480件中 31 - 40件表示
  • 低温障害

    低温障害から見たキュウリキュウリ

    低温障害を招きやすい野菜:トマト、なす、きゅうり、さやいんげん、さつまいも低温障害 フレッシュアイペディアより)

  • アルファルファタコゾウムシ

    アルファルファタコゾウムシから見たキュウリキュウリ

    牧草以外にも、同じマメ科のレンゲの葉や花を食害するため、2002年には埼玉県と栃木県のレンゲ祭り会場で大量発生して花が咲かない事態となった。ちなみに、千葉県や群馬県のレンゲ祭り会場では、祭り後にレンゲを刈取ったことで結果的に繁殖を抑制することになり異常発生が起こらなかった。また、マメ科ではないキュウリ、メロン、ナス、タマネギといった農作物への食害も報告されている。アルファルファタコゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • かっぱめし

    かっぱめしから見たキュウリキュウリ

    河口湖周辺に数多く伝わるかっぱの伝説にちなんだ名物料理として富士河口湖名物開発委員会が開発した。ご飯に浅漬けキュウリ、長芋(もしくは大和芋)、刻みのり、ゴマのすべてが使われている丼飯と定義づけされている。かっぱめし フレッシュアイペディアより)

  • きゅうり

    きゅうりから見たキュウリキュウリ

    きゅうり フレッシュアイペディアより)

  • ルホヴィツィ

    ルホヴィツィから見たキュウリキュウリ

    町の主な産業には機械工業、建材工業、食品工業、繊維工業などがある。軍用機の製造と試験のための大きな軍用空港もある。近郊は農村地帯で、砂、粘土、石灰岩などの採取・発掘も行われている。古くからモスクワなどへ野菜を供給していたこの地方の名産品はキュウリで、2007年の市制50周年記念には市内にキュウリの記念碑も建てられた。ルホヴィツィ フレッシュアイペディアより)

  • シルバーリーフコナジラミ

    シルバーリーフコナジラミから見たキュウリキュウリ

    トマト、カボチャ、メロン、イチゴ、キュウリ、ピーマンなど多くの植物に寄生する。シルバーリーフコナジラミ フレッシュアイペディアより)

  • フィラデルフィアロール

    フィラデルフィアロールから見たきゅうりキュウリ

    きゅうり(またはアボカド)、ネギ(または玉ネギ)などを加える場合もある。フィラデルフィアロール フレッシュアイペディアより)

  • 作型

    作型から見たキュウリキュウリ

    果菜類の大部分(トマト、キュウリ、スイカ、オクラ、エダマメ他)、および葉菜類の一部(シソ、ニラ等)がこの分類型に属する。果菜類の多くは温度適応性の幅が狭く(これは不良環境下で枯死しやすいだけでなく、枯死しないまでも収穫部位である果実の発育が不可能などを含んでいる)、温度を中心とする環境調節技術によって作型を分化させている。基本形は以下のように分類される。作型 フレッシュアイペディアより)

  • グラスホッパー (カクテル)

    グラスホッパー (カクテル)から見たキュウリキュウリ

    旧来の作り方、すなわち、プース・カフェ・スタイルのグラスホッパーには、似たカクテルとしてキューカンバー(Cucumber)というものがある。具体的には、旧来の作り方のグラスホッパーからホワイト・カカオ・リキュールを抜いたものであり、2層になっているカクテルをキューカンバーと呼ぶ。なお、カクテル名のキューカンバーとは、「キュウリ」のこと。フロート・スタイルのカクテルであり、キュウリの断面のように緑と白に分かれている。グラスホッパー (カクテル) フレッシュアイペディアより)

  • フハイカビ

    フハイカビから見たキュウリキュウリ

    特に、P. aphanidermatum が宿主範囲の広い種として知られている。世界的に分布し、キュウリ、カボチャ、トマト、ナス、ホウレンソウ、インゲンマメ、テンサイなどに病害を引き起こす。この種は生育適温が35-40℃と高く。、被害も気温の高い時期に多い。フハイカビ フレッシュアイペディアより)

480件中 31 - 40件表示

「キュウリ」のニューストピックワード