106件中 71 - 80件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    マイアミで出会った一般女性(Cynthia Scurtis)と2002年に結婚。2004年11月に長女、2008年4月に次女がマイアミで誕生したものの、2008年9月に離婚した。離婚前には マドンナとの交際が噂され、離婚後にはハリウッド女優のケイト・ハドソンやキャメロン・ディアスとオープンに交際するなどプレイボーイとして知られる。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ブラッドリー・クーパー

    ブラッドリー・クーパーから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2006年に女優のジェニファー・エスポジートと結婚したが、2007年10月に離婚。離婚前にはジェニファー・アニストンと、離婚後にはキャメロン・ディアスやレネー・ゼルウィガーらとの交際が噂になった。2012年には女優のゾーイ・サルダナと交際していた。イギリスのモデルであるスキ・ウォーターハウスとも交際し、ステディな関係になるが2015年春に破局。現在はロシアのモデルのイリーナ・シェイクと交際している。2017年3月、シェイクとの間に女児が誕生した。ブラッドリー・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • ベン・アフレック

    ベン・アフレックから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2008年、サラ・シルバーマンのビデオ「I'm Fucking Matt Damon」に対するレスポンス作であるジミー・キンメルのビデオ「I'm Fucking Ben Affleck」に出演した。同ビデオには他にグッド・シャーロットのジョエル・マッデン、ベンジー・マッデン、メイシー・グレイ、ドミニク・モナハン、ランス・バス、ジョシュ・グローバン、ドン・チードル、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ロビン・ウィリアムズ、ハリソン・フォード、ヒューイ・ルイス、ジョーン・ジェット、ピート・ウェンツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ミートローフ、ディッキー・バレットなど多くのセレブリティが出演している。ベン・アフレック フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・バーグ

    ピーター・バーグから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    1986年、テレビドラマ『The Equalizer』で俳優デビュー。その後も映画・テレビの出演を重ねていき、なかでも代表作となったのがドラマ『シカゴ・ホープ』のビリー・クロンク役だった。『シカゴ・ホープ』は出演するより先に2話分の脚本を書いており、シリーズの出演終盤には監督としても参加している。劇場映画の監督デビュー作は、キャメロン・ディアス主演の『ベリー・バッド・ウェディング』。ピーター・バーグ フレッシュアイペディアより)

  • カンヌ国際映画祭

    カンヌ国際映画祭から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    Image:Leo Scor Diaz(GangsofNY)-.jpg|映画祭の出席者達左からディカプリオ、スコセッシ監督キャメロン・ディアス(2002)カンヌ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 魏涼子

    魏涼子から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    ギャング・オブ・ニューヨーク(ジェニー・エヴァディーン〈キャメロン・ディアス〉)※DVD・ビデオ版魏涼子 フレッシュアイペディアより)

  • ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)

    ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    当初役に名前が挙がっていたのは、ヘレナ・ボナム=カーター、ケイト・ブランシェット、エミリー・ワトソン、レイチェル・ワイズ、キャメロン・ディアスなどだった。また、トニ・コレットは当時ブロードウェイで上演されていた『』に主演するためこの役を断ったという。また、ケイト・ウィンスレットの起用も考えられたが、プロデューサーたちは彼女が若すぎると判断し配役に至らなかった。2年にわたるサーチの結果、レネー・ゼルウィガーの起用が2000年5月末に発表された。製作を務めたエリック・フェルナーはその理由について、彼女が「巨大な個性と説得力を役にもたらす」のだと述べた。監督のマグワイアはゼルウィガーについて、「レネーの中に、コメディから感情劇まで大股で飛び移れる、ほんの一握りの人しか持たない天賦の才能を見た」と述べた。テキサス出身だったゼルウィガーは、映画『恋におちたシェイクスピア』でグウィネス・パルトローの指導もしたバーバラ・バークリー()についてイギリス英語のアクセントを学んだ。また、ブリジット役を演じるために約増やして撮影に挑んだ。また役作りとしてプロデューサーたちの求めに応じ、ゼルウィガーはロンドンにある出版社・で出版部の見習いとして働いた(ピカドールは、原作小説のイギリスでの版元である)。映画の公開前、アメリカ人のゼルウィガーが典型的なイギリス人ヒロインを演じることに関しては多くの議論があった。しかしながら、南西イングランドのアクセントも含め、彼女がこの映画で見せた演技は、広く高水準のものだったと受け止められた。2000年7月、ダーシーとクリーヴァーという男性主役2名に、コリン・ファースとヒュー・グラントが決まったことが発表された。また監督のは、フィールディングの友人のひとりでもあり、原作に登場するシャロン(愛称のシャザーはイングランドでの短縮形)のモデルになったとも言われている。映画ではがシャロンを演じた。ブリジット・ジョーンズの日記 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・マースデン

    ジェームズ・マースデンから見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    2009年はキャメロン・ディアス共演のスリラー『運命のボタン』に出演。ジェームズ・マースデン フレッシュアイペディアより)

  • 佐古真弓

    佐古真弓から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    ベガスの恋に勝つルール(ジョイ・マクナリー〈キャメロン・ディアス〉)佐古真弓 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たキャメロン・ディアスキャメロン・ディアス

    好きな女優はキャメロン・ディアス阿部和重 フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「キャメロン・ディアス」のニューストピックワード