96件中 21 - 30件表示
  • 金妍兒

    金妍兒から見た申恵淑

    2011-2012シーズンは休養のため全試合を欠場。。2012-2013シーズン、小学生時代に教わっていた申恵淑を新コーチに迎えての再出発となった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たカタリナ・ヴィット

    2014年2月20日ソチオリンピック女子シングル、SPでは1位になるも、FSでアデリナ・ソトニコワに逆転されて銀メダルとなり、史上3人目となるオリンピック連覇は達成できなかった。この試合結果は驚きをもって迎えられ、直後からカート・ブラウニング、カタリナ・ヴィット、ディック・バトンらスケート界の重鎮が金を支持するコメントを出す一方、スポーツニュース媒体では両者の演技を詳細に分析する記事が掲載されるなど、世間の注目を集めた。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たピーター・オペガード

    しかし、金側はこれを否定、互いに非難し合う事態になった。新コーチにはミシェル・クワンの義兄にあたるピーター・オペガードが就任した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たリナ・パーク

    「夢の冬」リナ・パーク&キム・ヨナ(2011年5月19日デジタル・シングルとして発売)金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たカート・ブラウニング

    2014年2月20日ソチオリンピック女子シングル、SPでは1位になるも、FSでアデリナ・ソトニコワに逆転されて銀メダルとなり、史上3人目となるオリンピック連覇は達成できなかった。この試合結果は驚きをもって迎えられ、直後からカート・ブラウニング、カタリナ・ヴィット、ディック・バトンらスケート界の重鎮が金を支持するコメントを出す一方、スポーツニュース媒体では両者の演技を詳細に分析する記事が掲載されるなど、世間の注目を集めた。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たデヴィッド・ウィルソン (フィギュアスケート選手)

    2006-2007シーズンからはISUグランプリシリーズに参戦。2戦目のエリック・ボンパール杯でGPシリーズ初優勝を飾り、GPファイナルでSP3位から逆転して初出場初優勝を果たした。しかし12月初旬から軽度の椎間板ヘルニアによる腰痛が酷くなり、国内選手権や冬季アジア大会を欠場した。世界選手権では、SPでISU歴代最高得点を記録して首位に立った。しかし、FSでは得点が伸びず、総合順位は3位となった。2007年初めからカナダに拠点を移し、ブライアン・オーサーにコーチを変更した。。オーサーのほか、デヴィッド・ウィルソンを振付師に、トレイシー・ウィルソンをスケーティングと表現力のコーチとするチームを組む。なお、オーサーにとっては金妍兒がコーチ転向後初の教え子である。オフシーズンには弱点である体力を強化するためのトレーニングに多くの時間を割いたという。また、「IMGコリア」とは2010年末までの長期契約を結んでいたが、契約を解除しIBスポーツと契約した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た日本スケート連盟

    金のマネジメント会社All That Sports社が日本テレビの「真相報道 バンキシャ!」の練習の様子に関する放映が隠し撮りだとして抗議書簡を送り、日本スケート連盟や国際スケート連盟 (ISU) にも公式に制裁を要請することを通知した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た国連児童基金

    韓国のフィギュアスケートを振興するため、後輩の強化・育成活動や、賞金等の寄付をしている。ボランティア活動や慈善活動や寄付も積極的に行っている。2010年7月より国連児童基金(ユニセフ)の親善大使を務めている。2018年冬季五輪平昌招致委員会の広報大使も務めた。2011年7月6日の国際オリンピック委員会総会の最終プレゼンテーションでスピーチし、平昌招致決定に貢献した。また、現在も平昌スペシャルオリンピックの広報大使としても積極的な広報活動を行っている。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たISUジュニアグランプリ

    5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず?兒をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権でも優勝。この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たフォーブス (雑誌)

    世界選手権で初優勝した2009年度は米フォーブス誌に「韓国で最も影響力ある有名人」に選ばれた。2010年4月には『タイム』誌のオンライン投票「世界で最も影響力のある100人」のヒーロー部門で2位に選ばれた。2010年8月に行われたNHKと韓国KBSによる日韓市民意識調査によれば「相手国人で思い浮かべる人物」の6位(3%)に選ばれている。同年8月、韓国系米国人が最も多く居住するロサンゼルスを訪問することを記念し、ロサンゼルス市議会は8月7日を「金妍兒の日」と定めた。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「キム・ヨナ」のニューストピックワード