78件中 51 - 60件表示
  • レネ・スタブス

    レネ・スタブスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    1996年から、スタブスはほとんどの大会でリサ・レイモンドと組むようになる。2000年の全豪オープンで、スタブスはレイモンドとの女子ダブルスと、ジャレッド・パーマーと組んだ混合ダブルスの2部門で優勝し、両部門で4大大会初優勝を飾った。女子ダブルス決勝では、スタブスとレイモンドはマルチナ・ヒンギスとマリー・ピエルスの組を 6-4, 5-7, 6-4 で破り、ヒンギスの全豪ダブルス4連覇を阻止している。2001年、スタブスとレイモンドの組はウィンブルドンと全米オープンで4大大会女子ダブルス2連勝を達成した。ウィンブルドン決勝では杉山愛とキム・クライシュテルスの組を 6-4, 6-3 で破り、全米オープンでスタブスは2度目の女子ダブルス・混合ダブルス2部門制覇を果たしている。レネ・スタブス フレッシュアイペディアより)

  • マリア・ベント=カブチ

    マリア・ベント=カブチから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年は全米オープンで4回戦に進出し、1997年ウィンブルドン以来8年ぶりの4大大会ベスト16入りを決めたが、4回戦で第4シードのキム・クライシュテルスに 1-6, 0-6 で敗れた。この後、ベント=カブチは「ジャパン・オープン」の女子ダブルスで浅越しのぶとペアを組み、マリア・キリレンコ(ロシア)&ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)組に敗れて準優勝になっている。マリア・ベント=カブチ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    全米オープン 男子単優勝:ロジャー・フェデラー(スイス)、女子単優勝:キム・クライシュテルス(ベルギー)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • カルラ・スアレス・ナバロ

    カルラ・スアレス・ナバロから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2012年のロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場した。シングルス1回戦でオーストラリアのサマンサ・ストーサーに 3-6, 7-5, 10-8 で勝利し2回戦でベルギーのキム・クライシュテルスに 3-6, 3-6 で敗れた。カルラ・スアレス・ナバロ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオラ・スルアガ

    ファビオラ・スルアガから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2005年1月17日付の女子テニス世界ランキングで、ファビオラ・スルアガはコロンビア人選手として最高順位の「16位」にランクされたが、2005年全米オープンの2回戦でキム・クライシュテルスに敗れた試合を最後に現役を引退した。ファビオラ・スルアガ フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド・ゲームス

    ダイヤモンド・ゲームスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    ダイヤモンド・ゲームス(Diamond Games)は、ベルギー・アントワープで開催されていたWTAテニストーナメントである。2002年から2008年まではプロクシムス・ダイヤモンド・ゲームス(Proximus Diamond Games)として開催されていた。2014年までパリで開催されていたGDFスエズ・オープンに替わり2015年からBNPパリバ・フォルティス・ダイヤモンド・ゲームス(BNP Paribas Fortis Diamond Games)として復活したが、1年で終了しロシア・サンクトペテルブルクのサンクトペテルブルク・レディース・トロフィーに移行した。トーナメントディレクターはキム・クライシュテルスが務めていた。ダイヤモンド・ゲームス フレッシュアイペディアより)

  • パティ・シュナイダー

    パティ・シュナイダーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    その後シュナイダーは1999年・2001年・2002年に女子ツアーで1勝ずつを挙げたが、1998年のような好成績を出せなくなり、不本意な低迷期が長期間続いた。2003年12月5日、コーチのライナー・ホフマン(Rainer Hoffmann)と結婚。2004年1月の全豪オープンで、ついに4大大会の準決勝に駒を進める。そこではキム・クライシュテルスに 2-6, 6-7 で敗れた。2005年には年間2勝を挙げ、7月第3週にアメリカ・シンシナティの大会の決勝戦で日本の森上亜希子を 6-4, 6-0 で破った優勝もある。パティ・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • ジェニファー・カプリアティ

    ジェニファー・カプリアティから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2001年の全豪オープン決勝でマルチナ・ヒンギスを 6-4, 6-3 で破り、少女時代に果たせなかった4大大会初優勝を実現させる。続く全仏オープンでも決勝でベルギーの18歳、キム・クライシュテルスを 1-6, 6-4, 12-10 で破り、4大大会に2連続優勝を達成する。2001年10月15日、ヒンギスを抜いて自己最高の世界ランキング1位になった。2002年の全豪オープンではヒンギスにマッチ・ポイント4本を握られながらも、そこから逆転して大会2連覇を飾った。それ以後はウィリアムズ姉妹やベルギー勢などの台頭もあり、4大大会の優勝から遠ざかっている。ジェニファー・カプリアティ フレッシュアイペディアより)

  • 鄭潔

    鄭潔から見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    全豪オープン女子ダブルスで優勝を飾った後、鄭潔は5月第1週にポルトガル・エストリル大会の決勝で同じ中国の李娜を 6-7, 7-5 (李娜の途中棄権)で破り、WTAツアーのシングルスで2勝目を挙げた。その後、ウィンブルドンでも中国テニス界は大きな躍進を見せる。鄭潔は女子シングルス3回戦でキム・クライシュテルスに敗れたが、晏紫とのダブルスで2度目の4大大会決勝に勝ち進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル&パオラ・スアレス組を 6-3, 3-6, 6-2 で破り、中国のテニス選手として最初のウィンブルドン優勝者になった。鄭潔 フレッシュアイペディアより)

  • アリョーナ・ボンダレンコ

    アリョーナ・ボンダレンコから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2007年全豪オープンで、アリョーナ・ボンダレンコは初めて「第29シード」を与えられ、3回戦でキム・クライシュテルスに敗退した。全仏オープンは2回戦で止まったが、ウィンブルドンで2年ぶり2度目の3回戦に進み、第15シードのパティ・シュナイダーに 4-6, 6-3, 6-8 で競り負けた。ウィンブルドン選手権終了後、ボンダレンコは7月23日付でシングルス自己最高ランキング「21位」をマークし、それまでナタリア・メドベデワ(アンドレイ・メドベデフの姉)が持っていた、ウクライナ女性としての女子テニスツアー最高ランキング「23位」を更新した。全米オープンでは、3回戦でビーナス・ウィリアムズに敗れている。アリョーナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「キム・クライシュテルス」のニューストピックワード