前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
343件中 1 - 10件表示
  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たキュウリキュウリ

    旧本耶馬溪町:耶馬渓茶、夏秋きゅうり、生しいたけ、いちご、にら、そば加工品一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • ウリハムシ

    ウリハムシから見たキュウリキュウリ

    春から夏にかけて主にキュウリ等のウリ科植物に出現する。幼虫は根を食い荒らし、成虫は葉を食い荒らすので害虫となっている。防御策は手で捕獲して殺傷するか、農薬(有機リン系殺虫剤のマラソン乳剤など)を散布する。ウリハムシ フレッシュアイペディアより)

  • 木瓜紋

    木瓜紋から見たキュウリキュウリ

    また俗に木瓜(複数の読み方で複数の植物を指すが、この場合はキュウリ)を輪切りにした形だともいう。木瓜紋 フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ属

    キュウリ属から見たキュウリキュウリ

    キュウリ属(Cucumis)はウリ科のつる植物で、アフリカとアジアに分布する。キュウリ、メロン、ツノニガウリ、ニシインドコキュウリなどが含まれる。キュウリ属 フレッシュアイペディアより)

  • なかっぱ

    なかっぱから見たキュウリキュウリ

    好きな食べ物 - キュウリなかっぱ フレッシュアイペディアより)

  • 棒棒鶏

    棒棒鶏から見たキュウリキュウリ

    日本の四川料理店でも、昔から作られている中華料理である。日本ではクラゲやキュウリなど具を加えることもある。また、一般的に辛い料理ではない。これは麻婆豆腐や海老チリと同じように、陳建民が日本人向けに紹介した辛くないレシピが日本に広がったもので、日本独自の料理と言える。棒棒鶏 フレッシュアイペディアより)

  • スイカ

    スイカから見たキュウリキュウリ

    果実の外観は緑色に深い緑色の縦縞が入ったものが一般的であるが、薄緑色のものや黒に近い深緑色のものもある。同じウリ科の果菜類であるメロンは、主として甘く熟した果皮の部分を果肉として食べるが、スイカの果皮は内側の薄い層しか甘く熟せず、主に種子をつける胎座の部分を食用とする。果皮はキュウリを僅かに甘くしたような味だが、生のまま果皮まで食べることは少ない。スイカ フレッシュアイペディアより)

  • 切る (調理)

    切る (調理)から見たキュウリキュウリ

    細長い棒状の野菜をななめに薄く切り、切断面が楕円になるようにする。輪切りよりも切断面が大きくなるので、キュウリのサラダなどの際にはみずみずしさを強調できる。切る (調理) フレッシュアイペディアより)

  • 冷や汁

    冷や汁から見たキュウリキュウリ

    すりこぎですり混ぜながら、冷たくした出汁を注ぎ入れてのばす。仕上げに手でほぐした豆腐、輪切りの胡瓜、千切りの紫蘇、茗荷などを混ぜて良く冷やす。冷や汁 フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たキュウリキュウリ

    古代ギリシャ、ローマの時代にはすでに生野菜(主にキュウリやカボチャ)を食す習慣があり、「サラダ」の語源は調味料の「塩」を意味するラテン語の「サル」(sal)または「塩を加える」を意味する動詞「サラーレ」(salare)にあり、当時のサラダの原形が塩を振りかけて生野菜を食することにあったことをうかがわせる。当時の人びとにとって、生野菜は、腸の働きを整える「薬効」を持つ食材と捉えられていた。ローマの初代皇帝アウグストゥスは、病気にかかった際、レタスを食べて一命をとりとめた、という逸話も残されている。サラダ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
343件中 1 - 10件表示

「キュウリ」のニューストピックワード