75件中 51 - 60件表示
  • ブレー (ベルギー)

    ブレー (ベルギー)から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルス - テニス選手。元女子テニス協会ランキングトップブレー (ベルギー) フレッシュアイペディアより)

  • マリー・ピエルス

    マリー・ピエルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    この全仏優勝の後、ピエルスは再び大きな故障に悩み、1年近く戦線離脱を強いられた。それを乗り越え、2005年の全仏オープンで5年ぶり3度目の決勝進出を果たしたが、ジュスティーヌ・エナン=アーデンに 1-6, 1-6 で完敗、同大会では2度目の準優勝となる。この年は全米オープンでも、30歳にして初の決勝進出を果たすが、キム・クライシュテルスに 3-6, 1-6 で敗れて準優勝に終わった。年末のWTAツアー選手権でも8年ぶり2度目の決勝進出で、同じフランスのアメリ・モレスモに 7-5, 6-7, 4-6 で敗れた。マリー・ピエルス フレッシュアイペディアより)

  • ナディア・ペトロワ

    ナディア・ペトロワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ジュニア時代の1998年、全仏オープンのジュニア女子シングルス部門でエレナ・ドキッチを破って優勝したことがある。1999年9月にプロ転向。2003年の全仏オープン1回戦で、第12シードのモニカ・セレシュを 6-4, 6-0 で破る。セレシュにとっては、これは彼女のテニス経歴で初めての1回戦敗退だった。(結果的に、ペトロワがセレシュの現役最後の対戦相手となった。)ここから波に乗って勝ち進んだペトロワは、初進出の準決勝でキム・クライシュテルスに 5-7, 1-6 で敗れた。同年の活躍により、彼女はWTAアワードの2003年度「最も進歩した選手」賞を受賞した。ナディア・ペトロワ フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・マカロワ

    エカテリーナ・マカロワから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    全豪オープン1回戦でアナ・イバノビッチを 3-6, 6-4, 10-8、3回戦でナディア・ペトロワを 6-2, 3-6, 8-6 で破り、4大大会初のシングルス4回戦に進出。4回戦では優勝したキム・クライシュテルスに 6-7(3), 2-6 で敗れた。全仏オープンでも4回戦に進出し、ビクトリア・アザレンカに 2-6, 3-6 で敗れた。ダブルスでは2月のパリ大会と10月のルクセンブルク大会で準優勝した。エカテリーナ・マカロワ フレッシュアイペディアより)

  • レネ・スタブス

    レネ・スタブスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1996年から、スタブスはほとんどの大会でリサ・レイモンドと組むようになる。2000年の全豪オープンで、スタブスはレイモンドとの女子ダブルスと、ジャレッド・パーマーと組んだ混合ダブルスの2部門で優勝し、両部門で4大大会初優勝を飾った。女子ダブルス決勝では、スタブスとレイモンドはマルチナ・ヒンギスとマリー・ピエルスの組を 6-4, 5-7, 6-4 で破り、ヒンギスの全豪ダブルス4連覇を阻止している。2001年、スタブスとレイモンドの組はウィンブルドンと全米オープンで4大大会女子ダブルス2連勝を達成した。ウィンブルドン決勝では杉山愛とキム・クライシュテルスの組を 6-4, 6-3 で破り、全米オープンでスタブスは2度目の女子ダブルス・混合ダブルス2部門制覇を果たしている。レネ・スタブス フレッシュアイペディアより)

  • バボラ

    バボラから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年 ラファエル・ナダルが全仏オープンで初出場で初優勝。キム・クリステルスが全米オープンで優勝。シューズとウェアの日本における本格的な展開を開始。バボラ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    女子シングルス優勝:キム・クライシュテルス()(初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    アグニエシュカ・ラドワンスカが生まれた1989年は、ちょうどポーランドで共産主義が崩壊した年である。アグニエシュカは4歳の時から、妹のウルシュラとともに父親の手ほどきでテニスを始め、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ボルケン郡のグロナウにあるテニスクラブで練習を積んだ。2005年4月に16歳でプロ入り。その後、2005年ウィンブルドンと2006年全仏オープンのジュニア女子シングルス部門で優勝する。全仏ジュニアの直前、2006年5月に故国ポーランドの首都ワルシャワで開かれた「J&Sカップ」で、ラドワンスカは1回戦で2004年全仏オープン優勝者のアナスタシア・ミスキナを破り、エレーナ・デメンチェワとの準々決勝まで勝ち進んだ。6月の全仏ジュニアで第2シードから優勝した後、ラドワンスカは2006年ウィンブルドンで4大大会の本戦にデビューした。主催者推薦で出場したラドワンスカは、初めての本戦でキム・クライシュテルスとの4回戦まで勝ち進んだ。この後2006年全米オープンでは予選3試合を勝ち抜いたが、本戦2回戦でタチアナ・ゴロビン(フランス)に敗退した。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • カタリナ・スレボトニク

    カタリナ・スレボトニクから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1998年のウィンブルドン女子ジュニア部門で、決勝でキム・クライシュテルスを破って優勝したが、全米オープン女子ジュニア決勝ではエレナ・ドキッチに敗れる。1999年4月にポルトガル・エストリルの大会でシングルス初優勝。この後、全仏オープンの混合ダブルス部門でピート・ノーバル(南アフリカ)とペアを組んで優勝し、初めての4大大会タイトルをここで獲得した。カタリナ・スレボトニク フレッシュアイペディアより)

  • アナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2012年7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス3回戦でベルギーのキム・クライシュテルスに 3-6, 4-6 で敗れた。全米オープンでは優勝した2008年全仏以来の4大大会ベスト8に進出した。準々決勝でセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 3-6 で敗れた。11月のチェコとのフェドカップ決勝では第1試合でルーシー・サファロバに 4-6, 3-6 で敗れた。第3試合のエース対決でペトラ・クビトバに 6-3, 7-5 で勝利したが、第4試合でエレナ・ヤンコビッチがサファロバに 1-6, 1-6 で敗れセルビアは初優勝を逃した。アナ・イバノビッチ フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示