前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
808件中 1 - 10件表示
  • 東芝

    東芝から見たキヤノンキヤノン

    3月17日 - 東芝メディカルシステムズの全株式をキヤノンに売却。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • TTL露出計

    TTL露出計から見たキヤノンキヤノン

    一眼レフカメラのピントグラスの上に位置するコンデンサーレンズに、中央を斜め45度に切ってハーフミラー加工し、再び貼り合わせたものを用い、コンデンサーレンズと同一平面状に受光部を置いて、コンデンサーレンズ内を屈折して入射してくる光を測る方式である。キヤノンFTなどキヤノンのカメラでのみ用いられた方法である。構造上、部分測光以外の測光分布にはできない。TTL露出計 フレッシュアイペディアより)

  • 元木宏

    元木宏から見たキヤノンキヤノン

    ソニーのENGテレビカメラをよく使用していた。レンズはキヤノンのJ13にワイドコンバーターをよく組み合わせて使用するが、時々J8などのショートズームレンズも使用することがある。ほとんどが標準ズームレンズ+ワイコンのスタイルである。これはズームイン、超クローズアップを多用する独特のカメラワークを実現するためであり、もある。またそのことからフジノン製レンズを使用することはほとんどない。元木宏 フレッシュアイペディアより)

  • 三栄産業 (カメラメーカー)

    三栄産業 (カメラメーカー)から見たキヤノンキヤノン

    1961年 - 業績悪化によりキヤノンに援助を求め、キヤノンのスライド映写機「スライドスター」などの生産委託を受けた。三栄産業 (カメラメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • NeXT

    NeXTから見たキヤノンキヤノン

    光磁気ディスク装置はキヤノンが製造したもので、主な記憶媒体としてコンピュータに採用したのは日本以外ではNeXTが初めてだった。ハードディスクよりも安価だが(特に未使用媒体は安価で、元々キヤノンが1枚当たり150ドルを得ることになっていたが、ジョブズは交渉でそれを50ドルに値引きした)、低速である(平均シーク時間は96ms)。設計上、MO装置はNeXT Computerには1つしかなく、システムをシャットダウンせずに媒体を取り出すことができないため、コンピュータ間でファイルをやり取りするにはネットワークを介するしかなかった。ストレージは初代のNeXT Computerにとっては弱点だった。光磁気ディスク媒体は比較的高価であり、フロッピーディスクドライブよりも高速だが性能と信頼性に問題を抱えていた。それは一次媒体としてNeXTSTEPを動作させるには容量的にも性能的にも不十分だった。NeXT フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンITソリューションズ

    キヤノンITソリューションズから見たキヤノンキヤノン

    キヤノンITソリューションズ株式会社 (CANON IT SOLUTIONS INC.) は、キヤノングループのシステムインテグレーター。キヤノンシステムソリューションズ株式会社と株式会社アルゴ21が2008年(平成20年)4月1日に合併して誕生した。東京のほか、新川崎・西東京・大阪・名古屋・刈谷・宇都宮に事業所を持つ。2009年(平成21年)に中国ソリューション事業推進室を設置、2014年にタイのIT会社を傘下に加えるなど、海外事業の強化に乗り出している。なお、2010年4月1日にキヤノンマーケティングジャパンとの間に中間持株会社であるキヤノンMJアイティグループホールディングス株式会社が設立され、株主が移転されたが、2016年4月1日に、事業再編で再びキヤノンマーケティングジャパンに株主が移行した。キヤノンITソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • レンズマウント

    レンズマウントから見たキヤノンキヤノン

    3?4箇所の爪部分がマウントとレンズ接合部につけられており、ボディ側の空いている箇所にレンズ側の爪を差し込み、そのままひねる事で装着が可能。脱着が容易なため、古くはコンタックスマウント、ライカMマウント、ニコンFマウント、新しいものではキヤノンEFマウントなどほとんどのカメラにおいてこの方式が採用されている。語源はソケット式の銃剣 (Bayonet ) を銃に装着する動作とレンズを装着する動作が酷似していることから来ている。レンズマウント フレッシュアイペディアより)

  • 35mmフルサイズ

    35mmフルサイズから見たキヤノンキヤノン

    半導体素子は、その面積が大きくなると、一枚のシリコンウェハーから取れる数量が少なくなったり、歩留まりが悪くなるため、35mmフルサイズのような大きな撮像素子はAPS-Cサイズのものに比べ高価である。2014年9月現在、35mmフルサイズの撮像素子を使用したデジタル一眼レフカメラ現行製品の最も実勢価格が安いものはキヤノンEOS 6DやニコンD610で、おおよそボディのみで15万円前後で販売されている。デジタルカメラとしての機能上の差異やメーカーの販売戦略の影響もあるため単純な価格比較はできないが、APS-Cサイズの撮像素子を搭載した機種は大幅に安くキヤノンやニコンの一眼レフは5万円前後で販売されている。35mmフルサイズ フレッシュアイペディアより)

  • コンタックス

    コンタックスから見たキヤノンキヤノン

    キヤノン28mmF3.5(1950年代中盤発売) - キヤノン製。アタッチメントはφ40mmねじ込み。コンタックス フレッシュアイペディアより)

  • カラリオ

    カラリオから見たキヤノンキヤノン

    カラリオブランドの開始期より、人気タレントをCMに使って大胆に宣伝を行い、製品のヒットやブランドの認知に一役を買っていた。1997年頃迄はライバルのキヤノンのBJシリーズにはペンギンなど色彩鮮やかな動物や鳥類・風景の写真が主に使われていたのに対して、対照的な広告であった。カラリオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
808件中 1 - 10件表示

「キヤノン」のニューストピックワード

  • October 2018 Update