808件中 11 - 20件表示
  • ヒューレット・パッカードのプリンター

    ヒューレット・パッカードのプリンターから見たキヤノンキヤノン

    HP製のレーザープリンターは、全機種においてプリントエンジンが他社製である。一部のモデルは筐体を含めてOEM供給を受けている。オフィス向けの中?高価格帯の製品ラインアップとなっている。プリントエンジン供給元は、以前はキヤノンのみであったが、現在は複数の企業から供給されている。ヒューレット・パッカードのプリンター フレッシュアイペディアより)

  • 尾道幸治

    尾道幸治から見たキヤノンキヤノン

    キヤノンのXL−H1などのカメラの開発などにも関わっており、そのカメラのテストレポートなどを雑誌やキヤノンの公式サイトなどに掲載されている。尾道幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎友也

    山崎友也から見たCanonキヤノン

    Canon EOS 60D (2011年9月 - )山崎友也 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックマジックデザイン

    ブラックマジックデザインから見たキヤノンキヤノン

    2012年の 「NAB Show」において、 キヤノンEFマウントを採用したBlackmagic Cinema Cameraが発表された。2.5K解像度のセンサーが内蔵されているため、13ストップのダイナミックレンジで1080pや2Kの出力が可能となった。ブラックマジックデザイン フレッシュアイペディアより)

  • ベル&ハウエル

    ベル&ハウエルから見たキヤノンキヤノン

    1961年、キヤノンとの提携開始、スチルカメラ、8mmカメラをてがけるベル&ハウエル フレッシュアイペディアより)

  • MONORAL

    MONORALから見たキヤノンキヤノン

    2005年には初のフル・アルバムとなる『Petrol』をリリース、フジ・ロック・フェスティバル'05に出演。Single『Visions in My Head』は中田英寿出演のキヤノン IXY DigitalのCMソングに。リリース後、Ebisu Liquid Roomで行われたワンマンライブは10分でSold Outとなった。MONORAL フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン絶景街道〜女流写真家が写す絶世の1枚〜

    ニッポン絶景街道〜女流写真家が写す絶世の1枚〜から見たキヤノンキヤノン

    Canon presents ニッポン絶景街道〜女流写真家が写す絶世の1枚〜』(ニッポンぜっけいかいどう〜じょりゅうしゃしんかがうつすぜっせいの1まい〜)は、BS朝日で2013年10月3日から2015年3月26日まで毎週木曜日22:00 - 22:54(JST)に放送されていた紀行・ドキュメンタリー番組。ニッポン絶景街道〜女流写真家が写す絶世の1枚〜 フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン・キャット

    キヤノン・キャットから見たキヤノンキヤノン

    キヤノン・キャット (Canon Cat) は、1987年7月にキヤノンから発売されたパーソナルコンピュータ。独自のインタフェースを持っていた。キヤノン・キャット フレッシュアイペディアより)

  • レンジファインダーカメラ

    レンジファインダーカメラから見たキヤノンキヤノン

    Lマウントライカは多数のコピー機が作られ、コピーライカと呼ばれる。コピーに当たって一番問題になったのは「距離計の2つの窓の間にファインダーを入れる」というライカが持っていた特許だったが、戦前精機光学(現キヤノン)は飛び出し式ファインダー、昭和光学精機(レオタックス)は基線長が短くなることを覚悟で距離計の外側にファインダーを持って来てライツの特許を回避した。また第二次世界大戦中ドイツからの輸入が止まり軍用カメラの必要性から各国で軍部が「特許を無視して製造せよ」と命じてアメリカのカードン、日本のニッポンカメラが作られた。戦後はドイツの特許が無効化されキヤノン、ニッカカメラ(後のヤシカ)、レオタックスカメラ、イギリスのリード&シギリスト(リード)などがこぞってライカを模倣し、互換機ないしはデッドコピーを作り続けて技術を磨き、さらには改良した機種を作り始めた。なお、こういったコピー機のブランド刻印等を削り取ってライカの刻印を偽装した偽物はフェイクライカと呼ばれている。レンジファインダーカメラ フレッシュアイペディアより)

  • 反射望遠レンズ

    反射望遠レンズから見たキヤノンキヤノン

    ドイツのアスカニアが製造した反射望遠カメラが1936年のベルリンオリンピックに使用されて有名になった。これのレンズは副鏡を交換して焦点距離600mmF4.5、900mmF6.3、1,200mmF8として使えた。アスカニアは600mmF2.5の反射望遠レンズを装着したカメラも作っている。アルミニウム硬質鏡がない時代であり反射面の耐久性のために裏面鏡を使用しているが、しかし後年キヤノン、オリンパス、ニコンといった日本各社が製造したレンズの原理は、このアスカニアの反射望遠レンズに類似している。反射望遠レンズ フレッシュアイペディアより)

808件中 11 - 20件表示

「キヤノン」のニューストピックワード