1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
93件中 91 - 93件表示
  • 金妍兒

    金妍兒から見たユーロスポーツ

    一方で得点が高すぎる、不可解であると指摘されることもある。例えば、2010年のバンクーバーオリンピックのショート・プログラムについて、エルビス・ストイコは金の演技は素晴らしく、首位であることには異論無しとしつつも、2位の浅田真央との差はほんの少しであり、その点差が5点近くにまで開いたのは、馬鹿げているとコメントしている。フランスにて実況中継中であったフィリップ・キャンデロロも、浅田との5点差について「(悪い意味で)驚きだ」とコメント、当時浅田真央のコーチであったタチアナ・タラソワはこの結果を「ジャッジもスコアも考えられない」と批判した。続く、2010年の世界選手権でも、FSで転倒などのミスを重ねたにも関わらず、ほぼ完璧な演技をこなした浅田真央を抑えFS1位(SPで浅田の得点が高かったため総合2位)となったことに対し、英ユーロスポーツの解説者クリス・ハワースは実況中継中に「おかしい。本当に間違っている(中略)トリプルアクセルは非常に難しいジャンプなのにコンビの点数はたった9.5。これは誰かさん(ヨナ)のトリプルルッツ+トリプルトーループより低いんですよ」とコメント、元ISU技術部会委員長のソニア・ビアンケッティも金妍兒の演技は公正な観点からはFS1位には値しないと述べている、、他にも、中国新聞網は、金妍兒にジャンプの転倒と回転不足があったにもかかわらず、ほぼノーミスの浅田真央(129・50点)より高い130.39点という全選手中最高の得点に疑問を呈し、表彰台でキム・ヨナ選手に送られた拍手は、金メダルを獲得した浅田真央選手はおろか、銅メダルのラウラ・レピスト選手よりもずっと少なかったと報じるなど、一部のメディアから疑問の声があがった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た2008/2009 ISUグランプリファイナル

    2008-2009シーズン、長年悩まされていた腰痛と股関節痛が完治し、万全の状態でシーズンに臨んだ。GPシリーズスケートアメリカ、中国杯は他の出場選手に大差をつけて連勝した。韓国で開催されたGPファイナルでは、2位に終わった。四大陸選手権はSPで当時のISU歴代最高得点を更新し、初優勝を果たした。世界選手権開幕直前にTVのインタビューで「これまで競争相手の選手に試合直前の練習を妨害されてきた」と発言したことから騒動となった(詳細はに)。同大会ではSPで再びISU歴代最高得点を更新、2位に大きく差を付ける76.12点をマークした。フリーでは後半のサルコージャンプと最後のスピンのノーカンのミス以外ノーミスで滑りきり、シーズン初の130点台を出し、総合得点は女子国際大会史上初めて200点の大台に達し初優勝。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たISUジュニアグランプリファイナル

    5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず金をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権でも優勝。この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
93件中 91 - 93件表示

「キム・ヨナ」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画