190件中 81 - 90件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た東日本

    『世に倦む日日』の田中宏和に拠れば1東京や大阪の都会出身の子は伊藤、東日本の田舎の子は田中、西日本の田舎の子は藤村を支持するという法則があったという。鳥取一区選出の代議士、石破茂はそれに該当する。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た乳癌

    田中は、1980年に復帰後、主に女優として活動。その間一時ソロ歌手として、音楽活動も行いシングル「カボシャール」などをリリース。1991年(平成3年)に結婚(夫は夏目雅子の兄)。2011年(平成23年)4月21日に乳がんのため55歳で死去。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た西日本

    『世に倦む日日』の田中宏和に拠れば1東京や大阪の都会出身の子は伊藤、東日本の田舎の子は田中、西日本の田舎の子は藤村を支持するという法則があったという。鳥取一区選出の代議士、石破茂はそれに該当する。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たドラえもん

    ドラえもん』にキャンディーズそっくりのグループ「チョコレイツ」が登場したことがある(てんとう虫コミックス25巻、1981年初出)。「新聞日づけ変更ポスト」でチョコレイツの解散コンサートがを知ったのび太がスネ夫宅でテレビを見ると、前ページに小さく書かれた女性3人組及び、「とつぜんですが・・・ここでみなさんにおしらせがあります」というコマでテレビの枠に3人がそろっているのが唯一の人物描写で、次いで「わたしたち解散します」「ファンの皆さんにはすまないと思いますけど、わたしたち決心したんです」というセリフが書かれているがそれらはテレビを背中から描いているだけである。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た作曲家

    「春一番」「年下の男の子」「微笑がえし」等代表曲の作詞や作曲を担当した作曲家。元GSアウト・キャストのメンバー。16歳の時に、プロとしての活動を開始。その後日本大学芸術学部在学中に、作曲・編曲家の森岡賢一郎に抜擢され、19歳で最年少のスタジオミュージシャンとなり多くのレコーディングセッションに参加。23歳で作曲・編曲家に転向。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た女性

    キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。所属事務所は渡辺プロダクション。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫(元・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものであった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た田舎

    『世に倦む日日』の田中宏和に拠れば1東京や大阪の都会出身の子は伊藤、東日本の田舎の子は田中、西日本の田舎の子は藤村を支持するという法則があったという。鳥取一区選出の代議士、石破茂はそれに該当する。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見たキャラクター

    だが当時のマネージャーである諸岡義明が、3人の中で伊藤だけファン層が異なる(お姉さん的)ことを発見、諸岡の提案により、1975年(昭和50年)に発売した5枚目のシングル「年下の男の子」で方針を転換。「お姉さん」的キャラクターの伊藤をセンター・メインボーカルに据えて前面に出したところ、これが当たって初ヒットとなり、又オリコンでも初のベストテン入りを果たした。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た芸能事務所

    キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。所属事務所は渡辺プロダクション。多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫(元・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)のプロデュースによるものであった。キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た愛称

    伊藤蘭(愛称はラン、1955年(昭和30年)1月13日 - )キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

190件中 81 - 90件表示

「キャンディーズ」のニューストピックワード