キム・ヨナ ニュース&Wiki etc.

金 妍兒(キム・ヨナ、1990年9月5日 - )は、大韓民国の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2014年ソチオリンピック銀メダリスト。2009年、2013年世界選手権優勝。日本のメディアでは「キム・ヨナ」とも表記される。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「金妍兒」のつながり調べ

  • 2007年世界フィギュアスケート選手権

    2007年世界フィギュアスケート選手権から見た金妍兒

    女子シングルではショートプログラムで金妍兒が歴代最高得点で首位に立つも、同2位につけた安藤美姫がフリーで逆転し初優勝。日本人選手の優勝は2004年の荒川静香以来4人目。フリースケーティングでは浅田真央が歴代最高得点をマークして2位。安藤、浅田、キムのアジア勢が表彰台を独占した。(2007年世界フィギュアスケート選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年エリック・ボンパール杯

    2013年エリック・ボンパール杯から見た金妍兒

    イレタ・シレーテが出場を辞退し、サマンサ・シザーリオが追加招待された。キーラ・コルピが怪我のために出場を辞退し、ナタリヤ・ポポワが追加招待された。金妍兒が怪我のために出場を辞退し、アメリー・ラコステが追加招待された。レナエル・ギルロン=ゴリーが出場を辞退した。(2013年エリック・ボンパール杯 フレッシュアイペディアより)

「キム・ヨナ」のニューストピックワード