96件中 71 - 80件表示
  • 金妍兒

    金妍兒から見た2009年スケートアメリカ

    2009-2010シーズン、3回転-3回転を今までのフリップ-トゥループからルッツ-トゥループに変更。GPシリーズエリック・ボンパール杯ではSPで76.08点をマーク。FSでは3回転フリップを跳ばないミスがあったがFS、総合得点共にISU歴代最高得点を更新し優勝した。スケートアメリカではSPのISU歴代最高得点を更新、FSでは3回転フリップで転倒するなどの大きなミスがあり、FSでは2位。SPで2位のレイチェル・フラットに大差を付けていたため総合得点では1位となった。GPファイナルではミスが続き、安藤美姫に続く2位スタートとなった。FSでもミスが続いたが総合得点で安藤を上回り、2年ぶり3度目の優勝を果たした。バンクーバーオリンピックでは、SP・FSともにISUジャッジングシステムでの歴代最高得点を更新して金メダルを獲得した。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た2004/2005 ISUジュニアグランプリ

    5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず?兒をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権でも優勝。この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た2007年中国杯

    2007-2008シーズン、GPシリーズ中国杯、ロシア杯と2連勝。ロシア杯のFSではIJS(ISUジャッジングシステム)の女子シングル歴代世界最高得点を記録した。GPファイナルでも2連覇を達成した。韓国で開催された四大陸選手権は怪我のため欠場した。世界選手権では、SPは5位と出遅れたものの、FSで追い上げ2年連続の3位になった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た大韓民国

    金 妍兒(キム・ヨナ、1990年9月5日 - )は、大韓民国の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2014年ソチオリンピック銀メダリスト。2009年、2013年世界選手権優勝。日本のメディアでは「キム・ヨナ」とも表記される。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た2005/2006 ISUジュニアグランプリ

    5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず?兒をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権でも優勝。この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見たSBS (韓国)

    2011年5月より自身が司会を務めるバラエティ番組「」(韓国SBS放送)を始めた。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た随筆

    エッセイ集「キム・ヨナの7分ドラマ」2010年1月28日金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た2008年四大陸フィギュアスケート選手権

    2007-2008シーズン、GPシリーズ中国杯、ロシア杯と2連勝。ロシア杯のFSではIJS(ISUジャッジングシステム)の女子シングル歴代世界最高得点を記録した。GPファイナルでも2連覇を達成した。韓国で開催された四大陸選手権は怪我のため欠場した。世界選手権では、SPは5位と出遅れたものの、FSで追い上げ2年連続の3位になった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た富川市

    1990年9月5日、富川市で生まれる。家族は両親と3歳上の姉。軍浦市に移り、地元の道蔵中学校、修理(スリ)高校を経て、2009年3月より高麗大学校に在籍。2010年4月に設立された母親パク・ミヒが代表取締役を務めるマネジメント会社「オール・ザッツ・スポーツ (AT SPORTS)」に所属。カトリック教徒で、ステラという洗礼名を持つ。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

  • 金妍兒

    金妍兒から見た2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権

    5歳でスケートを始めた。7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず?兒をアメリカなどにスケート留学させた。母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。2002年トリグラフトロフィーノービスクラスで国際競技会初優勝。だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。2003年韓国選手権では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、神童と呼ばれた。2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリに参戦する。JGPブダペストで優勝、JGPハルビンで2位となる。JGPファイナルと世界ジュニア選手権では、いずれも浅田真央に次ぐ2位となる。2005-2006シーズン、JGPスケートスロバキア、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、世界ジュニア選手権でも優勝。この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。金妍兒 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「キム・ヨナ」のニューストピックワード