67件中 31 - 40件表示
  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たオーストラリア

    2000年からオーストラリアの男子テニス選手、レイトン・ヒューイットと交際する。同年のウィンブルドンで2人のペアは混合ダブルスで準優勝した。それ以後はテニスのトーナメント中にお互いの試合を応援するようになり、2003年12月に婚約したが、2004年10月22日にクライシュテルスが公式ホームページで婚約解消を発表した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2012年全米オープン (テニス)

    2012年、前年優勝した全豪オープンでは、準決勝でビクトリア・アザレンカに 4-6, 6-1, 3-6 で敗退した。5月に全米オープンを最後に2度目の現役引退をすることを発表した。7月のロンドン五輪で最初で最後のオリンピックに出場した。3回戦でアナ・イバノビッチに 6-3, 6-4 で勝利しベスト8に進出した。準々決勝ではマリア・シャラポワに 2-6, 5-7 で敗れた。そして8月の全米オープンは第23シードで臨むも、2回戦でイギリスの新鋭、ローラ・ロブソンに 6-7(4), 6-7(5) で敗北した。同大会ではダブルス、混合ダブルスでもエントリーしたが、それぞれ1回戦、2回戦で敗退し、現役生活にピリオドが打たれた。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2003年全仏オープン

    2003年の全仏オープンでテニス史上初の「ベルギー対決」の決勝を実現させるが、ライバルのジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れて大会2度目の準優勝になる。同年の全米オープンと2004年の全豪オープンでも決勝でエナン=アーデンに敗れ、「ベルギー対決の決勝」で3連敗を喫した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た女子テニス協会

    キム・クライシュテルス(Kim Clijsters, , 1983年6月8日 - )は、ベルギー・ビルゼン出身の女子プロテニス選手。WTAツアーで4大大会4勝を含むシングルス41勝、ダブルスで11勝を挙げた。クレイステルス、クライステルス、また英語風にクリスタース、クリスターズとも呼ばれる。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2001年ウィンブルドン選手権

    1999年のウィンブルドンで4大大会にデビュー。予選を勝ち上がり、4回戦でシュテフィ・グラフに 2-6, 2-6 で敗れた。クライシュテルスはそれから2年後、2001年の全仏オープンで頭角を現した。準決勝で1歳年上のジュスティーヌ・エナンとの「ベルギー対決」を制し、この国のテニス選手として初の4大大会決勝進出を果たす。その決勝戦ではジェニファー・カプリアティに 6-1, 4-6, 10-12 で敗れて準優勝になった。続くウィンブルドン選手権ではエナンが決勝進出を果たし、ベルギー勢は2人揃って世界トップ10に定着した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2011年全米オープン (テニス)

    2011年1月29日、全豪オープンの決勝で、アジア人初となるグランドスラム決勝に進出した中国の李娜に 3-6, 6-3, 6-3 の逆転で勝利し初優勝した。グランドスラムでは4勝目である。2月14日には4年ぶりに世界ランキング1位に復帰した。しかしその後は故障に悩みウィンブルドンや2連覇中であった全米オープンを欠場した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たワルシャワ

    キム・クライシュテルスは2007年5月6日、ポーランド・ワルシャワの「J&Sカップ」を最後に現役引退を表明した。この年も、1月にオーストラリア・シドニーで行われた「シドニー国際」で優勝があった。J&Sカップの2回戦で、彼女はユリア・バクレンコ(ウクライナ)に 6-7, 3-6 のストレートで敗れた。引退時の世界ランキングは4位。WTAツアーの選手が世界ランキングトップ10のままで現役を引退するのは、1999年8月に3位で現役を退いたシュテフィ・グラフ以来7人目となる。2か月後の7月13日、クライシュテルスはバスケットボール選手のと結婚し、2008年2月27日に長女を出産した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2003年全豪オープン

    ダブルスでは日本の杉山愛とペアを組んで活躍し、2001年のウィンブルドン選手権で女子ダブルス準優勝。しかしその後クライシュテルスが故障を理由に全米オープンと翌年の全豪オープン女子ダブルスを棄権し、いったんペアを解消した。2003年の全豪オープンでコンビを復活させ、ベスト8に進出する。全仏オープンとウィンブルドンで、当時の世界最強ペアであったビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)とパオラ・スアレス(アルゼンチン)組に連勝し、4大大会のダブルスで2連続優勝を果たした。しかし続く全米オープンで再びクライシュテルスが棄権し、2人はペアを解消する。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たシドニー国際

    キム・クライシュテルスは2007年5月6日、ポーランド・ワルシャワの「J&Sカップ」を最後に現役引退を表明した。この年も、1月にオーストラリア・シドニーで行われた「シドニー国際」で優勝があった。J&Sカップの2回戦で、彼女はユリア・バクレンコ(ウクライナ)に 6-7, 3-6 のストレートで敗れた。引退時の世界ランキングは4位。WTAツアーの選手が世界ランキングトップ10のままで現役を引退するのは、1999年8月に3位で現役を退いたシュテフィ・グラフ以来7人目となる。2か月後の7月13日、クライシュテルスはバスケットボール選手のと結婚し、2008年2月27日に長女を出産した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たアルゼンチン

    ダブルスでは日本の杉山愛とペアを組んで活躍し、2001年のウィンブルドン選手権で女子ダブルス準優勝。しかしその後クライシュテルスが故障を理由に全米オープンと翌年の全豪オープン女子ダブルスを棄権し、いったんペアを解消した。2003年の全豪オープンでコンビを復活させ、ベスト8に進出する。全仏オープンとウィンブルドンで、当時の世界最強ペアであったビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)とパオラ・スアレス(アルゼンチン)組に連勝し、4大大会のダブルスで2連続優勝を果たした。しかし続く全米オープンで再びクライシュテルスが棄権し、2人はペアを解消する。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「キム・クライシュテルス」のニューストピックワード