前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たキャンディーズキャンディーズ

    穂口雄右が手がけたキャンディーズの「春一番」は、他の穂口作品の中で色合いが違う"です・ます調"で作られており、拓郎からの影響を指摘する論調が出た。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷公生

    水谷公生から見たキャンディーズキャンディーズ

    キャンディーズ / 「年下の男の子 / 私だけの悲しみ」 (1975年)水谷公生 フレッシュアイペディアより)

  • 大里洋吉

    大里洋吉から見たキャンディーズキャンディーズ

    1969年(昭和44年)、渡辺プロダクション(ナベプロ)入社。ザ・ピーナッツ、ザ・ワイルドワンズ、梓みちよ、あいざき進也、キャンディーズらのマネージャーを務めた。大里洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 俺が俺が〜世界中が敵になっても〜/春一番

    俺が俺が〜世界中が敵になっても〜/春一番から見たキャンディーズキャンディーズ

    「春一番」はキャンディーズが1976年にリリースした同名楽曲のカバーである。PVは、動画サイトで公開したバーションとバンドによるバージョンの2種類が存在する。DVDには、「俺が俺が〜世界中が敵になっても〜」と「春一番」のPVと「春一番」のPVのBAND Versionが収録されている。俺が俺が〜世界中が敵になっても〜/春一番 フレッシュアイペディアより)

  • カバーソング・ドールズ

    カバーソング・ドールズから見たキャンディーズキャンディーズ

    『CoverSongDolls』(2007年7月25日発売、デビューアルバム) - おニャン子クラブ、キャンディーズ、山口百恵、松田聖子などをカバーしたアルバム。カバーソング・ドールズ フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション

    GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクションから見たキャンディーズキャンディーズ

    ディスク1は、主に森田公一が提供してシングルレコードA面として発売された楽曲から選曲された。1970年代に活躍した女性アイドル歌手の楽曲が多く収録されている点が特徴のひとつである。新三人娘(1971年に歌手デビューした同期生)からは南沙織を除いた天地真理と小柳ルミ子が、花の中三トリオ(同じオーディション番組から歌手デビューした同窓生)からは山口百恵を除いた森昌子と桜田淳子が収録されている。ほか岡田奈々や、当時渡辺プロダクション(芸能事務所)所属だったアグネス・チャンやキャンディーズなど。小林旭と森山良子の楽曲は、後年歌いなおされたカバー音源である。ディスク2は、「森田公一とトップギャラン」を中心に、森田公一が自ら歌った楽曲を収録。セルフカバーも含まれている。GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション フレッシュアイペディアより)

  • ぷらいべえと

    ぷらいべえとから見たキャンディーズキャンディーズ

    レコードジャケットも拓郎が週刊誌でキャンディーズのランちゃんを見てクレヨンで書いたもの。『やさしい悪魔』のレコードジャケットの真ん中をくりぬいた。女の子の回りを木で囲むなど『ぷらいべえと』のレコードジャケットは全体に緑色のため、それに合わせ初版のレコード盤は緑色だった。また初回特典にはポスターが付いた。ぷらいべえと フレッシュアイペディアより)

  • レッツゴーヤング

    レッツゴーヤングから見たキャンディーズキャンディーズ

    最終回前の1回(4月6日)では「思い出の名場面集」と題し、山口百恵、ピンク・レディーやキャンディーズといった12年の間に出演した歌手の名場面を厳選して放送した。なお、最終回のゲストは田原俊彦、中森明菜、小泉今日子、松本伊代、柏原芳恵、ザ・グッバイだった。レッツゴーヤング フレッシュアイペディアより)

  • 穂口雄右

    穂口雄右から見たキャンディーズキャンディーズ

    作曲家に転身して間もないある日、テレビで見た可愛い女の子3人組にヒットの可能性を見出した穂口は、後日久々に会った松崎澄夫にそのことを話し、このような3人組のグループをプロデュースしてはと提案したところ、その3人組を松崎がプロデュースしていたと教えられて驚く。その3人組こそ、当時発足して間もないキャンディーズであった。穂口は松崎の依頼で彼女らのレッスンを担当することになり、曲提供も行うようになった。その後、「夏が来た!」で事務所が2匹目のドジョウを狙ったことに不信感を抱き、この曲を最後に一度キャンディーズからは離れたが、松崎の依頼を受けて「わな」で復帰(この間、「暑中お見舞い申し上げます」の作曲依頼を受けたが断っている。ただし、B面の「オレンジの海」は穂口の作・編曲である)、グランドフィナーレまでの間、3人を後押しした。穂口雄右 フレッシュアイペディアより)

  • 親衛隊 (アイドル)

    親衛隊 (アイドル)から見たキャンディーズキャンディーズ

    1970年代中盤。当時はまだまとまりがなく、全国キャンディーズ連盟(全キャン連)やジャパン・ピンク・レディー・サークル(JPC)等を筆頭に各アイドル歌手ごとに私設応援団的なグループがいくつも存在していたが、 歌謡祭やコンサート会場でグループ同士の抗争が絶えず、これを見かねた石野真子親衛隊の柳一誠・(柏原芳恵)親衛隊柳茂樹・(倉田まり子)親衛隊 (アイドル) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
339件中 1 - 10件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード