66件中 41 - 50件表示
  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2011年全豪オープン

    2011年1月29日、全豪オープンの決勝で、アジア人初となるグランドスラム決勝に進出した中国の李娜に 3-6, 6-3, 6-3 の逆転で勝利し初優勝した。グランドスラムでは4勝目である。2月14日には4年ぶりに世界ランキング1位に復帰した。しかしその後は故障に悩みウィンブルドンや2連覇中であった全米オープンを欠場した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たWTAツアー選手権

    2010年9月11日、全米オープンの決勝で、クライシュテルスは 6-2, 6-1 でベラ・ズボナレワにストレート勝ちし、2年連続3度目の優勝を果たした。11月のWTAツアー選手権でも世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキに 6-3, 5-7, 6-3 で勝利して、7年ぶり3度目の優勝を果たし、ツアー通算40勝目を挙げた。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2006年全米オープン (テニス)

    2006年の全豪オープンで、第2シードのクライシュテルスは準々決勝で当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスを 6-3, 2-6, 6-4 で破るが、アメリ・モレスモとの準決勝で足首の捻挫のため最終第3セットを途中棄権した。8月のトーナメントで左手首の故障が再発したため、クライシュテルスは全米オープンの大会前年優勝者として出場できなかった。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2009年全米オープン (テニス)

    2009年1月4日、父親のレオ・クライシュテルスが肺癌のため52歳で死去する。父親の死去から半年後、クライシュテルスは8月の「シンシナティ・マスターズ」で2年3か月ぶりの現役復帰をした。復帰第1戦では3回戦で当年度の全仏オープン優勝者スベトラーナ・クズネツォワを破る勝利を挙げ、ディナラ・サフィナとの準々決勝まで進出した。その後、彼女は全米オープンにも主催者推薦(ワイルドカード)で出場し、そこから勝ち上がって4年ぶり2度目の優勝を決めた。決勝戦では第9シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を 7-5, 6-3 のストレートで退けた。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2006年全豪オープン

    2006年の全豪オープンで、第2シードのクライシュテルスは準々決勝で当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスを 6-3, 2-6, 6-4 で破るが、アメリ・モレスモとの準決勝で足首の捻挫のため最終第3セットを途中棄権した。8月のトーナメントで左手首の故障が再発したため、クライシュテルスは全米オープンの大会前年優勝者として出場できなかった。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た2003年全米オープン (テニス)

    2003年の全仏オープンでテニス史上初の「ベルギー対決」の決勝を実現させるが、ライバルのジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れて大会2度目の準優勝になる。同年の全米オープンと2004年の全豪オープンでも決勝でエナン=アーデンに敗れ、「ベルギー対決の決勝」で3連敗を喫した。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たマイアミ・マスターズ

    2004年5月以後、左手首を痛めて戦線離脱を余儀なくされたが、2005年3月の「インディアンウェルズ・マスターズ」と「マイアミ・マスターズ」で復活優勝。全米オープンでは準決勝でマリア・シャラポワを破り、2年ぶり2度目の決勝ではマリー・ピエルスを 6-3, 6-1 で圧倒した。それまでクライシュテルスは4大大会で4度の準優勝にとどまっていたが、5度目の決勝戦で宿願の初優勝を果たした。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たサッカー

    父親のレオ・クライシュテルスは著名な元プロサッカー選手で、1986年と1990年の2度ワールドカップのベルギー代表選手として出場した経験を持つ。母親は体操選手で、妹のもプロテニス選手である(エルケは姉よりも早く引退しサッカー選手のイェーレ・ファン・ダンメと結婚している)。強力なフォアハンドを武器にするベースライン・プレーヤーで、ウィリアムズ姉妹にも引けをとらないパワーを備えた選手である。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た1986 FIFAワールドカップ

    父親のレオ・クライシュテルスは著名な元プロサッカー選手で、1986年と1990年の2度ワールドカップのベルギー代表選手として出場した経験を持つ。母親は体操選手で、妹のもプロテニス選手である(エルケは姉よりも早く引退しサッカー選手のイェーレ・ファン・ダンメと結婚している)。強力なフォアハンドを武器にするベースライン・プレーヤーで、ウィリアムズ姉妹にも引けをとらないパワーを備えた選手である。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見たデンマーク

    2009年1月4日、父親のレオ・クライシュテルスが肺癌のため52歳で死去する。父親の死去から半年後、クライシュテルスは8月の「シンシナティ・マスターズ」で2年3か月ぶりの現役復帰をした。復帰第1戦では3回戦で当年度の全仏オープン優勝者スベトラーナ・クズネツォワを破る勝利を挙げ、ディナラ・サフィナとの準々決勝まで進出した。その後、彼女は全米オープンにも主催者推薦(ワイルドカード)で出場し、そこから勝ち上がって4年ぶり2度目の優勝を決めた。決勝戦では第9シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を 7-5, 6-3 のストレートで退けた。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示