339件中 71 - 80件表示
  • 蔵前国技館10,000人カーニバルVol.2 キャンディーズ・ライブ

    蔵前国技館10,000人カーニバルVol.2 キャンディーズ・ライブから見たキャンディーズキャンディーズ

    『蔵前国技館10,000人カーニバルVol.2 キャンディーズ・ライブ』(くらまえこくぎかん いちまんにんカーニバル ボリューム・ツー キャンディーズ・ライブ)は、1976年12月5日にリリースされた、キャンディーズ2作目のライブ・アルバムである。蔵前国技館10,000人カーニバルVol.2 キャンディーズ・ライブ フレッシュアイペディアより)

  • CANDIES BEATS

    CANDIES BEATSから見たキャンディーズキャンディーズ

    『CANDIES BEATS』は、1989年に発表された、日本の女性アイドルグループであるキャンディーズの楽曲を素材として制作したリミックス・アルバムである。『CANDY POP POSSE』 (キャンディー・ポップ・ポッシュ)名義で発表された。CANDIES BEATS フレッシュアイペディアより)

  • すすめ!!パイレーツ

    すすめ!!パイレーツから見たキャンディーズキャンディーズ

    また当時の世相風俗を反映したものも多く、登場キャラクターがキャンディーズやピンクレディ、石野真子といったアイドルの扮装をしたり、YMOやクラフトワークなどが、背景や、試合中継の場面で「実況のラルフです」などと出てきたりとかなり当時としてはコアなミュージシャンをモチーフに使うことも多い。この辺は作者である江口の趣味が色濃く反映されているものである。同時期に連載していた鴨川つばめの「マカロニほうれん荘」の扉絵デザインへの意識も見られる。すすめ!!パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 微笑がえし

    微笑がえしから見たキャンディーズキャンディーズ

    「微笑がえし」(ほほえみがえし)は、1978年2月にリリースされたキャンディーズの活動期間内ラスト・シングルである。微笑がえし フレッシュアイペディアより)

  • 長澤まさみSweet Hertz

    長澤まさみSweet Hertzから見たキャンディーズキャンディーズ

    「タイトル未定(仮)」時代のジングルには、capsuleの『RGB』(アルバム「phony phonic」より)や、キャンディーズの『暑中お見舞い申し上げます』の楽曲が使われていた。長澤まさみSweet Hertz フレッシュアイペディアより)

  • 夏歌2

    夏歌2から見たキャンディーズキャンディーズ

    歌: キャンディーズ、郵政省(現・JP日本郵便)“暑中見舞いはがき(現在は通称「かもめ〜る」)”CMソング。1977年のオリコン年間ヒットチャート第39位。夏歌2 フレッシュアイペディアより)

  • 尾身美詞

    尾身美詞から見たキャンディーズキャンディーズ

    尾身 美詞(おみ みのり、1984年5月30日 - )は、日本の女優。東京都出身。元キャンディーズの藤村美樹の娘。青年座所属。尾身美詞 フレッシュアイペディアより)

  • センパツ!

    センパツ!から見たキャンディーズキャンディーズ

    2011年4月30日(田中好子追悼特番『ありがとうスーちゃん、ありがとうキャンディーズ』。パーソナリティは吉田照美・吉田涙子アナ・伊東四朗)センパツ! フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たキャンディーズキャンディーズ

    2009年1月1日、午前に神戸、午後より東京で、ファーストステージ最後のライブイベント『謹賀新年!羞恥心新春歌謡ショー』を開催。「僕たちは普通のおバカに戻ります」と、キャンディーズ風の宣言で締められた。羞恥心単体のイベントはこれが最後となった。翌1月2日放送の『ヘキサゴンII』を「ファーストステージ最終章」とし、歌手活動を終了。同放送内で紳助より「解散ではないし、3人はこれからもヘキサゴンに出続ける」と改めて明言された。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • エイズ予防財団

    エイズ予防財団から見たキャンディーズキャンディーズ

    田中好子 - 女優で元アイドル「キャンディーズ」。1996年から財団・日本エイズストップ基金の協力委員を、2000年から2011年まで運営委員をつとめる。エイズ予防財団 フレッシュアイペディアより)

339件中 71 - 80件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード