659件中 31 - 40件表示
  • コピーライカ

    コピーライカから見たキヤノンキヤノン

    日本では精機光学(現キヤノン)のハンザキヤノン、光学精機社(後のニッカカメラ)のニッポンカメラ、昭和光学精機(後のレオタックスカメラ)のレオタックス、米国ではプレミア社のカードン、等が知られる。これらは第二次世界大戦によりドイツからのライカの輸入が止まって軍用カメラの不足に困った各国軍部の命令で特許を無視、もしくは回避して製造された。コピーライカ フレッシュアイペディアより)

  • アムステルフェーン

    アムステルフェーンから見たキヤノンキヤノン

    KLMオランダ航空が本社を置くほか、キヤノンやクレハ等の日本企業現地法人も多く立地しており、ビジネスセンターの一面もある。アムステルフェーン市民のうち約11%が外国人であり、その中でも日本人が最も多い(約1700人)。アムステルフェーン フレッシュアイペディアより)

  • オハラ (ガラスメーカー)

    オハラ (ガラスメーカー)から見たキヤノンキヤノン

    キヤノンはそれまで日本光学工業からレンズの供給を受けていたが、終戦に伴って日本光学工業が大量解雇した従業員の一部を雇用し、小原光学硝子からガラスの供給を受けることで、レンズの自社生産が可能になった。その後キヤノンは小原光学硝子に資本参加し、現在ではセイコーに次ぐ大株主となっている。オハラ (ガラスメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • インクジェットプリンター

    インクジェットプリンターから見たキヤノンキヤノン

    1960年代より実用的なオンデマンド型のインクジェットの研究が進められた。ピエゾ素子(圧電素子)を用いたピエゾ方式がはじめに考案され、セイコーエプソン社よりピエゾ方式のプリンターが商品化された。また1970年代にはサーマル方式も考案されヒューレット・パッカード(HP)社が1984年にThinkJetとして商品化、キヤノン社も1985年にBJ-80として商品化した。インクジェットプリンター フレッシュアイペディアより)

  • 野崎 萌香

    野崎萌香から見たキヤノンキヤノン

    2010年上半期までに、『キヤノン・デジタルコンパクトカメラ』(キヤノン)、『着ラブ』(ユニバーサルミュージック)、『MAQuillAGE・ファンデーション編』(資生堂)、『ゼクシィ』(リクルート)などのテレビコマーシャルや、「Sing for you」(May J.×MAY'S)、「close to you」(twill)、「君が僕にKissをした」(WaT)などのミュージックビデオに出演。『マキアージュ』のそれでは歌手のICONIQと共演。わけても5月からの出演となった『ゼクシィ』のそれは特に注目を集めるに至っている。野崎萌香 フレッシュアイペディアより)

  • レンジファインダー・カメラ

    レンジファインダー・カメラから見たキヤノンキヤノン

    Lマウントライカには多数のコピー商品が作られた。コピーに当たって一番問題になったのは「距離計の2つの窓の間にファインダーを入れる」というライカが持っていた特許だったが、戦前精機光学(現キヤノン)は飛び出し式ファインダー、昭和光学精機(レオタックス)は基線長が短くなることを覚悟で距離計の外側にファインダーを持って来てライツの特許を回避した。また第二次世界大戦中ドイツからの輸入が止まり軍用カメラの必要性から軍部が「特許を無視して製造せよ」と命じてアメリカのカードン、日本のニッポンカメラが作られた。戦後はドイツの特許が無効化されキヤノン、ニッカカメラ(後のヤシカ)、レオタックスカメラ、イギリスのリード&シギリスト(リード)などがこぞってライカを模倣し、互換機ないしはデッドコピーを作り続けて技術を磨き、さらには改良した機種を作り始めた。レンジファインダー・カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 写真フィルム

    写真フィルムから見たキヤノンキヤノン

    24mm×18mm判は「ハーフ判」と呼ばれることが多い。ハーフとは先に一般化したライカ判に対して半分という意味だが、映画フィルムの一般的なフォーマットに近く、「ライカ判がダブルフレームである」とも言える)。ハーフサイズカメラは、オリンパスペンシリーズのヒットで一時一般化しペトリハーフ、ミノルタレポ、コニカアイ、リコーオートハーフ、ヤシカハーフ、キヤノンデミ、フジカドライブ等の追随製品が出た。その後もコニカレコーダー、京セラサムライ等断続的に新製品が発売されていたがフィルムの低価格化に伴い廃れている。写真フィルム フレッシュアイペディアより)

  • アカデミー賞

    アカデミー賞から見たキヤノンキヤノン

    1972年(第45回) - キヤノンの向井二郎、広瀬隆昌が映画用マクロズームレンズの開発により科学技術賞を受賞。アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • DV

    DVから見たキヤノンキヤノン

    MiniDVについては、それまで広く用いられていた8ミリビデオ(Hi8)やVHS-C(S-VHS-C)などアナログ方式のビデオカメラと比較すると、より小型軽量化され、圧倒的に高画質である。そのためDV方式のカメラの登場とともに、家庭用ビデオカメラの市場は一気にDV方式へと移った。当時ビデオカメラを発売していたソニー・松下電器産業・日本ビクター・シャープ・キヤノン・日立製作所から発売されたほか、京セラなどカメラメーカーもOEMで参入した。DV フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たキヤノンキヤノン

    電気機械器具製造業(規模10億円以上)の営業利益率は1960年代の平均10%台から1990年代には平均3%台にまで低下、2001年度にはITバブル崩壊の煽りを受け-0.8%にまで一旦マイナスを記録したこともあり、長期的に低下傾向にある。また、大手電器メーカー10社の合計営業利益率においても、1980年度から2005年度までの25年間で低下している。1980年前半および円高不況後のバブル景気時代における合計営業利益率は6 - 8%を計上していたが、その後はずるずる低下し、2001年度にはマイナスの営業利益率となった。その後、V字回復をしたが、2005年度でも合計営業利益率は3%台に過ぎず、ローム、キヤノン、日本IBM、サムスン電子、ノキアと大きく差をつけられた。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

659件中 31 - 40件表示

「キヤノン」のニューストピックワード