前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
659件中 1 - 10件表示
  • ジャパンオフィスコンサルティング

    ジャパンオフィスコンサルティングから見たキヤノンキヤノン

    株式会社ジャパンオフィスコンサルティングはキヤノンマーケティングジャパン株式会社の正規一次代理店としてキヤノン製のオフィス機器を中心に取り扱っている。ジャパンオフィスコンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • TTL露出計

    TTL露出計から見たキヤノンキヤノン

    一眼レフカメラのピントグラスの上に位置するコンデンサーレンズに、中央を斜め45度に切ってハーフミラー加工し、再び貼り合わせたものを用い、コンデンサーレンズと同一平面状に受光部を置いて、コンデンサーレンズ内を屈折して入射してくる光を測る方式である。キヤノンFTなどキヤノンのカメラでのみ用いられた方法である。構造上、部分測光以外の測光分布にはできない。TTL露出計 フレッシュアイペディアより)

  • セイコーエプソン

    セイコーエプソンから見たキヤノンキヤノン

    主力事業であるプリンターの分野では、キヤノンと日本市場の覇権を争っている一方、世界シェアでは米ヒューレット・パッカード (HP) 社の後塵を拝する状況となっている。キヤノン、HPと同じく、プリンター本体を安価で供給し、インクカートリッジなど消耗品の販売で利益を得るビジネスモデル(消耗品ビジネス、レザー・アンド・ブレード・モデル)に大きく依存している。セイコーエプソン フレッシュアイペディアより)

  • 三栄産業 (カメラメーカー)

    三栄産業 (カメラメーカー)から見たキヤノンキヤノン

    1961年 - 業績悪化によりキヤノンに援助を求め、キヤノンのスライド映写機「スライドスター」などの生産委託を受けた。三栄産業 (カメラメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンITソリューションズ

    キヤノンITソリューションズから見たキヤノンキヤノン

    キヤノンITソリューションズ株式会社 (CANON IT SOLUTIONS INC.) は、キヤノングループのシステムインテグレーター(メーカー系)。株式会社アルゴ21とキヤノンシステムソリューションズ株式会社が2008年(平成20年)4月1日に合併して誕生した。東京・名古屋・大阪・甲府に拠点をもつほか、2009年(平成21年)に中国ソリューション事業推進室を設置し、海外事業の強化に乗り出している。キヤノンITソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • 35mmフルサイズ

    35mmフルサイズから見たキヤノンキヤノン

    半導体素子は、その面積が大きくなると、一枚のシリコンウエハーから取れる数量が少なくなったり、歩留まりが悪くなるため、35mmフルサイズのような大きな撮像素子はAPS-Cサイズのものに比べ高価である。2012年12月現在、35mmフルサイズの撮像素子を使用したデジタル一眼レフカメラ現行製品の最も実勢価格が安いものはキヤノンEOS 6DやニコンD600で、おおよそボディのみで17万円前後で販売されている。デジタルカメラとしての機能上の差異やメーカーの販売戦略の影響もあるため単純な価格比較はできないが、APS-Cサイズの撮像素子を搭載した機種は大幅に安くキヤノンEOS Kiss X50やニコンD3000が4万円前後で販売されている。35mmフルサイズ フレッシュアイペディアより)

  • NeXT

    NeXTから見たキヤノンキヤノン

    光磁気ディスク装置はキヤノンが製造したもので、主な記憶媒体としてコンピュータに採用したのは日本以外ではNeXTが初めてだった。ハードディスクよりも安価だが(特に未使用媒体は安価で、元々キヤノンが1枚当たり150ドルを得ることになっていたが、ジョブズは交渉でそれを50ドルに値引きした)、低速である(平均シーク時間は96ms)。設計上、MO装置は NeXT Computer には1つしかなく、システムをシャットダウンせずに媒体を取り出すことができないため、コンピュータ間でファイルをやり取りするにはネットワークを介するしかなかった。ストレージは初代の NeXT Computer にとっては弱点だった。光磁気ディスク媒体は比較的高価であり、フロッピーディスクドライブよりも高速だが性能と信頼性に問題を抱えていた。それは一次媒体としてNeXTSTEPを動作させるには容量的にも性能的にも不十分だった。NeXT フレッシュアイペディアより)

  • 写真レンズ

    写真レンズから見たキヤノンキヤノン

    レンズに光を通すと波長の違いによるスペクトル光が生じ、焦点のズレなどが生じる色収差が発生する。特に望遠、超望遠レンズでは焦点距離が長いため、色収差が顕著に現れる。従来の写真レンズは、屈折率やスペクトル光のずれ具合の異なる素材を使ったレンズの組み合わせによって色収差を2波長において補正するアクロマート (Achromat) と呼ばれるものであるが、蛍石レンズをレンズ構成の一部に組み込んだものは3波長にわたって補正したものでアポクロマート(apochromat)と呼ばれる。蛍石(フローライト、フッ化カルシウム)は通常のガラスと比較すると分散率が異常に低いため、色収差補正における設計自由度が向上し、全域にわたって色収差を補正しやすくなる。しかし蛍石は研磨が難しい、結晶であるため割れやすいなど難しい点がありコストアップ要因であるため、蛍石レンズを使用した民生用レンズを販売しているキヤノンでもごく一部でしか採用していない。近年では蛍石と似た性質を持つEDガラスを用いたEDレンズが開発され、高級製品から量産タイプまであらゆるレンズで用いられるようになっている。写真レンズ フレッシュアイペディアより)

  • レンズマウント

    レンズマウントから見たキヤノンキヤノン

    3?4箇所の爪部分がマウントとレンズ接合部につけられており、ボディ側の空いている箇所にレンズ側の爪を差し込み、そのままひねる事で装着が可能。脱着が容易なため、古くはコンタックスマウント、ライカMマウント、ニコンFマウント、新しいものではキヤノンEFマウントなどほとんどのカメラにおいてこの方式が採用されている。語源はソケット式の銃剣 (Bayonet ) を銃に装着する動作とレンズを装着する動作が酷似していることから来ている。レンズマウント フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜発明賞

    恩賜発明賞から見たキヤノンキヤノン

    平成17年度 キヤノンによる連続X線撮影装置用大画面センサーの発明に関連した技術者恩賜発明賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
659件中 1 - 10件表示

「キヤノン」のニューストピックワード