480件中 11 - 20件表示
  • きゅうりメロン

    きゅうりメロンから見たキュウリキュウリ

    きゅうりメロン()は食べられる実をつけるつる植物の一種である。果実はブドウほどの大きさで、酸っぱい風味のあるキュウリのような味がする。英語名はmouse melon、Mexican sour gherkin、cucamelon、Mexican miniature watermelon、Mexican sour cucumber、pepquinosなどである。きゅうりメロン フレッシュアイペディアより)

  • なかっぱ

    なかっぱから見たキュウリキュウリ

    好きな食べ物 - キュウリなかっぱ フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニアロール

    カリフォルニアロールから見たキュウリキュウリ

    本場アメリカではカリフォルニア・ロールに本物のカニが使われることはほとんどなく、またマヨネーズが使用されることも極めて稀である。またアメリカでは、アボカドとともにキュウリが巻いてある場合も多い。ゴマは外側からまぶしてある場合が多く、ゴマの代わりにとびこを使う場合もある。また、海苔を使わないこともある。ちなみに発祥の店といわれる「東京會舘」では、カニ脚、アボカド、キュウリ、白ゴマを手巻き(海苔は外側)にしていた。カリフォルニアロール フレッシュアイペディアより)

  • ウリハムシ

    ウリハムシから見たキュウリキュウリ

    春から夏にかけて主にキュウリ等のウリ科植物に出現する。幼虫は根を食い荒らし、成虫は葉を食い荒らすので害虫となっている。防御策は手で捕獲して殺傷するか、農薬(有機リン系殺虫剤のマラソン乳剤など)を散布する。ウリハムシ フレッシュアイペディアより)

  • きゅうり加持

    きゅうり加持から見たきゅうりキュウリ

    きゅうり加持(きゅうりかじ、)はきゅうり加持祈祷会、きゅうり封じなどとも呼ばれ、盛夏、特に土用の丑の日ころにきゅうりにあやかって暑い夏を乗り切ろうとする祈祷儀式である。きゅうり加持 フレッシュアイペディアより)

  • くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

    くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンから見たキュウリキュウリ

    2008年7月1日の放送で、上田が親交のある長渕剛と食事に行ったエピソードを披露。上田が、そこで出されたキュウリを螺旋状に切った刺身のつけ合わせを食べるべきか迷っていたが、長渕が食べているのを見て会話の間に食べることにした。その際、長渕が「おぉ?、お前もこういうの食うのか。」と話した。それを聞いた有田が長渕の口真似で「おめぇは螺旋も食うのか」とギャグを挟んだ。ここから着想を得て開始されたコーナーである。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 鉄神ガンライザーヒーローズ

    鉄神ガンライザーヒーローズから見たキュウリキュウリ

    キュウリのもののけの戦闘員で、パッカー大佐を慕う忠実な部下たち。鉄神ガンライザーヒーローズ フレッシュアイペディアより)

  • クスクス

    クスクスから見たキュウリキュウリ

    タージーンは、肉や野菜を煮込んだ具沢山のスープである。フランス語ではブイヨン(bouillon)とも表現される。チュニジアでは、トマトペーストを入れて濃厚なトマト味に仕立てたタージーンが最も一般的である。モロッコ風のタージーンはトマトは控えめで、クミンやシナモン、サフランを中心としたあっさりした味付けである。その他の野菜としてニンジン、カブ、キュウリ、ズッキーニ、タマネギ、カボチャ、キャベツなどが多く用いられる。またソラマメやライマメ、グリーンピース、ヒヨコマメも用いられる。チュニジアではよくジャガイモが入る。パセリやコリアンダーなどのハーブを用いることもある。モロッコではレーズンやナツメヤシの実、アーモンドを入れたり、砂糖や蜂蜜で軽く甘みをつけることもあり、モワヤンアトラス山脈のベルベル人は、タージーンに牛乳やクリームを加えることもある。また、 蒸したクスクスの上にバターとドライフルーツをのせ、シナモンを振りかけた甘いクスクスが主菜とデザートの間に供されることがある。クスクス フレッシュアイペディアより)

  • ソリャンカ

    ソリャンカから見たキュウリキュウリ

    ソリャンカは、ボルシチと並び東欧を代表する料理であり、左岸ウクライナとスロボダ・ウクライナの農村に伝わるスープである。19世紀までは「セリャーンカ」と言った('')。料理の決め手となるキュウリの塩漬けの漬け汁を使うことから二日酔いに効くスープとして好まれた。ソリャンカ フレッシュアイペディアより)

  • 千住宿

    千住宿から見たキュウリキュウリ

    千住青物市場には問屋が集まった。『南足立郡誌』によると江戸時代には、千住市場は毎朝五穀、前栽物および川魚の市を開かれていた。問屋は米穀問屋を中心に、玄米を扱った黒米問屋、前栽問屋、川魚問屋があった。前栽問屋には蓮根慈姑問屋、芋類を専門とした土物問屋、菜類・胡瓜を専門とした葉柄問屋の三種類あった。蓮根慈姑問屋・土物問屋の農産物は千住宿周辺および埼玉地方を中心で、葉柄問屋の産物は中川沿岸より江戸川付近を主要産地であった。千住宿 フレッシュアイペディアより)

480件中 11 - 20件表示

「キュウリ」のニューストピックワード