75件中 41 - 50件表示
  • カーラ・ブラック

    カーラ・ブラックから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    カーラ・ブラックのダブルス優勝記録は、2000年1月のニュージーランド・オークランド大会から始まる。2001年9月の「トヨタ・プリンセス・カップ」では南アフリカのリーゼル・フーバーとペアを組み、決勝で杉山愛とキム・クライシュテルスの組を 6-1, 6-3 で破って優勝した。2002年の全仏オープン混合ダブルス部門で、次兄のウェイン・ブラックと組んで初優勝。2004年は彼女のテニス経歴を通じて最も充実した年となり、女子テニスツアー大会のダブルスで年間7勝を記録した。この年のウィンブルドンで、カーラ・ブラックはオーストラリアのレネ・スタブスとペアを組んだ女子ダブルスと、ウェインと組んだ混合ダブルスの2部門制覇を達成した。女子ダブルス決勝では、ブラック&スタブス組は杉山愛&リーゼル・フーバー組を 6-3, 7-6 で破って優勝している。2005年のウィンブルドンでは、カーラはフーバーとペアを組み、決勝でスベトラーナ・クズネツォワ&アメリ・モレスモ組を 6-2, 6-1 で破ってウィンブルドン女子ダブルス2連覇を達成した。カーラ・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・スアレス

    パオラ・スアレスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ダブルス・ペアにはいろいろなタイプがあるが、スアレスとルアノ・パスクアルは10年以上ペアを組み、息を合わせてきた親友である。2人のペアが女子テニスツアーで勝つようになったのは、1998年のシーズンからであった。2001年の全仏オープンを契機に、2人のペアは4大大会の女子ダブルスで「8勝」を記録している。2002年は全仏オープンの女子ダブルス2連覇と、全米オープン女子ダブルス初優勝がある。全米女子ダブルスには、2004年まで大会3連覇を達成した。2003年全仏オープンと2003年ウィンブルドンの女子ダブルスでは、杉山愛とキム・クライシュテルスの組が“世界最強ペア”ルアノ・パスクアル&スアレス組の壁を破り、4大大会女子ダブルス2連覇の偉業を成し遂げた。しかし、クライシュテルスがシングルス優先の方針から杉山とのペアを解消する。スアレスとルアノ・パスクアルの組は、2003年の全米女子ダブルスで2連覇を果たすと、2004年度はダブルスでウィンブルドンを除く年間3冠を獲得した。2005年はスアレスの故障と、新たなライバルの登場もあり、2人のペアの勝利はやや減少したが、全仏オープンの女子ダブルスで2年連続4度目の優勝を飾った。パオラ・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • キンバリー・ポー

    キンバリー・ポーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1998年11月、ポーはカナダ・ケベックシティ大会のダブルスでロリ・マクニールと組んで優勝し、プロテニス選手として初めてのWTAツアータイトルを獲得した。この頃から、彼女はダブルスの分野で成績を伸ばし始める。1999年4月のジャパン・オープンでは、コリーナ・モラリューと組んで女子ダブルス初優勝を果たした。5ヶ月後の全米オープンで、ポーはドナルド・ジョンソンと混合ダブルスのペアを組み、初めて4大大会決勝戦の舞台を踏んだ。この決勝ではマヘシュ・ブパシ&杉山愛組に 4-6, 4-6 で敗れて準優勝になる。翌年の2000年ウィンブルドン混合ダブルス決勝で、ポーとジョンソンはレイトン・ヒューイット&キム・クライシュテルス組を 6-4, 7-6 で破り、キャリア最大のタイトルを獲得した。この当時はまだ独身女性の「キンバリー・ポー」であったが、その後オリバー・メッセーリ(Oliver Messerli)と結婚し、2つの姓を併用して「キンバリー・ポー・メッセーリ」と名乗った。キンバリー・ポー フレッシュアイペディアより)

  • イロダ・ツルヤガノワ

    イロダ・ツルヤガノワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    9歳からテニスを始め、1999年6月に17歳でプロ入り。2000年6月、故郷ウズベキスタン・タシュケントの大会でツアー初優勝。同年の全米オープンで4大大会の本戦に初出場を果たし、直後のシドニー五輪にもウズベキスタン代表選手として出場した。2001年、ツルヤガノワはウィンブルドンでナタリー・トージアとの3回戦まで勝ち進み、ウィンブルドンの終了直後、オーストリア・ウィーン大会とベルギー・クノック・ヘイスト大会で2週連続優勝を成し遂げた。クノック・ヘイスト大会の準決勝では、地元ベルギーのキム・クライシュテルスを破ったこともある。2002年は全豪オープンと全仏オープンで3回戦に進み、同年6月17日付でウズベキスタンのテニス選手として最高順位となる世界ランキング「16位」に入った。同年秋に韓国・釜山で行われた2002年アジア競技大会において、ツルヤガノワは女子テニスのシングルス決勝でタイ代表のタマリネ・タナスガーンを 6-1, 6-3 で破って金メダルを獲得した。イロダ・ツルヤガノワ フレッシュアイペディアより)

  • 鄭潔

    鄭潔から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    全豪オープン女子ダブルスで優勝を飾った後、鄭潔は5月第1週にポルトガル・エストリル大会の決勝で同じ中国の李娜を 6-7, 7-5 (李娜の途中棄権)で破り、WTAツアーのシングルスで2勝目を挙げた。その後、ウィンブルドンでも中国テニス界は大きな躍進を見せる。鄭潔は女子シングルス3回戦でキム・クライシュテルスに敗れたが、晏紫とのダブルスで2度目の4大大会決勝に勝ち進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組を 6-3, 3-6, 6-2 で破り、中国のテニス選手として最初のウィンブルドン優勝者になった。鄭潔 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年全米オープン (テニス)

    1998年全米オープン (テニス)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス / エバ・ディルバーグ def. エレナ・ドキッチ / エビー・ドミニコビッチ, 7?6, 6?41998年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年全豪オープン

    2011年全豪オープンから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス def. 李娜, 3?6, 6?3, 6?32011年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • カルラ・スアレス・ナバロ

    カルラ・スアレス・ナバロから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2012年のロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場した。シングルス1回戦でオーストラリアのサマンサ・ストーサーに 3-6, 7-5, 10-8 で勝利し2回戦でベルギーのキム・クライシュテルスに 3-6, 3-6 で敗れた。カルラ・スアレス・ナバロ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のスポーツ

    2001年のスポーツから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    カプリアティが少女時代の問題を克服して、第2回「ローレウス・スポーツ賞」の「カムバック賞」を授与された。全仏オープン準優勝者キム・クライシュテルスとウィンブルドン準優勝者ジュスティーヌ・エナンのベルギー勢が躍進を開始。2001年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    6月8日 - キム・クライシュテルス(ベルギー、テニス)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示