808件中 31 - 40件表示
  • キヤノンメディカルシステムズ

    キヤノンメディカルシステムズから見たキヤノンキヤノン

    キヤノンメディカルシステムズ株式会社は医療機器メーカーである。キヤノンの100%子会社。旧社名は東芝メディカルシステムズ株式会社。キヤノンメディカルシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 手ぶれ補正機構

    手ぶれ補正機構から見たキヤノンキヤノン

    技術的にはカメラの光学式の補正機構と同様であり、国内メーカーではキヤノンがスチルカメラの技術を応用した製品を出している。手ぶれ補正機構 フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たキヤノンキヤノン

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィ技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • コピーライカ

    コピーライカから見たキヤノンキヤノン

    日本では精機光学(現キヤノン)のハンザキヤノン、光学精機社(後のニッカカメラ)のニッポンカメラ、昭和光学精機(後のレオタックスカメラ)のレオタックス、米国ではプレミアのカードン等が知られる。これらは第二次世界大戦によりドイツからのライカの輸入が止まって軍用カメラの不足に困った各国軍部の命令で特許を無視、もしくは回避して製造された。コピーライカ フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬村晶

    小瀬村晶から見たキヤノンキヤノン

    CM音楽も数多く手掛けており、これまでに、au KDDI、IKEA、YKK AP、KFC、KINFOLK、BLENDY、NIKON、RADO、MISAWA HOME、TOSHIBA、SHARP、FUJITSU、CANON、NANO・UNIVERSEといった企業のCM音楽を担当している。また、2010年以来、全日空が提供する空港のラウンジルーム「ANA LOUNGE」の音楽を監修している。2015年には、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のTVCMに出演するなど、活動の幅を広げている。小瀬村晶 フレッシュアイペディアより)

  • オノデラユキ

    オノデラユキから見たキヤノンキヤノン

    東京都出身。桑沢デザイン研究所卒業。独学で写真を学び、1992年に第1回キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。1993年よりパリに拠点を移す。フランスで最も権威ある写真賞「ニエプス賞」を、日本人としては田原桂一以来2人目の受賞を果たしている。オノデラユキ フレッシュアイペディアより)

  • アムステルフェーン

    アムステルフェーンから見たキヤノンキヤノン

    KLMオランダ航空が本社を置くほか、キヤノンやクレハ等の日本企業現地法人も多く立地しており、ビジネスセンターの一面もある。アムステルフェーン市民のうち約11%が外国人であり、その中でも日本人が最も多い(約1700人)。アムステルフェーン フレッシュアイペディアより)

  • 写真レンズ

    写真レンズから見たキヤノンキヤノン

    超音波振動で駆動し、静穏かつ高速にオートフォーカスを可能にするモーター。カメラ用レンズとしてはキヤノンが世界に先駆けて搭載した。当初は高級レンズ群のみに限られていたが現在ではキヤノンレンズのほとんどに採用されており、ニコン、コンタックス、ミノルタ、ペンタックス、オリンパス、シグマの一部のレンズにも採用されている。また普及版など一部例外はあるもののフルタイムマニュアルフォーカス(後述)が可能である。写真レンズ フレッシュアイペディアより)

  • 偽装請負

    偽装請負から見たキヤノンキヤノン

    キヤノンの宇都宮工場や、子会社の大分キヤノンなどで偽装請負が発覚し、2005年に労働局から文書指導を受けた。キヤノングループでは、請負労働者が約15,000人居るとされ、2006年8月1日に偽装請負の完全解消を目指して「外部要員管理適正化委員会」を社内に設置し、派遣・請負労働者のうち数百人を正社員に採用すると報じられた。偽装請負 フレッシュアイペディアより)

  • オハラ (ガラスメーカー)

    オハラ (ガラスメーカー)から見たキヤノンキヤノン

    キヤノンはそれまで日本光学工業からレンズの供給を受けていたが、終戦に伴って日本光学工業が大量解雇した従業員の一部を雇用し、小原光学硝子からガラスの供給を受けることで、レンズの自社生産が可能になった。その後キヤノンは小原光学硝子に資本参加し、現在ではセイコーに次ぐ大株主となっている。オハラ (ガラスメーカー) フレッシュアイペディアより)

808件中 31 - 40件表示