前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示
  • 金妍兒

    金妍兒から見た浅田真央

    5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず?兒をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権でも優勝。この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たアデリナ・ソトニコワ

    バンクーバーオリンピックの翌シーズンからFSにおいて2A(ダブルアクセル)に回数制限がかかるルール改正が行われた。前述のとおり、苦手とするトリプルループをダブルアクセルに置き換えることで弱点を補ってきた金は、この改正によりその他のジャンプ構成にも手をいれざるをえなくなる。結果、これまでの2A-3Tを3S-2Tに置き換えた構成をとるも、これにより演技全体の基礎点は2点近く下がることとなった。4年後のソチオリンピックにおいては、金の苦手としたループジャンプを含めた5種のトリプルジャンプを満遍なく成功させたアデリナ・ソトニコワが金メダルを手にしたが、両者の明暗を分けたものはこの基礎点の差であったと見る分析もある。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た安藤美姫

    2009-2010シーズン、3回転-3回転を今までのフリップ-トゥループからルッツ-トゥループに変更。GPシリーズエリック・ボンパール杯ではSPで76.08点をマーク。FSでは3回転フリップを跳ばないミスがあったがFS、総合得点共にISU歴代最高得点を更新し優勝した。スケートアメリカではSPのISU歴代最高得点を更新、FSでは3回転フリップで転倒するなどの大きなミスがあり、FSでは2位。SPで2位のレイチェル・フラットに大差を付けていたため総合得点では1位となった。GPファイナルではミスが続き、安藤美姫に続く2位スタートとなった。FSでもミスが続いたが総合得点で安藤を上回り、2年ぶり3度目の優勝を果たした。バンクーバーオリンピックでは、SP・FSともにISUジャッジングシステムでの歴代最高得点を更新して金メダルを獲得した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たCJグループ

    CJグループ - 「IVY Club」(学校制服)金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たジョン・レノン

    金自身は「すっきりした気持ちが一番大きかった。引退前の最後の競技をミスせずに終えたことに満足している」と語り改めて引退を表明し、翌日のエキシビジョンでジョン・レノンの「イマジン」での演技をもって競技生活を終えた。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た荒川静香

    バンクーバー五輪や世界選手権における浅田と金の対決について、一部週刊誌で取り上げられた「金は技術点のうちGOE(技の出来映えに対する加点)が高すぎる」という疑問に対し、独立系ニュースサイトのリテラが荒川静香の著書『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』を引用しながら、得点の高さには理由があると反論している。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たユリア・リプニツカヤ

    ソチオリンピックの期間中には、金より基礎点 (Base Value) が高く高得点が期待出来るユリア・リプニツカヤが団体戦金メダルに貢献したためライバル視されたが、金?兒は現地到着後のインタビューで「リプニツカヤが優勝するというような雰囲気があるのはよくない。私も人間ですので。」と牽制し、カロリーナ・コストナーや日本の団体出場選手などを念頭に「日本とかイタリアの選手じゃなくてよかったと思った。」と団体戦不出場のメリットも強調した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たレイチェル・フラット

    2009-2010シーズン、3回転-3回転を今までのフリップ-トゥループからルッツ-トゥループに変更。GPシリーズエリック・ボンパール杯ではSPで76.08点をマーク。FSでは3回転フリップを跳ばないミスがあったがFS、総合得点共にISU歴代最高得点を更新し優勝した。スケートアメリカではSPのISU歴代最高得点を更新、FSでは3回転フリップで転倒するなどの大きなミスがあり、FSでは2位。SPで2位のレイチェル・フラットに大差を付けていたため総合得点では1位となった。GPファイナルではミスが続き、安藤美姫に続く2位スタートとなった。FSでもミスが続いたが総合得点で安藤を上回り、2年ぶり3度目の優勝を果たした。バンクーバーオリンピックでは、SP・FSともにISUジャッジングシステムでの歴代最高得点を更新して金メダルを獲得した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たカロリーナ・コストナー

    ソチオリンピックの期間中には、金より基礎点 (Base Value) が高く高得点が期待出来るユリア・リプニツカヤが団体戦金メダルに貢献したためライバル視されたが、金?兒は現地到着後のインタビューで「リプニツカヤが優勝するというような雰囲気があるのはよくない。私も人間ですので。」と牽制し、カロリーナ・コストナーや日本の団体出場選手などを念頭に「日本とかイタリアの選手じゃなくてよかったと思った。」と団体戦不出場のメリットも強調した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たサムスン電子

    サムスン電子 「Hauzen-風の女神」 - (エア・コンディショナー)金妍兒 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示

「キム・ヨナ」のニューストピックワード