190件中 41 - 50件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た松下治夫

    3人それぞれのイメージに関しては、作家の山口瞳が『週刊新潮』誌上で連載していたエッセイ「男性自身」において「私はスーちゃんを妻にし、ランちゃんを恋人にし、ミキちゃんを秘書にしたい」と評していた。松下治夫の著書には「ランは気丈なタイプ、スーはおっとりしたタイプ」と書かれていた。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た渡辺プロダクション

    キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。所属事務所は渡辺プロダクション。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫(元・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものであった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た日本放送協会

    1972年(昭和47年)4月: NHK『歌謡グランドショー』のマスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)として「キャンディーズ」誕生キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たあいざき進也

    当初は「ロックンロールサーカス」の名前で、伊丹幸雄のバックバンドを務めていたが、あいざき進也のバックを努める際に「ビート・オブ・パワー」と名前を変え、その後編成を変えMMPとなった。大里マネージャーの意向により1975年8月の日劇ウエスタンカーニバルや10月の蔵前1万人カーニバルで一部サポートに起用される。ホーンセクションをフィーチャーしたロックバンドであるMMPは、当時流行していたソウルミュージックのカバーに力を発揮。またオリジナル曲に於いてもフルバンドでは生み出せないノリをもたらした。ライブに於ける、MMPオリジナル曲「SUPER CANDIES」で客席を煽り、「ハートのエースが出てこない」でキャンディーズが登場するメドレーは名物のひとつとなった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たSweetS

    SweetS(暑中お見舞い申し上げます)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た伊丹幸雄

    当初は「ロックンロールサーカス」の名前で、伊丹幸雄のバックバンドを務めていたが、あいざき進也のバックを努める際に「ビート・オブ・パワー」と名前を変え、その後編成を変えMMPとなった。大里マネージャーの意向により1975年8月の日劇ウエスタンカーニバルや10月の蔵前1万人カーニバルで一部サポートに起用される。ホーンセクションをフィーチャーしたロックバンドであるMMPは、当時流行していたソウルミュージックのカバーに力を発揮。またオリジナル曲に於いてもフルバンドでは生み出せないノリをもたらした。ライブに於ける、MMPオリジナル曲「SUPER CANDIES」で客席を煽り、「ハートのエースが出てこない」でキャンディーズが登場するメドレーは名物のひとつとなった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た林寛子 (タレント)

    林寛子(年下の男の子)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た富沢美智恵

    富沢美智恵、水谷優子、林原めぐみ(危い土曜日) - OVA『DELUXE ARIEL 接触編 THE BEGINNING』エンディングテーマキャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た水谷優子

    富沢美智恵、水谷優子、林原めぐみ(危い土曜日) - OVA『DELUXE ARIEL 接触編 THE BEGINNING』エンディングテーマキャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た栗林みえ

    栗林みえ(あなたのイエスタデイ)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

190件中 41 - 50件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード