808件中 61 - 70件表示
  • CANO-AID

    CANO-AIDから見たキヤノンキヤノン

    CANO-AIDはCOBOLソース、JCL、データベース定義等を自動生成する開発支援ツールである。キヤノン株式会社において、メインフレームアプリケーションの開発生産性を向上させるため、本村昭二を中心としたプロジェクトによって開発された。CANO-AID フレッシュアイペディアより)

  • Edian

    Edianから見たキヤノンキヤノン

    Windows NT上で動作するシステムで、アプリケーション単体での販売は行われていない。住友金属システムソリューションズから販売されていたときはSMI EDIANという表記だったが、キヤノンによる会社買収のときにSMIを外し、大文字表記でなくなった。Edian フレッシュアイペディアより)

  • 團野博之

    團野博之から見たキヤノンキヤノン

    (Canon) IXY カウンターディスプレイ團野博之 フレッシュアイペディアより)

  • 林義勝

    林義勝から見たキヤノンキヤノン

    平成19年(2007年) 写真展 「 東海道 林忠彦 / 十六夜日記 林義勝 」を品川、キヤノンギャラリーS にて開催。林義勝 フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン IXY DIGITAL 800 IS

    キヤノン IXY DIGITAL 800 ISから見たキヤノンキヤノン

    IXY DIGITAL 800 ISは、キヤノンから発売されたIXY DIGITALシリーズのカメラ製品で、日本では2006年4月14日に発売された。キヤノン IXY DIGITAL 800 IS フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン IXY 310

    キヤノン IXY 310から見たキヤノンキヤノン

    Canon IXY 310はキヤノンが製造・販売したAPSカメラである。1997年9月発売。キヤノン IXY 310 フレッシュアイペディアより)

  • 茶谷薫重

    茶谷薫重から見たキヤノンキヤノン

    このシャッターの量産化を担当したコパルは、基本設計はそのままに、OEM供給がしやすいユニット構造とし、1960年(昭和35年)にコパルスケヤ(後にコパルスクエアと改名された)と命名してカメラメーカーに供給した。ニコン、マミヤ、コニカ、キヤノン、オリンパスなどの一眼レフカメラに採用され、性能・耐久性に優れたシャッターとして高い評価を得た。茶谷薫重 フレッシュアイペディアより)

  • プリズン・ガール

    プリズン・ガールから見たキヤノンキヤノン

    美術協力 - 西武学園医学技術専門学校、(株)ピアノ百貨、Canon、TOSHIBAプリズン・ガール フレッシュアイペディアより)

  • 電界放出ディスプレイ

    電界放出ディスプレイから見たキヤノンキヤノン

    1990年からアメリカのキャンディセントが開発を始めていた。2000年にソニーがキャンディセントと共同でFED開発を発表。同時にThinCRTという商品名で13インチの試作品を公開した。しかしやはりコスト面での技術克服が難しく、その後は提携は解消されている。2004年6月にキャンディセントは破産。特許を含め残資産はキヤノンが買収。電界放出ディスプレイ フレッシュアイペディアより)

  • アゼリン・デビソン

    アゼリン・デビソンから見たキヤノンキヤノン

    キヤノン - 「カメラダイレクト」のCM曲として、「Moonlight Shadow」が使用された。アゼリン・デビソン フレッシュアイペディアより)

808件中 61 - 70件表示

「キヤノン」のニューストピックワード

  • トップリーグ

  • はじめてプリントを楽しむワークショップ with Canon PIXUS XK80セミナー・体験会

  • PIXUS TS5030S