296件中 91 - 100件表示
  • 恋のヘキサゴン

    恋のヘキサゴンから見たキャンディーズキャンディーズ

    曲調、衣装、振り付けと全般にキャンディーズを意識したものになっている。衣装はロングブーツと手袋、それぞれのイメージカラーのフリルが何重にも重なっているのが特徴で、各段の下縁には銀のラインが走っている。振り付けはKABA.ちゃんが担当したが、当初の予想と違ってうまく振り付けを覚えたことに驚いたと、『ヘキサゴンII』に出演した際に語っている。「ヘキサゴンファミリーコンサート」では、インカムマイクで歌っていた為、振り付けを一部変化させている。恋のヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

  • あぁ、グッと

    あぁ、グッとから見たキャンディーズキャンディーズ

    吉田拓郎から提供を受けた作品。女性アイドルへの楽曲提供は比較的多い吉田であるが(キャンディーズ・石野真子・浅田美代子など)、男性アイドル歌手へ提供するのはやや珍しいケースであった。なお、1986年頃以降のシングル曲はどちらかというと、大人の男性歌手を目指した「脱・アイドル」的な雰囲気がそもそもあり、それゆえの吉田の起用とも考えられる。結果的には吉田拓郎が、ジャニーズ事務所所属歌手へ初提供した作品となった。あぁ、グッと フレッシュアイペディアより)

  • Sugar Baby Love

    Sugar Baby Loveから見たキャンディーズキャンディーズ

    キャンディーズ - 「シュガー・ベイビー・ラヴ」をカバーしており、Winkのカバーの際、そのモデルになっている。Sugar Baby Love フレッシュアイペディアより)

  • NHKヒットステージ

    NHKヒットステージから見たキャンディーズキャンディーズ

    先に述べたように、Mi-Keというアイドルトリオがアシスタントを務めたが、実は1972?1975年に「歌謡グランドショー」→「歌のゴールデンステージ」(いずれも山川静夫アナ司会)でキャンディーズが、1978?1981年に「花のステージ」→「歌のビッグステージ」でザ・チェリーズがアシスタントを務めている。また、キャンディーズは元々は「歌謡グランドショー」のアシスタントオーディションで結成されたグループであった。NHKヒットステージ フレッシュアイペディアより)

  • 大いなる人

    大いなる人から見たキャンディーズキャンディーズ

    「大いなる人」の中で広く知られている曲はキャンディーズへの提供曲「アン・ドゥ・トロワ(ばいばいキャンディーズ)」ぐらいで、シングルカットされた「カンパリソーダとフライドポテト」をはじめ、どの曲も知名度は高くなく、コンサートで取り上げられることも少ない。大いなる人 フレッシュアイペディアより)

  • 失恋記念日

    失恋記念日から見たキャンディーズキャンディーズ

    作曲はシングルA面初起用となる穂口雄右。代表作に、キャンディーズの大ヒットナンバー「微笑がえし」(1978年)、「わな」(1977年)、「春一番」(1976年)などがある。失恋記念日 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の季節 (ずうとるびの曲)

    太陽の季節 (ずうとるびの曲)から見たキャンディーズキャンディーズ

    作詞は2枚目のシングル『恋のパピプペポ』から4作連続となった岡田冨美子、作曲はキャンディーズの楽曲で知られる穂口雄右。太陽の季節 (ずうとるびの曲) フレッシュアイペディアより)

  • プレイドライブ

    プレイドライブから見たキャンディーズキャンディーズ

    1975年4月号:キャシー中島、5月号:岡田奈々、6月号:高原ユキ、7月号:坂口良子、8月号:太田裕美、9月号:浅野ゆう子、10月号:石川さゆり、11月号:和田アキ子、12月号:伊藤咲子、1976年1月号:西川峰子(仁支川峰子)、2月号:アグネス・チャン、3月号:八代亜紀、4月号:リリーズ(ザ・リリーズ)、5月号:小川順子、6月号:アン・ルイス、7月号:天地真理、8月号:三木聖子、9月号:藤圭子、10月号:佐良直美、11月号:エバ(ゴールデンハーフ)、12月号:キャンディーズ、1977年1月号:石川さゆり、2月号:太田裕美、3月号:シェリー、4月号:林寛子、5月号:いけだひろこ、6月号:吉田まり、7月号:芦川よしみ、8月号:森昌子、9月号:荒木由美子、10月号:チェルシャ・チャン(チェルシア・チャン)、11月号:清水由起子(清水由貴子)、12月号:石原初音プレイドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 傷つく世代

    傷つく世代から見たキャンディーズキャンディーズ

    アイドル・グループのキャンディーズが、1973年12月5日に発売したデビュー・アルバム『あなたに夢中〜内気なキャンディーズ〜』(1973.12.5)で「傷つく世代」をカヴァーをしている。尚キャンディーズは歌手デビュー前、1972年大晦日の『第23回NHK紅白歌合戦』で南沙織のバック・ダンサーを務めたことがある。傷つく世代 フレッシュアイペディアより)

  • 志村ファミリー

    志村ファミリーから見たキャンディーズキャンディーズ

    なお、かつてかなりの頻度で共演していた沢田研二やキャンディーズなどは志村ファミリーではないが、沢田は2000年代より再び志村と共演する回数を増やしている。しかし、これは志村側から持ち掛けたものではなく沢田側からのオファーである。志村ファミリー フレッシュアイペディアより)

296件中 91 - 100件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード