808件中 51 - 60件表示
  • セイコーエプソン

    セイコーエプソンから見たキヤノンキヤノン

    1994年(平成6年)6月 - カラー印刷画質を飛躍的に向上させた「MJ-700V2C」を発売。30万台以上を出荷するベストセラー機となり、当時、国内のインクジェットプリンター市場でトップ・シェアを持っていたキヤノンの製品(「バブルジェット(BJ)シリーズ」)に追随し始める。セイコーエプソン フレッシュアイペディアより)

  • ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)

    ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)から見たキヤノンキヤノン

    旭光学工業はシステムのバヨネット式Kマウント化によって標準仕様としての開放測光を実現し、現在の一眼レフカメラの完成を見ることになる。そこで生まれた次なる課題は自動露出(自動露出を以降はAEと記述する)であった。すでにPSマウント機である『アサヒペンタックスES』で実装されていた「絞り優先式AE」が『アサヒペンタックスK2』にも採用され、当時は「シャッター速度優先式AE」と2種類の方向性があったAEを"写真を決めるのはレンズ"という考えのもとに旭光学は絞り優先式を選択している。ただし、KマウントにおいてはESのような複雑な連動機構を設けなくともAE化が可能であり、続くペンタックスMシリーズにおいては驚異的ともいえる小型軽量化を実現しつつ絞り優先AE専用機という大胆な仕様の『アサヒペンタックスME』を製品化している。やがてこの2種の方式は1977年に発売された『ミノルタXD』によって統合され、『キヤノンA-1』とともに「マルチモードAE」の時代に突入する。その間、旭光学工業は世界初のオートフォーカスカメラ製品である『ペンタックスME-F』を発売するものの商業的には失敗に終わってしまい、ペンタックスAシリーズにて再びマニュアルフォーカスカメラに回帰し業界の流れに追従し、他社よりやや遅れて完全自動露出(プログラムAE)を実現する。続くペンタックスPシリーズにおいては複数のプログラムAEを選択できる「マルチプログラムAE」を達成したものの『ミノルタα7000』とともに訪れたオートフォーカス時代の大波によってマニュアルフォーカスカメラにおけるAE化路線は大幅に縮小され、新たに生まれたオートフォーカス機シリーズであるペンタックスSFシリーズにたすきを渡すこととなった。ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種) フレッシュアイペディアより)

  • 電子辞書

    電子辞書から見たキヤノンキヤノン

    1980年代に入ると、1980年(昭和55年)4月にキヤノンが電子英単語「LA-1000」(英和1320語と日本語訳2180語を収録)を発売、1981年(昭和56年)10月にはカシオ計算機も電子英和辞典「TR-2000」(英単語・熟語を約2000語収録)を発売し、市場に参入した。しかし、一冊の辞書を完全収録するには、ICメモリの大容量化と低価格化を待たなければならなかった。電子辞書 フレッシュアイペディアより)

  • 表面伝導型電子放出素子ディスプレイ

    表面伝導型電子放出素子ディスプレイから見たキヤノンキヤノン

    1986年キヤノンが研究開発に着手、1999年に東芝と共同開発を始め2002年度の事業化を目指した。さらにキヤノンと東芝の両ブランドによるSEDの製品化を目指し2004年には両者で合弁会社を設立し、当初は2005年内の生産開始と2008年の北京オリンピック商戦へ向けての量産化を目指していた。キヤノンにとってテレビ事業への参入は悲願とされ、御手洗会長は「SEDに社運を賭ける」と強調していた。表面伝導型電子放出素子ディスプレイ フレッシュアイペディアより)

  • 永遠 (ZARDの曲)

    永遠 (ZARDの曲)から見たキヤノンキヤノン

    表題曲は、当時の流行語にもなった日本テレビ系ドラマ『失楽園』の主題歌。シングルCDジャケットの題字は、『失楽園』の作者である渡辺淳一が毛筆による直筆で記したものである。また、キヤノン「Eos kiss」CMソングにも起用されている(ただし、アレンジや歌詞が異なっている)。永遠 (ZARDの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たキヤノンキヤノン

    電気機械器具製造業(規模10億円以上)の営業利益率は1960年代の平均10%台から1990年代には平均3%台にまで低下、2001年度にはITバブル崩壊の煽りを受け-0.8%にまで一旦マイナスを記録したこともあり、長期的に低下傾向にある。また、大手電器メーカー10社の合計営業利益率においても、1980年度から2005年度までの25年間で低下している。1980年前半および円高不況後のバブル景気時代における合計営業利益率は6 - 8%を計上していたが、その後はずるずる低下し、2001年度にはマイナスの営業利益率となった。その後、V字回復をしたが、2005年度でも合計営業利益率は3%台に過ぎず、ローム、キヤノン、日本IBM、サムスン電子、ノキアと大きく差をつけられた。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮市

    宇都宮市から見たキヤノンキヤノン

    キヤノン、長府製作所、中外製薬、久光製薬、帝人デュポン、日本たばこ産業、カルビー、マルハニチロ、住友ベークライト、日本ペイントグループ、ミツトヨ、東京製鐵、日本山村硝子、東京応化工業、三菱電線工業、日圧電子部品、清原住電、宮島醤油、カルソニックカンセイ宇都宮、エムイーエムシー、マニーなど宇都宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 南武線

    南武線から見たキヤノンキヤノン

    沿線の川崎市中原区を中心とした一帯には、キヤノン・NEC・富士通・東芝などの電機・情報技術関連企業やその子会社の多くの工場、ミツトヨの本社、かながわサイエンスパーク (KSP) が立地している。近年では、川崎市の公報を中心に南武線を“ハイテクライン”と呼ぶこともあるが、定着にはいたっていない。また川崎競馬場・川崎競輪場(川崎駅)・京王閣競輪場(京王相模原線・京王多摩川駅)・多摩川競艇場(西武多摩川線・競艇場前駅。府中本町駅からは送迎バスあり)・東京競馬場(府中本町駅)・立川競輪場(立川駅)などの公営競技の施設も沿線に多く、東京競馬場の競馬開催日には競馬場利用客で混雑するため、臨時列車を運行することもある。南武線 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻本のん

    櫻本のんから見たキヤノンキヤノン

     2008 キヤノン フォトモデル櫻本のん フレッシュアイペディアより)

  • ミームの冒険

    ミームの冒険から見たキヤノンキヤノン

    第4回「今明かす!トヨタ・豊田喜一郎とキヤノン・御手洗毅の創業者秘話」(2006年11月12日)ミームの冒険 フレッシュアイペディアより)

808件中 51 - 60件表示

「キヤノン」のニューストピックワード