78件中 41 - 50件表示
  • ヤネッテ・フサロバ

    ヤネッテ・フサロバから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ヤネッテ・フサロバは2002年、シングルス・ダブルスともに最も充実したシーズンを送った。年頭の全豪オープンで、フサロワは3回戦で日本の杉山愛を破り、第4シードのキム・クライシュテルスとの4回戦まで進出した。この年はダブルスで年間6勝を挙げたが、そのうち4つがエレーナ・デメンチェワとペアを組んで獲得したものである。フサロバとデメンチェワは、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝に進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に 2-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同年11月、フサロバは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでスロバキア・チームの初優勝に貢献した。フェド杯初優勝の翌週には、デメンチェワとのペアで女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスにも初優勝を飾った。ヤネッテ・フサロバ フレッシュアイペディアより)

  • ナディア・ペトロワ

    ナディア・ペトロワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジュニア時代の1998年、全仏オープンのジュニア女子シングルス部門でエレナ・ドキッチを破って優勝したことがある。1999年9月にプロ転向。2003年の全仏オープン1回戦で、第12シードのモニカ・セレシュを 6-4, 6-0 で破る。セレシュにとっては、これは彼女のテニス経歴で初めての1回戦敗退だった。(結果的に、ペトロワがセレシュの現役最後の対戦相手となった。)ここから波に乗って勝ち進んだペトロワは、初進出の準決勝でキム・クライシュテルスに 5-7, 1-6 で敗れた。同年の活躍により、彼女はWTAアワードの2003年度「最も進歩した選手」賞を受賞した。ナディア・ペトロワ フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・マンデュラ

    ペトラ・マンデュラから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1993年にプロ入りし、1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのハンガリー代表選手になる。マンデュラは女子テニスツアー下部組織の大会での下積み生活が長く、1998年全米オープンで4大大会の予選会に初挑戦したが、しばらく予選敗退が続いた。2000年全豪オープンで4大大会本戦にデビュー。同年のシドニー五輪で、オリンピックのハンガリー代表選手として初出場を果たす。女子シングルスでは1回戦でスペイン代表のコンチタ・マルティネスに完敗したが、カタリン・マロシとのダブルスで準々決勝に進出した。2001年の全仏オープンで、マンデュラは4大大会シングルスの自己最高成績を出し、ベスト8まで勝ち進んだ。予選から勝ち上がったマンデュラは、本戦1回戦で日本の杉山愛を破り、3回戦で第15シードのエレナ・ドキッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)を破って勝ち進み、準々決勝でベルギーのキム・クライシュテルスに 1-6, 3-6 で完敗した。ペトラ・マンデュラ フレッシュアイペディアより)

  • ディナラ・サフィナ

    ディナラ・サフィナから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2010年は全仏オープンでクルム伊達公子に 6-3, 4-6, 5-7 で敗れ1回戦敗退を喫した。2011年全豪オープンでは1回戦でキム・クライシュテルスに 0-6, 0-6 で1ゲームも奪えずに敗れた。4月末のマドリード大会2回戦でユリア・ゲルゲスに敗れた試合が最後の出場となり、3年後の2014年5月に正式に現役引退を発表した。ディナラ・サフィナ フレッシュアイペディアより)

  • ブレー (ベルギー)

    ブレー (ベルギー)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス - テニス選手。元女子テニス協会ランキングトップブレー (ベルギー) フレッシュアイペディアより)

  • イロダ・ツルヤガノワ

    イロダ・ツルヤガノワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    9歳からテニスを始め、1999年6月に17歳でプロ入り。2000年6月、故郷ウズベキスタン・タシュケントの大会でツアー初優勝。同年の全米オープンで4大大会の本戦に初出場を果たし、直後のシドニー五輪にもウズベキスタン代表選手として出場した。2001年、ツルヤガノワはウィンブルドンでナタリー・トージアとの3回戦まで勝ち進み、ウィンブルドンの終了直後、オーストリア・ウィーン大会とベルギー・クノック・ヘイスト大会で2週連続優勝を成し遂げた。クノック・ヘイスト大会の準決勝では、地元ベルギーのキム・クライシュテルスを破ったこともある。2002年は全豪オープンと全仏オープンで3回戦に進み、同年6月17日付でウズベキスタンのテニス選手として最高順位となる世界ランキング「16位」に入った。同年秋に韓国・釜山で行われた2002年アジア競技大会において、ツルヤガノワは女子テニスのシングルス決勝でタイ代表のタマリネ・タナスガーンを 6-1, 6-3 で破って金メダルを獲得した。イロダ・ツルヤガノワ フレッシュアイペディアより)

  • ヌリア・リャゴステラ・ビベス

    ヌリア・リャゴステラ・ビベスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1996年にプロに転向。2001年全豪オープンで予選を勝ち上がり4大大会に初出場し、キム・クライシュテルスとの3回戦まで進出した。全仏オープンでも3回戦まで進出したがその後は長く低迷が続いた。ヌリア・リャゴステラ・ビベス フレッシュアイペディアより)

  • バボラ

    バボラから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年 ラファエル・ナダルが全仏オープンで初出場で初優勝。キム・クリステルスが全米オープンで優勝。シューズとウェアの日本における本格的な展開を開始。バボラ フレッシュアイペディアより)

  • ビルヒニア・ルアノ・パスクアル

    ビルヒニア・ルアノ・パスクアルから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ダブルス・ペアにはいろいろなタイプがあるが、ルアノ・パスクアルとスアレスは10年以上ペアを組み、息を合わせてきた親友である。2人のペアが女子テニスツアーで勝つようになったのは、1998年のシーズンからであった。2001年の全仏オープンを契機に、2人のペアは4大大会の女子ダブルスで「8勝」を記録した。2002年は全仏オープンの女子ダブルス2連覇と、全米オープン女子ダブルス初優勝がある。全米女子ダブルスには、2004年まで大会3連覇を達成した。2003年全仏オープンと2003年ウィンブルドンの女子ダブルスでは、杉山愛とキム・クライシュテルスの組が“世界最強ペア”ルアノ・パスクアル&スアレス組の壁を破り、4大大会女子ダブルス2連覇の偉業を成し遂げた。しかし、クライシュテルスがシングルス優先の方針から杉山とのペアを解消する。ルアノ・パスクアルとスアレスの組は、2003年の全米女子ダブルスで2連覇を果たすと、2004年度はダブルスでウィンブルドンを除く年間3冠を獲得した。ビルヒニア・ルアノ・パスクアル フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・スアレス

    パオラ・スアレスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ダブルス・ペアにはいろいろなタイプがあるが、スアレスとルアノ・パスクアルは10年以上ペアを組み、息を合わせてきた親友である。2人のペアが女子テニスツアーで勝つようになったのは、1998年のシーズンからであった。2001年の全仏オープンを契機に、2人のペアは4大大会の女子ダブルスで「8勝」を記録している。2002年は全仏オープンの女子ダブルス2連覇と、全米オープン女子ダブルス初優勝がある。全米女子ダブルスには、2004年まで大会3連覇を達成した。2003年全仏オープンと2003年ウィンブルドンの女子ダブルスでは、杉山愛とキム・クライシュテルスの組が“世界最強ペア”ルアノ・パスクアル&スアレス組の壁を破り、4大大会女子ダブルス2連覇の偉業を成し遂げた。しかし、クライシュテルスがシングルス優先の方針から杉山とのペアを解消する。スアレスとルアノ・パスクアルの組は、2003年の全米女子ダブルスで2連覇を果たすと、2004年度はダブルスでウィンブルドンを除く年間3冠を獲得した。2005年はスアレスの故障と、新たなライバルの登場もあり、2人のペアの勝利はやや減少したが、全仏オープンの女子ダブルスで2年連続4度目の優勝を飾った。パオラ・スアレス フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「キム・クライシュテルス」のニューストピックワード