174件中 31 - 40件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たホリプロ

    活動人気当時、フジテレビの局内でメンバーが高級トンカツ弁当を食べていた所を和田アキ子に見られ、「一口頂戴」と言われた。和田自身も人気者ではあったが、所属事務所のホリプロが当時はまだ安給料であったため、当時の自分では食べる事が出来ない程の高級品であったため羨ましく、事務所間の格差に嫉妬したという。これに対し、当時から喧嘩っ早い事で有名だった和田の恐怖におびえ、メンバー全員は弁当ごとあげた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たクラシエホールディングス

    藤村美樹は、1983年(昭和58年)にソロ歌手として期間限定で復帰、カネボウ春のキャンペーンソング「夢・恋・人」(シングル、アルバムともに同名)を発表。マスコミにも取りあげられ、「ザ・ベストテン」に「今週のスポットライト」で出演、日本テレビ「ザ・トップテン」で10位にランクインしスマッシュ・ヒットとなった。間もなく結婚して以降芸能界の表舞台は出ていなかったが、2011年4月にスーの葬儀に出席、28年ぶりに公の場へ姿を現した。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た三洋電機

    三洋電機ブラックシャーシ/ズバコン《カラーテレビ》(1975/76年)、ひえひえ《エアコン》(1977年)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たザ・ピーナッツ

    解散までの期間に全国をコンサートツアーした(「ありがとうカーニバル」)。これはいわゆる解散記念興行路線であり、これは後の山口百恵を始め、大物歌手やロックバンドの解散時に恒例のものになっていった(この形式での興行は1975年のザ・ピーナッツが最初と言われる)。リリースするレコードも、刻々と迫る解散を視野に入れた内容になっていった(「わな」はその例である)。この時、ずっとメインボーカルの機会がなかったミキに、1曲のみとはいえメインの座が与えられた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た穂口雄右

    後に、それは誰からともなく「最高の状態で解散する」ことへと気運が高まり(後述の穂口雄右の証言によれば、その5年も前からレッスンの場で「一番いい時に解散しようね」と誓いあっていたという)、そのためには今まで獲得していなかったオリコンチャート1位をとることが最終目標となった(それまでの最高位は「春一番」「わな」の3位)。このような状況下で、事実上のラスト・シングル「微笑がえし」の作詞を担当した阿木燿子は、キャンディーズの集大成となるように、それまでのA面タイトル(春一番、わな、やさしい悪魔、アン・ドゥ・トロワなど)を各歌詞の随所にちりばめていた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た松下治夫

    三人それぞれのイメージに関しては、作家の山口瞳が週刊新潮誌上で連載していたエッセイ「男性自身」において「私はスーちゃんを妻にし、ランちゃんを恋人にし、ミキちゃんを秘書にしたい」と評していた。松下治夫の著書には「ランは気丈なタイプ、スーはおっとりしたタイプ」と書かれていた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た渡辺プロダクション

    キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。所属事務所は渡辺プロダクション。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫(元・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものであった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たあいざき進也あいざき 進也

    当初は「ロックンロールサーカス」の名前で、伊丹幸雄のバックバンドを務めていたが、あいざき進也のバックを努める際に「ビート・オブ・パワー」と名前を変え、その後編成を変えMMPとなった。大里マネージャーの意向により1975年8月の日劇ウエスタンカーニバルや10月の蔵前1万人カーニバルで一部サポートに起用される。ホーンセクションをフィーチャーしたロックバンドであるMMPは、当時流行していたソウルミュージックのカバーに力を発揮。またオリジナル曲に於いてもフルバンドでは生み出せないノリをもたらした。ライブに於ける、MMPオリジナル曲「SUPER CANDIES」で客席を煽り、「ハートのエースが出てこない」でキャンディーズが登場するメドレーは名物のひとつとなった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たSweetS

    SweetS(「暑中お見舞い申し上げます」)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た伊丹幸雄

    当初は「ロックンロールサーカス」の名前で、伊丹幸雄のバックバンドを務めていたが、あいざき進也のバックを努める際に「ビート・オブ・パワー」と名前を変え、その後編成を変えMMPとなった。大里マネージャーの意向により1975年8月の日劇ウエスタンカーニバルや10月の蔵前1万人カーニバルで一部サポートに起用される。ホーンセクションをフィーチャーしたロックバンドであるMMPは、当時流行していたソウルミュージックのカバーに力を発揮。またオリジナル曲に於いてもフルバンドでは生み出せないノリをもたらした。ライブに於ける、MMPオリジナル曲「SUPER CANDIES」で客席を煽り、「ハートのエースが出てこない」でキャンディーズが登場するメドレーは名物のひとつとなった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

174件中 31 - 40件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード