190件中 31 - 40件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た旭化成

    旭化成レオナ66(1974年・75年)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た新潮社

    野地秩嘉『芸能ビジネスを創った男-渡辺プロとその時代』新潮社、2006年キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た森永製菓

    森永製菓チョコフレーク(1976年)、チョコスナックトリオ(1976年)、ラブチャット(1976年)、チョコぼうし(1976年)、チョコモナカ(1977年)、森のどんぐり(1977年)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たテレビ朝日

    みごろ!たべごろ!笑いごろ! (テレビ朝日) - レギュラーキャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たパナソニック

    三洋電機(現・パナソニック)ブラックシャーシ / ズバコン《カラーテレビ》(1975年・76年)、ひえひえ《エアコン》(1977年)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たクラシエホールディングス

    藤村は、1983年(昭和58年)にソロ歌手として期間限定で復帰、カネボウ春のキャンペーンソング「夢・恋・人」(シングル、アルバムともに同名)を発表。マスコミにも取りあげられ、『ザ・ベストテン』に「今週のスポットライト」で出演、日本テレビ『ザ・トップテン』で10位にランクインしスマッシュ・ヒットとなった。間もなく結婚して以降芸能界の表舞台は出ていなかったが、2011年4月に田中の葬儀に出席、28年ぶりに公の場へ姿を現した。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た三洋電機

    三洋電機(現・パナソニック)ブラックシャーシ / ズバコン《カラーテレビ》(1975年・76年)、ひえひえ《エアコン》(1977年)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た大里洋吉

    1978年4月4日の『ファイナルカーニバル』から30年の時を経て、当時の代表的なファンであった全国キャンディーズ連盟の有志が、解散当時キャンディーズのマネージメントをしていた大里洋吉・現アミューズ相談役に協力を要請し、2008年4月4日に『全国キャンディーズ連盟2008大同窓会』と銘打って、約2000名の参加者の下、記念の地である後楽園球場の跡地に同年3月オープンしたJCB HALLにて、フィルムコンサートが開催された。その様子は、各マスコミにも取り上げられ話題となった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たザ・ピーナッツ

    同じ事務所に所属していた、双子のザ・ピーナッツから着用した舞台衣装をプレゼントされたことがある。その際、同じデザインのものをもう1着作成し、3人分揃えてくれた。感激したキャンディーズはその衣装を身に着けてステージに立ったことが幾度もある。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た穂口雄右

    後に、それは誰からともなく「最高の状態で解散する」ことへと気運が高まり(後述の穂口雄右の証言によれば、その5年も前からレッスンの場で「一番いい時に解散しようね」と誓いあっていたという)、そのためには今まで獲得していなかったオリコンチャート1位をとることが最終目標となった(それまでの最高位は「春一番」「わな」の3位)。このような状況下で、事実上のラスト・シングル「微笑がえし」の作詞を担当した阿木燿子は、キャンディーズの集大成となるように、それまでのA面タイトル(春一番、わな、やさしい悪魔、アン・ドゥ・トロワなど)を各歌詞の随所にちりばめていた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

190件中 31 - 40件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード