フレッシュアイペディアより)

  • ヤネッテ・フサロバ

    ヤネッテ・フサロバから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ヤネッテ・フサロバは2002年、シングルス・ダブルスともに最も充実したシーズンを送った。年頭の全豪オープンで、フサロワは3回戦で日本の杉山愛を破り、第4シードのキム・クライシュテルスとの4回戦まで進出した。この年はダブルスで年間6勝を挙げたが、そのうち4つがエレーナ・デメンチェワとペアを組んで獲得したものである。フサロバとデメンチェワは、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝に進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に 2-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同年11月、フサロバは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでスロバキア・チームの初優勝に貢献した。フェド杯初優勝の翌週には、デメンチェワとのペアで女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスにも初優勝を飾った。ヤネッテ・フサロバ フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・マンデュラ

    ペトラ・マンデュラから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1993年にプロ入りし、1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのハンガリー代表選手になる。マンデュラは女子テニスツアー下部組織の大会での下積み生活が長く、1998年全米オープンで4大大会の予選会に初挑戦したが、しばらく予選敗退が続いた。2000年全豪オープンで4大大会本戦にデビュー。同年のシドニー五輪で、オリンピックのハンガリー代表選手として初出場を果たす。女子シングルスでは1回戦でスペイン代表のコンチタ・マルティネスに完敗したが、カタリン・マロシとのダブルスで準々決勝に進出した。2001年の全仏オープンで、マンデュラは4大大会シングルスの自己最高成績を出し、ベスト8まで勝ち進んだ。予選から勝ち上がったマンデュラは、本戦1回戦で日本の杉山愛を破り、3回戦で第15シードのエレナ・ドキッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)を破って勝ち進み、準々決勝でベルギーのキム・クライシュテルスに 1-6, 3-6 で完敗した。ペトラ・マンデュラ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリエッタ・ナギョワ

    ヘンリエッタ・ナギョワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2000年は女子ツアーで年間3勝を挙げ、シドニー五輪にもスロバキア代表選手として出場したが、シングルス1回戦でビーナス・ウィリアムズと当たってしまい、当時絶好調だったウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。2001年、ナギョワは全仏オープンで3年ぶり2度目の4回戦進出を果たす。この大会では、前年のシドニー五輪で女子シングルス銀メダルを獲得したエレーナ・デメンチェワを2回戦で破ったが、4回戦でベルギーの新鋭キム・クライシュテルスに 4-6, 6-4, 3-6 のフルセットで敗れた。結局、ナギョワは4大大会シングルスでベスト8に勝ち残ることができなかった。ヘンリエッタ・ナギョワ フレッシュアイペディアより)

  • エルス・カレンズ

    エルス・カレンズから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    遅咲きのダブルス選手であったエルス・カレンズは、2005年10月のベルギー・ハッセルト大会を最後に35歳で現役を引退した。最後の大会では、カレンズは後輩選手のキム・クライシュテルスとペアを組み、準決勝でミハエラ・クライチェク(オランダ)&アグネシュ・サバイ(ハンガリー)組に 6-7, 6-4, 5-7 で敗れている。カレンズは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでも、1994年から現役引退する2005年までベルギー代表選手を務め、ダブルスで「17勝6敗」のチーム最多記録を残した。エルス・カレンズ フレッシュアイペディアより)

  • アリョーナ・ボンダレンコ

    アリョーナ・ボンダレンコから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2007年全豪オープンで、アリョーナ・ボンダレンコは初めて「第29シード」を与えられ、3回戦でキム・クライシュテルスに敗退した。全仏オープンは2回戦で止まったが、ウィンブルドンで2年ぶり2度目の3回戦に進み、第15シードのパティ・シュナイダー(スイス)に 4-6, 6-3, 6-8 で競り負けた。ウィンブルドン選手権終了後、ボンダレンコは7月23日付でシングルス自己最高ランキング「21位」をマークし、それまでナタリア・メドベデワ(アンドレイ・メドベデフの姉)が持っていた、ウクライナ女性としての女子テニスツアー最高ランキング「23位」を更新した。全米オープンでは、3回戦でビーナス・ウィリアムズに敗れている。アリョーナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示