174件中 11 - 20件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た夏目雅子

    田中好子は、1980年に復帰後、女優として活動、その間、一時ソロで音楽活動も行いシングル「カボシャール」などをリリース。1991年(平成3年)に結婚(夫は夏目雅子の兄)。2011年(平成23年)4月21日に乳がんのため55歳で死去。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たおニャン子クラブ

    それまで日本の歌謡界では「3人組は当たらない」と言われていたが、それを覆した。また、今では当たり前になっている、センターポジションを曲によって入れ替えるということを、最初に行ったのもキャンディーズである。また、秋元康は田中好子の訃報に際し「キャンディーズがいなければおニャン子クラブやAKB48もなかった」とコメントしており、ある意味で女性アイドルグループの原点とも言える。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た藤村美樹

    藤村美樹(ミキ、1956年(昭和31年)1月15日 - )キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た坂崎幸之助

    THE ALFEEの坂崎幸之助はファイナルカーニバルの際の藤村美樹の衣装の制作を手伝っていた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た橋幸夫橋 幸夫

    1972年(昭和47年)12月31日: スクールメイツとして『第23回NHK紅白歌合戦』の舞台を踏み、多数のメンバーのうち3人は別の色の衣装を着て舞台中央で踊る。また橋幸夫が歌唱した『子連れ狼』でバックコーラスを務めた。(出場歴に数えず)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た山口百恵

    解散までの期間に全国をコンサートツアーした(「ありがとうカーニバル」)。これはいわゆる解散記念興行路線であり、これは後の山口百恵を始め、大物歌手やロックバンドの解散時に恒例のものになっていった(この形式での興行は1975年のザ・ピーナッツが最初と言われる)。リリースするレコードも、刻々と迫る解散を視野に入れた内容になっていった(「わな」はその例である)。この時、ずっとメインボーカルの機会がなかったミキに、1曲のみとはいえメインの座が与えられた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た石破茂

    世に倦む日日の田中宏和に拠れば1東京や大阪の都会出身の子はラン、東日本の田舎の子はスー、西日本の田舎の子はミキを支持するという法則があったという。鳥取一区選出の代議士、石破茂はそれに該当する。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たウルフルズウルフルズ

    ウルフルズ(「春一番」)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た渡辺美里

    渡辺美里(「春一番」、ミニアルバム「うたの木 seasons “春”」に収録)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たいきものがかり

    いきものがかり(「春一番」)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

174件中 11 - 20件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード