249件中 81 - 90件表示
  • キヤノン

    キヤノンから見た出没!アド街ック天国

    出没!アド街ック天国終了直後のヒッチハイク(テレビ東京系・2009年10月 - 12月)キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見たヘッドマウントディスプレイ

    光学コンポーネントを開発・製造・販売している。また、バーチャルリアリティ技術の一種である拡張現実/複合現実(:en:Mixed reality)を実現する機器(ヘッドマウントディスプレイ)やプラットフォームを開発している。キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見た宇都宮市

    宇都宮事業所(栃木県 宇都宮市キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見たぐるぐるナインティナイン

    ぐるぐるナインティナイン(一時期の提供)キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見たボクらの時代

    ボクらの時代(フジテレビ系、「金曜プレステージ」から移動・2009年4月 - 2011年12月)を参照。キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見た2009年

    2009年(平成21年 )- EFレンズ生産5,000万本を達成キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見たホテルアイビス六本木

    ライカが輸入され始めて間もない1932年、吉田五郎はライカII型を購入し、その模倣品を製作した。1933年10月に、それを持って義弟であった内田三郎の元を訪ね、ライカに匹敵する高級カメラ製造事業化を熱心に勧めたが、この時点で内田三郎は山一證券の外務員として、法人相手の大口証券取引を扱っておりカメラ製造には全く興味を示さなかった。しかし証券売買で知り合った鮎川義介の事業観「資源が少ない我が邦では、材料の原価に占める割合が少なく、例えば光学精密機械とか純度の高い化学工業が有望である」に接して一転カメラ製造を決意し、3年の研究期間を設定し1933年11月研究所を立ち上げた。この研究所がキヤノンのルーツで、吉田五郎の発案で「精機光学研究所」という名称が決められた。場所は吉田五郎が乃木坂の自宅から歩いて数分の場所であった東京市麻布区六本木町62番、2012年現在ホテルアイビス六本木が建っている場所に存在した新築洋風三階建ての「竹皮屋ビル」を見つけて来てその一角を借りた。竹皮屋とは、オーナーの家系が江戸時代から竹の皮で被り笠を編んでいたことに由来する。日本光学工業(現ニコン)から精度にうるさい金子富太郎、型削り盤を扱う油山が移り、また腕が悪くて困り者であった旋盤工の加藤が最初期の従業員であった。そのうち外装部品の調達や金銭管理が必要になり、内田三郎が山一證券から部下であった前田武男を連れて来た。キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見たテレビ大阪

    和風総本家(テレビ大阪制作・テレビ東京系)キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見たキヤノンオプトロン

    キヤノンオプトロン株式会社(光学結晶(カメラ用・天体用)、蒸着材料)キヤノン フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン

    キヤノンから見た半導体・製造装置メーカー売上高ランキング

    製造機器分野では、半導体露光装置(ステッパーなど)および液晶基板露光装置の開発・製造を手掛けており、キヤノンの半導体製造装置は世界の企業の 半導体・製造装置メーカー売上高ランキングで08年度は6位につけている。キヤノン フレッシュアイペディアより)

249件中 81 - 90件表示