106件中 31 - 40件表示
  • ベガスの恋に勝つルール

    ベガスの恋に勝つルールから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    ジョイ・マクナリー - キャメロン・ディアス(佐古真弓)ベガスの恋に勝つルール フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア・ヴァジリーヴァ

    ソフィア・ヴァジリーヴァから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2009年にはジョディ・ピコー原作の『私の中のあなた』では、キャメロン・ディアスの娘役で出演。ソフィア・ヴァジリーヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ルーシー・パンチ

    ルーシー・パンチから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    徐々に活動の場をアメリカへ移し、女優としてのキャリアを積んでいき、2010年にはウディ・アレン監督の『恋のロンドン狂騒曲』へも出演。その他には、キャメロン・ディアスがやる気のない教師を演じた『バッド・ティーチャー』でのディアス演じる主人公のライバル女教師役や、スティーヴ・カレル、ポール・ラッド出演の『奇人たちの晩餐会 USA』での怪しい娼婦役などがある。2010年に出演した『Are You Ready for Love?』では、モナコ国際映画祭の女優賞に輝いた。主にコメディ映画への出演が多く、今後も期待される女優の一人である。ルーシー・パンチ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の人種構成と使用言語

    アメリカ合衆国の人種構成と使用言語から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2000年の集計にはほぼ全民族が網羅されているが、表の数値は出自の延べ数の集計であるため、同数値の合計は総人口より大きな値となる。表の数値は何々系アメリカ人の推定人口やその比率を意味するものではない。この延べ数の集計では、加重評価はされていない(血統の割合の記入は求められていない)。例として、キャメロン・ディアスの場合は父親がスペイン系キューバ人で母親がチェロキー、イングランド、ドイツの血を引くとあり、1/2がスペイン、残りが割合が不明であるが等分するとチェロキー1/6、イングランド1/6、ドイツ1/6となる。ユマ・サーマンのケースでは、父方が苗字からイギリス系と思われるが不詳、母方がドイツとスウェーデンの混血でドイツ1/4、スウェーデン1/4であるが、この二人で記入されるのはスペイン1回(実際は1/4)、チェロキー1回(1/6)、イングランド1回(1/6)、ドイツ2回(1/6+1/4)、スウェーデン1回(1/4)となりこれらが集計される。これらを理解した上で人種・民族などの集計を読む必要がある。アメリカ合衆国の人種構成と使用言語 フレッシュアイペディアより)

  • サラ・シルバーマン

    サラ・シルバーマンから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2008年、2003年から交際しているコメディアンのジミー・キンメルが司会を務めるトーク番組にマット・デイモンと浮気していると告白するビデオ『I'm Fxxking Matt Damon』を披露。実際にデイモンも登場している。このビデオにジミーは、自分はデイモンの親友であるベン・アフレックと浮気しているという内容のビデオ『I'm Fxxking Ben Affleck!』で反撃。こちらにはベン・アフレックの他にブラッド・ピット、キャメロン・ディアスらセレブリティらが多数出演しており、このビデオ合戦は話題を集めた。この後7月頃にジミーとは破局したが(このビデオ合戦が原因ではない)、サラは『I'm Fxxking Matt Damon』でライムタイム・エミー賞に先立って発表される技術部門を中心としたクリエイティブ・アーツ・エミー賞の最優秀オリジナル歌曲賞を受賞した。サラ・シルバーマン フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ファロン

    ジミー・ファロンから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2009年3月2日、ゲストにロバート・デ・ニーロ、ジャスティン・ティンバーレイク、ニック・カーター、音楽ゲストにヴァン・モリソンを迎えて初回放送された。第1週目のゲストはティナ・フェイ、ジョン・ボン・ジョヴィ、キャメロン・ディアス、ドナルド・トランプ、ドリュー・バリモアなど。ジミー・ファロン フレッシュアイペディアより)

  • 映画・テレビ番組中の異性装

    映画・テレビ番組中の異性装から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    チャーリーズ・エンジェル Charlie's Angels (2000) ドリュー・バリモアとキャメロン・ディアスがある会社に潜入するために男装するシーンがある。映画・テレビ番組中の異性装 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回ゴールデングローブ賞

    第64回ゴールデングローブ賞から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    プレゼンターは、ティム・アレン、デヴィッド・アークエット、ドリュー・バリモア、ジェシカ・ビール、スティーヴ・カレル、ジョージ・クルーニー、ショーン・コムズ、デイン・クック、コートニー・コックス、ジーナ・デイヴィス、キャメロン・ディアス、ティナ・フェイ、ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ガーナー、ヒュー・グラント、エイドリアン・グレニアー、ジェイク・ギレンホール、トム・ハンクス、サルマ・ハエック、ジェニファー・ラブ・ヒューイット、ダスティン・ホフマン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジャイモン・フンスー、テレンス・ハワード、フェリシティ・ハフマン、ジェレミー・アイアンズ、エヴァ・ロンゴリア、ジェニファー・ロペス、シエナ・ミラー、サラ・ジェシカ・パーカー、ホアキン・フェニックス、チャーリー・シーン、デヴィッド・スペード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョン・ステイモス、ベン・スティラー、シャロン・ストーン、ヒラリー・スワンク、ジャスティン・ティンバーレイク、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ、ヴァネッサ・ウィリアムス、リース・ウィザースプーン、ジェームズ・ウッズ、レネー・ゼルウィガー、「HEROES/ヒーローズ」のキャスト(アリ・ラーター、マシ・オカ、グレッグ・グランバーグ、エイドリアン・パスダー、ヘイデン・パネッティーア、センディル・ラママーシー、マイロ・ヴィンティミリア)1。(アルファベット順)第64回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • サリー (イングランド)

    サリー (イングランド)から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    サリー州は映画の撮影に使用するロケ地にも度々選ばれている。『ホリデイ』の一部シーンはゴダルミングとシェールにて撮影された。このカットはケイト・ウィンスレット演じるシェールにあるコテージに住むアイリスとキャメロン・ディアス演じるアマンダが互いに住む家を交換するシーンで使われた。『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 (映画)』のラストシーンや『ウエディング・デイト』では、同じくシェールにある村の教会が使用された。1976年の映画『オーメン』の劇中に登場する大聖堂はギルフォード大聖堂である。『』では、レザーヘッド出身の将来有望な2人の学生が映画製作にのめり込んでいくという内容で、ブルックランズ・カレッジのウェイブリッジキャンパスで撮影が行われた。ラッセル・クロウ主演の『グラディエーター』でドイツの森を描写するオープニングシーンの為に、サリー州ファーナム郊外のボーン・ウッズの森林地帯が使われた。2009年にBBCプロダクションが制作したジェーン・オースティンの小説『エマ』のテレビドラマ化作品では、ロモーラ・ガライとマイケル・ガンボンが主演し、ギルフォード近郊のセント・メアリー・ザ・ヴァージン教会とローズリー・ハウスが撮影に使用された。サリー (イングランド) フレッシュアイペディアより)

  • 見せパン

    見せパンから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    男性の見せパンのルーツは1990年代後半、アメリカ西海岸からヒップホップのずり下げスタイルから始まり、有名ブランドの下着広告でロゴの部分をわざと見せることを広告展開したことで、その着こなしが流行し、日本でも若者を中心にブレイクした。当時の日本では若者の男性下着はトランクスが主流であったが、2000年代に入り、ボクサーブリーフが流行すると、腰のゴム部分のロゴをわざと大きく見せるようになり、大胆な色や柄物が採用されるようになった。現在ではギャル男系(アウター系と組み合わせた大胆な色彩の下着)、お兄系(ギャル男系を卒業したモノトーンで統一した下着)、オラオラ系(黒で統一した中で、派手目のイラストを臀部に入れた下着)の見せパンが派生化している。2009年2月には松山市で男性下着のパンコレ( Pants Collection )が開催された。このブームはキャメロン・ディアスが出演した映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」で日本製の下着(女性用ブリーフ)を着用したことで世界的なブームとなっている。見せパン フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「キャメロン・ディアス」のニューストピックワード