296件中 81 - 90件表示
  • オールスタープロ野球12球団対抗歌合戦

    オールスタープロ野球12球団対抗歌合戦から見たキャンディーズキャンディーズ

    女装で登場するチームもよくある。第2回(1988年)のヤクルトスワローズチーム(ゴールデンハーフ「黄色いサクランボ」)、ロッテオリオンズチーム(キャンディーズ「年下の男の子」)など。ちなみにこの年のロッテチームは園川一美がヒゲ剃り跡がくっきり見えていたためそれを司会者に突っ込まれる一幕があった。オールスタープロ野球12球団対抗歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のドラマハウス

    夜のドラマハウスから見たキャンディーズキャンディーズ

    その気にさせないで(キャンディーズ)- 作:沢口義章、津川いずみ、田中のぶ、日野晴海、川村たすき夜のドラマハウス フレッシュアイペディアより)

  • 敬礼!さわやかさん

    敬礼!さわやかさんから見たキャンディーズキャンディーズ

    初春!花の五人娘 (1976年1月5日)キャンディーズ敬礼!さわやかさん フレッシュアイペディアより)

  • トライアングル (音楽グループ)

    トライアングル (音楽グループ)から見たキャンディーズキャンディーズ

    1977年、キャンディーズの解散表明後、「キャンディーズの妹分」としてキャンディーズJrという名前で結成されたが、熱狂的なキャンディーズファンの猛反発を受け、トライアングルに改名。トライアングル (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • デンセンマン

    デンセンマンから見たキャンディーズキャンディーズ

    ニューギニア(本人口上「遥かニューギニアの」を「パプアニューギニアの」と誤認される事が多い)の火力発電所から100万ボルトの送電線にのって日本にやって来た。全身白と黒の横縞模様で、表が黄色、裏地が赤いマント(雀が3羽留まっている)を身に着けている、側頭部には耳の代わりに2本の電柱を模した柱のようなものがあり、がいしとおぼしきパーツが左右に4個ずつ、計8個飛び出している。番組内のコーナー「キャンディーズの作法教室」に、伊東四朗扮する「ベンジャミン伊東」と、小松政夫扮する「小松与太八左衛門」(こまつよたはちざえもん)率いる電線軍団(若き日の清水アキラ、アパッチけん、アゴ&キンゾーらで構成されたザ・ハンダースら)とともに乱入するというスタイルで現れ、電線音頭(後述)を踊って立ち去る。「乱入」の体裁をとってはいるが、作法教室は単なる前フリである。キャラクターデザインは仮面ライダーの作者、石ノ森章太郎である。同じく石ノ森の手がけた超神ビビューンのマスク型を流用している為、本来デザインには無い凹モールドが顔の中央に入っている。但し、土台のマスクを提供したのみで、エキス・プロダクションが造形担当したわけではない。また、平成版は全くの新規造形である。ほぼ同デザインながら、初期は布製マスクの着ぐるみが使用されていた(ボディーやマントも異なる)。デンセンマンと小松はベンジャミン率いる「電線軍団」の一員という設定だが、具体的にいかなる目的で結成されたのかはまったくの謎。デンセンマンは後に単独コーナーに昇格し、スタジオを飛び出して各地でロケを行う「全国縦断編」などが行われた。デンセンマン フレッシュアイペディアより)

  • 第23回NHK紅白歌合戦

    第23回NHK紅白歌合戦から見たキャンディーズキャンディーズ

    バックダンサー「スクールメイツ」から誕生した3人組ユニット「キャンディーズ」がデビューした(デビューはこの年の春にNHKでスタートした『歌謡グランドショー』のマスコットガールとして、担当のプロデューサーが命名した。歌手デビューは翌年9月「あなたに夢中」、歌手としての紅白初出場は3年後の第26回「年下の男の子」)。第23回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST キャンディーズ

    GOLDEN☆BEST キャンディーズから見たキャンディーズキャンディーズ

    『GOLDEN☆BEST キャンディーズ』(ゴールデン☆ベスト キャンディーズ)は、キャンディーズのベストアルバム。2002年6月19日発売。発売元はソニー・ミュージックハウス。GOLDEN☆BEST キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • コーラス・グループ

    コーラス・グループから見たキャンディーズキャンディーズ

    1970年代以降のニューミュージック系のコーラスグループには、ハイ・ファイ・セット、サーカスらがいる。男女混声の彼らは広がりのある爽やかなハーモニーを基本に、テンションを多用したジャズコーラスの要素を加えているのが特徴。よりジャズ色が濃いアーティストにタイムファイブがいる。アイドルの分野ではキャンディーズが一世を風靡、ムード歌謡でも内山田洋とクール・ファイブらが活躍した。コーラス・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 微笑がえし

    微笑がえしから見たキャンディーズキャンディーズ

    「微笑がえし」(ほほえみがえし)は、1978年2月にリリースされたキャンディーズの事実上のラスト・シングルである。オリコンではキャンディーズにとって、最初で最後の1位を獲得した作品。微笑がえし フレッシュアイペディアより)

  • 早春譜 (アルバム)

    早春譜 (アルバム)から見たキャンディーズキャンディーズ

    『早春譜』(そうしゅんふ)は、1978年3月21日にリリースされた、キャンディーズ10枚目、そして最後のアルバムである。早春譜 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

296件中 81 - 90件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード