480件中 21 - 30件表示
  • 河童

    河童から見たキュウリキュウリ

    好物はキュウリ、魚、果物。これにちなみ、キュウリを巻いた寿司のことを「カッパ巻き」と呼ぶ。キュウリを好むのは、河童が水神の零落した姿であり、キュウリは初なりの野菜として水神信仰の供え物に欠かせなかったことに由来するといわれる。河童 フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア料理

    マレーシア料理から見たキュウリキュウリ

    一般的な米料理には、ココナッツミルク、ニンニク、ニオイタコノキ(pandan)で蒸して独特の芳香をあたえ、揚げたカタクチイワシ科の雑魚(ikan bilis)、ピーナッツ、キュウリ、固ゆでした卵および辛いチリペーストであるサンバルとともに盛り付けるナシルマッ(nasi lemak)があり、朝食の定番となっている。による「サンバル」はやや辛い傾向があるが、ナシルマッに添えるマレーの「サンバル」はやや甘い傾向にある。マレーシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 福神漬

    福神漬から見たキュウリキュウリ

    福神漬(ふくじんづけ/ふくしんづけ)は、非発酵型の漬物の一種で、ダイコン、ナス、ナタマメ(鉈豆)、レンコン、キュウリ、シソの実、シイタケまたは白ゴマなどの7種の下漬けした野菜類を塩抜きして細かく刻み、醤油と砂糖やみりんで作った調味液で漬けたもの。「ふくじんづけ」と呼ばれる場合が多いが、「ふくしんづけ」と呼ぶ地方もある。福神漬 フレッシュアイペディアより)

  • ナシゴレン

    ナシゴレンから見たキュウリキュウリ

    皿に盛るときにたいてい、多めの油で片面焼きした目玉焼き、クルプック(エビ味などの揚げせんべい)、生のキュウリとトマトが添えられる。また別の小皿もしくは同じ皿に、好みで味を調整するための少量のサンバルが用意される。ただし現地の露店(ワルンなど)の場合目玉焼きなどは付かず、これらが付いたものは「nasi goreng istimewa」や「nasi goreng special」(特別ナシゴレン)として区別されることが多い。逆にホテルのレストランなどでは、サテまで付いてくることがある。ナシゴレン フレッシュアイペディアより)

  • スイカ

    スイカから見たキュウリキュウリ

    果実の外観は緑色の玉に深緑色の縦縞が入ったものが一般的であるが、薄緑色のものや黒に近い深緑色のものもある。玉形の他に楕円形の品種もあり欧米では楕円形が主に流通している。同じウリ科の果菜類であるメロンは、主として甘く熟した果皮の部分を果肉として食べるが、スイカの果皮は内側の薄い層しか甘く熟せず、主に種子をつける胎座の部分を食用とする。果皮はキュウリを僅かに甘くしたような味だが、生のまま果皮まで食べることは少ない。スイカ フレッシュアイペディアより)

  • 北京ダック

    北京ダックから見たキュウリキュウリ

    炉(窯)の中でアヒルをパリパリに焼き、皮を削ぎ切りにし、小麦粉を焼いて作った「薄餅」(バオビン、báob?ng)または「荷葉餅」(ホーイエビン、héyèb?ng)と呼ばれる皮に、ネギ、キュウリや甜麺醤と共に包んで食べる料理である。皮だけを薄く削ぐ店と、ある程度肉も付けて切る店がある。北京ダック フレッシュアイペディアより)

  • キュウリパック

    キュウリパックから見たキュウリキュウリ

    キュウリパック フレッシュアイペディアより)

  • きゅうりパック

    きゅうりパックから見たキュウリキュウリ

    きゅうりパック フレッシュアイペディアより)

  • 塩揉み

    塩揉みから見たきゅうりキュウリ

    食材を揉み込むことによって、余分な水分を取りだし、さらにその水分を搾ることにより脱水できる。 魚介類などは軽く揉むことで、ぬめりや臭みをとることができる。他に塩揉みにする素材として、キャベツ、きゅうりなどがある。塩揉み フレッシュアイペディアより)

  • たまり漬け

    たまり漬けから見たキュウリキュウリ

    保存性を高めるためラッキョウ、大根、キュウリ、ナスなどの野菜を先ず塩漬けにする。この塩漬けには、その野菜本来の味や香りを濃縮して保ち、歯ごたえを向上させるという二次的な効果もある。たまり漬け フレッシュアイペディアより)

480件中 21 - 30件表示

「キュウリ」のニューストピックワード