659件中 101 - 110件表示
  • 砂山角野

    砂山角野から見たキヤノンキヤノン

    1935年 - 精機光学(現キヤノン)の求めに応じニッコール50mmF3.5、ニッコール50mmF4.5を完成したがその直後脳内出血で倒れ、光学研究室主任に転出した。砂山角野 フレッシュアイペディアより)

  • 田中伸子

    田中伸子から見たキヤノンキヤノン

    キヤノン 『EOS Kiss デジタル』(2004年)- 渡辺貞夫と共演田中伸子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡嶋和幸

    岡嶋和幸から見たキヤノンキヤノン

    2009 - 2010年 「学校へ行こう! ミャンマー・インレー湖の子どもたち」(キヤノンギャラリー銀座・札幌・仙台)開催岡嶋和幸 フレッシュアイペディアより)

  • Palm Top PC 110

    Palm Top PC 110から見たキヤノンキヤノン

    他に、付属機器ではないが、PC110専用デジタルカメラが発売された。キヤノンのデジタルカメラカードCE300で、PCMCIA TypeIIのカードの外側に、スイバル式のレンズ部分が突き出るもので、カメラの方にはファインダーも液晶画面もなく、PC110のディスプレイに画像が出るようになっていた。画素子数は27万画素。マクロ撮影も可能だった。Palm Top PC 110 フレッシュアイペディアより)

  • EDガラス

    EDガラスから見たキヤノンキヤノン

    キヤノンはカタログなどにおいて、自社がレンズ材として使用している蛍石レンズの優位性を強調するため「UDレンズは2枚で蛍石レンズ1枚に相当する」と謳っている。EDガラス フレッシュアイペディアより)

  • 眞木準

    眞木準から見たキヤノンキヤノン

    1971年に博報堂に入社。同社の制作室クリエイティブチームに在籍し、全日空やサントリー、キヤノンなどの企業の広告コピーを12年に渡って書き続けた。眞木準 フレッシュアイペディアより)

  • 画像エンジン

    画像エンジンから見たキヤノンキヤノン

    キヤノン - 映像エンジンDIGIC画像エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 高島拓也

    高島拓也から見たキヤノンキヤノン

    2004年に明治大学演劇サークル『騒動舎』のメンバーとして俳優デビュー。その後、多数の連ドラ出演、舞台出演などを経て、2009年俳優活動を一時休止し、キヤノンマーケティングジャパンに入社。天性の明るさと面倒見の良さ、俳優という経歴を生かし、同期の中でも唯一一人のみが任される連絡部長に就任。高島拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 所幸則

    所幸則から見たキヤノンキヤノン

    大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。フリーのフォトグラファーとして、雑誌、広告、写真集など活動をはじめる。国内をはじめドイツ、イギリスのポスターも手がける。独特な世界観で世界的に高い評価を得る。作品では初期作品から天使や妖精のファンタジー作品を発表している。ナンバーの表紙では北澤豪、長嶋茂雄、イビチャ・オシム監督、ストイコビッチ、ボブ・サップ、スピードスケートの清水選手などが有名作。広告では、cartier 、コカ・コーラ、アラン・シルベスタイン、コシノミチコ、コシノヒロコ、 WEST(ドイツ)、HERB & SPICE COMPANY(ロンドン)、 フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日、四国デジタルツーカー、 パナソニック、 ナイキ、Canon、カシオ、PARCO劇場、、三菱電機、リーバイス、日本リーバ、を手がけているが、所幸則 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本スーザン

    岩本スーザンから見たキヤノンキヤノン

    マサチューセッツ大学卒。その後JET留学プログラムにより再来日し、埼玉県の学校の英語講師。1996年3度目の来日後、キヤノン人事部に就職。その後NHKのラジオ・テレビの英語教室番組のネーティブスピーカー講師として出演。また企業の異文化研修トレーナーとして英語を教えている。岩本スーザン フレッシュアイペディアより)

659件中 101 - 110件表示

「キヤノン」のニューストピックワード