78件中 61 - 70件表示
  • リーゼル・フーバー

    リーゼル・フーバーから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2001年9月23日、日本の東京・有明コロシアムで行われた「トヨタ・プリンセス・カップ」の女子ダブルスでツアー初優勝を達成する。パートナーはジンバブエのカーラ・ブラックと組み、第1シードの杉山愛&キム・クライシュテルス組を 6-1, 6-3 で破っての初優勝だった。この後日本の「ジャパン・オープン」にも出場し、オーストラリアのレイチェル・マッキランとのペアで優勝した。ここから、リーゼル・フーバーはダブルスのスペシャリストとしてのキャリアを開花させる。2002年は女子ダブルスで1勝、2003年は5勝を挙げた。2003年3月末のマイアミと4月第1週のサラソタ大会で2週連続優勝を記録した時は、その2週連続で浅越しのぶと宮城ナナの日本ペアを決勝で破ったこともある。マイアミではマグダレナ・マレーバとペアを組み、サラソタでは2000年秋からダブルスに復帰したベテランのマルチナ・ナブラチロワと組んで優勝した。リーゼル・フーバー フレッシュアイペディアより)

  • イェーレ・ファン・ダンメ

    イェーレ・ファン・ダンメから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2008年5月31日にテニス選手のエルケ・クライシュテルスとブレーで挙式を挙げ、2009年に第一子となる長男を授かる。なお、エルスの実姉には、同じくテニス選手のキムがおり、実母のエルス・ヴァンデケッツベーク(Els Vandecaetsbeek)は元体操選手、実父のレオは元サッカー選手でベルギー代表として1986 FIFAワールドカップと1990 FIFAワールドカップのメンバーだった。イェーレ・ファン・ダンメ フレッシュアイペディアより)

  • マルチナ・ヒンギス

    マルチナ・ヒンギスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2006年1月にオーストラリア・ゴールドコーストの「モンディアル・オーストラリア女子ハードコート選手権」で現役復帰を果たし、フラビア・ペンネッタとの準決勝まで勝ち進む。全豪オープンで4大大会にも復帰し、1回戦でロシアのベラ・ズボナレワに快勝して再出発を飾り、第2シードのキム・クライシュテルスとの準々決勝まで勝ち進んだ(スコア:クライシュテルスの 6-3, 2-6, 6-4)。同大会の混合ダブルスでは、ダブルスの名手であるマヘシュ・ブパシと組み、決勝でダニエル・ネスター&エレーナ・リホフツェワ組を 6-3, 6-3 で破って優勝した。2月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント(東京体育館開催)にも4年ぶりに出場し、準決勝でマリア・シャラポワを 6-3, 6-1 で圧倒したが、2月5日の決勝戦でエレーナ・デメンチェワに 2-6, 0-6 で敗れた。奇しくも、2002年10月のポルシェ・テニス・グランプリ2回戦で敗れた最後の対戦相手がこのデメンチェワであり、東京では雪辱を果たせなかったことになる。マルチナ・ヒンギス フレッシュアイペディアより)

  • カーラ・ブラック

    カーラ・ブラックから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    カーラ・ブラックのダブルス優勝記録は、2000年1月のニュージーランド・オークランド大会から始まる。2001年9月の「トヨタ・プリンセス・カップ」では南アフリカのリーゼル・フーバーとペアを組み、決勝で杉山愛とキム・クライシュテルスの組を 6-1, 6-3 で破って優勝した。2002年の全仏オープン混合ダブルス部門で、次兄のウェイン・ブラックと組んで初優勝。2004年は彼女のテニス経歴を通じて最も充実した年となり、女子テニスツアー大会のダブルスで年間7勝を記録した。この年のウィンブルドンで、カーラ・ブラックはオーストラリアのレネ・スタブスとペアを組んだ女子ダブルスと、ウェインと組んだ混合ダブルスの2部門制覇を達成した。女子ダブルス決勝では、ブラック&スタブス組は杉山愛&リーゼル・フーバー組を 6-3, 7-6 で破って優勝している。2005年のウィンブルドンでは、カーラはフーバーとペアを組み、決勝でスベトラーナ・クズネツォワ&アメリ・モレスモ組を 6-2, 6-1 で破ってウィンブルドン女子ダブルス2連覇を達成した。カーラ・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • アナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    2012年7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス3回戦でベルギーのキム・クライシュテルスに 3-6, 4-6 で敗れた。全米オープンでは優勝した2008年全仏以来の4大大会ベスト8に進出した。準々決勝でセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 3-6 で敗れた。11月のチェコとのフェドカップ決勝では第1試合でルーシー・サファロバに 4-6, 3-6 で敗れた。第3試合のエース対決でペトラ・クビトバに 6-3, 7-5 で勝利したが、第4試合でエレナ・ヤンコビッチがサファロバに 1-6, 1-6 で敗れセルビアは初優勝を逃した。アナ・イバノビッチ フレッシュアイペディアより)

  • レオ・クライシュテルス

    レオ・クライシュテルスから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    妻は体操選手のエルス・ヴァンデケッツベークで2005年に離婚している。娘にはテニスプレイヤーのキムとエルケがおり、キムは世界ランク1位になった経歴も持つ。レオ・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • カイア・カネピ

    カイア・カネピから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    21歳を迎えた2006年から、カイア・カネピは女子ツアー大会で成績を伸ばし始める。2006年全仏オープン以後、彼女は4大大会本戦に直接出場する力をつけた。全米オープンで初めて3回戦に勝ち進み、ビルジニ・ラザノに 5-7, 2-6 で敗れる。11月第1週のベルギー・ハッセルト大会で、カネピは予選から勝ち上がり、初めて女子ツアー大会の決勝に進出した。決勝では第1シードのキム・クライシュテルスとフルセットを戦い、3-6, 6-3, 4-6 で敗れて準優勝になった。カイア・カネピ フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    アグニエシュカ・ラドワンスカが生まれた1989年は、ちょうどポーランドで共産主義から自由主義への体制転換が始まった年である。アグニエシュカは4歳の時から、妹のウルシュラとともに父親の手ほどきでテニスを始め、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ボルケン郡のグロナウにあるテニスクラブで練習を積んだ。2005年4月に16歳でプロ入り。その後、2005年ウィンブルドンと2006年全仏オープンのジュニア女子シングルス部門で優勝する。全仏ジュニアの直前、2006年5月に故国ポーランドの首都ワルシャワで開かれた「J&Sカップ」で、ラドワンスカは1回戦で2004年全仏オープン優勝者のアナスタシア・ミスキナを破り、エレーナ・デメンチェワとの準々決勝まで勝ち進んだ。6月の全仏ジュニアで第2シードから優勝した後、ラドワンスカは2006年ウィンブルドンで4大大会の本戦にデビューした。主催者推薦で出場したラドワンスカは、初めての本戦でキム・クライシュテルスとの4回戦まで勝ち進んだ。この後2006年全米オープンでは予選3試合を勝ち抜いたが、本戦2回戦でタチアナ・ゴロビンに敗退した。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・クビトバ

    ペトラ・クビトバから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    開幕戦のブリスベン国際の決勝でアンドレア・ペトコビッチを 6?1, 6?3 で破りツアー2勝目を挙げる。全豪オープンでは3回戦でサマンサ・ストーサー、4回戦でフラビア・ペンネッタを破りベスト8に進出する。準々決勝ではベラ・ズボナレワに 2?6, 4?6 で敗れた。2月のGDFスエズ・オープンではキム・クライシュテルスを 6?4, 6?3 で破り3勝目、5月のマドリード・マスターズではビクトリア・アザレンカを 7?6(3), 6?4 で勝利し4勝目を挙げるとともに初めてのトップ10入りを果たした。ペトラ・クビトバ フレッシュアイペディアより)

  • セリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズから見たキム・クライシュテルスキム・クライシュテルス

    全豪オープンで、セリーナは決勝でディナラ・サフィナを 6-0, 6-3 で圧倒し、2年ぶり4度目の全豪優勝を決めた。これでセリーナの4大大会女子シングルス優勝は「10勝」となり、9勝のモーリーン・コノリーとモニカ・セレシュを抜いて単独8位に躍進した。ウィンブルドンで、セリーナはビーナスとの2年連続の姉妹対決決勝を 7-6, 6-2 で制し、6年ぶり3度目の優勝を決めた。これで4大大会の姉妹対決決勝戦は、妹セリーナの「6勝2敗」となった。全米オープンでは準決勝でキム・クライシュテルス(ベルギー)との試合中、ゲームカウント 4-6, 5-6 の15-30となったところで、フットフォルト(2ndサーブ)を取られ(この時点で15-40)、その判定への不満から線審に暴言を吐き、ポイントがクライシュテルスに入り、そのまま敗れた(セリーナは第1セットを取られた瞬間もラケットをコートに叩き付け破壊しており、注意が与えられていた)。この一連の行動にテニス界史上最高額の罰金8万2500ドルの処分を受けている。セリーナ・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示

「キム・クライシュテルス」のニューストピックワード