480件中 41 - 50件表示
  • 国府町芝原

    国府町芝原から見たキュウリキュウリ

    徳島市の北西部に位置。吉野川の氾濫原地帯に位置し、北は国府町佐野塚・国府町西黒田と接し、南東から東は飯尾川で限られる。水稲作と酪農、ホウレンソウ・キュウリ・ナス・トマトなど蔬菜の促成栽培の複合経営を行う純農村地帯。国府町芝原 フレッシュアイペディアより)

  • ペピーノ

    ペピーノから見たキュウリキュウリ

    原産地エクアドルの公用語であるスペイン語ではペピーノのことをペピーノ・ドゥルセ(pepino dulce)といい、「ペピーノ」は「キュウリ」、「ドゥルセ」は「甘い」という意味である。また、英語では、melon pear, pear melon, melonshrub, sweet cucumberとも呼ばれる。いずれも、ペピーノの味や香りがキュウリやメロン、ナシに似ていることから名づけられた。ペピーノ フレッシュアイペディアより)

  • 東淵江

    東淵江から見たキュウリキュウリ

    東淵江の地勢は利根川・隅田川の自然堤防と、その後背湿地から形成されている。そのため、田はすべて荒木田とよばれる真土で構成されていた。上述のように東淵江一帯は極めて水利条件が悪く、水を引き込むのは楽でも、その水を排水するのは困難であった。そこで東淵江では、畑作の野菜栽培に力を注いだ。1922年(大正元年)の農業生産額のうち、実に77.5%が蔬菜類であることからも、東淵江の東京近郊農業の特徴が読み取れる。主な販売用蔬菜生産品は漬菜、ねぎ、なす、きゅうり、かぶら、しろうり、ジャガイモ、大根、小豆、里芋、大豆、枝豆、馬鈴薯、蓮根、みつばせり、青菜、小松菜など、25種類を栽培していた。生産された作物はリヤカーや大八車で千住市場へ運ばれた。東淵江 フレッシュアイペディアより)

  • 南極1号

    南極1号から見たキュウリキュウリ

    キュウリの亜種のひとつ。株式会社ときわ研究所で育成された。日本の代表的なキュウリとして全国的に栽培され、市場に出回っている。南極1号 フレッシュアイペディアより)

  • 連作

    連作から見たキュウリキュウリ

    病害虫の繁殖を防ぐために特定の作物を対象作物の傍らで育てて連作障害を回避する方法もあり、この場合に傍らに植える植物をコンパニオンプランツという。例えば、春ダイコンの場合にはネグサレセンチュウによる被害を防ぐためにアフリカマリーゴールドを植えたり、キュウリの場合には蔓割病を防ぐために葉ネギをコンパニオンプランツとして植えたりする。連作 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県農業大学校

    三重県農業大学校から見たキュウリキュウリ

    トマト、キュウリ、イチゴ、露地野菜等の栽培を中心に実践的な技術を習得する三重県農業大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2-ノネナール

    2-ノネナールから見たキュウリキュウリ

    2-ノネナール(2-Nonenal)は、不飽和アルデヒドの一種であり、油臭くて青臭いニオイを有する。熟成したビールとソバの重要な芳香成分であり、オリス(ニオイアヤメ)、脂肪そしてキュウリの知覚概念である。資生堂リサーチセンターの土師信一郎らによってヒトの体臭中にも存在することが見出され、加齢臭との関連が研究されている。2-ノネナール フレッシュアイペディアより)

  • テトラデカナール

    テトラデカナールから見たキュウリキュウリ

    テトラデカナール()は、脂肪族アルデヒドの一種である。融点は常温に近い23℃で、それ以下では白色ないし薄い黄色の粉末または結晶、融点以上では脂肪臭、シトラス香を持つ無色の液体である。天然にはトリデカナール同様、コリアンダーの精油やキュウリに微量に含まれる。テトラデカナール フレッシュアイペディアより)

  • ヨトウガ

    ヨトウガから見たキュウリキュウリ

    非常に広食性で、イネ科以外のほとんどの植物を食害する。ヨトウガの幼虫による大きな被害が知られている作物には、アブラナ科(キャベツ、ハクサイ、ダイコン)、マメ科(エンドウ)、アカザ科(テンサイ、ホウレンソウ)、キク科(レタス、ゴボウ)、ナス科(ジャガイモ、ナス、ピーマン、トマト、タバコ)、ユリ科(ネギ)、ウリ科(キュウリ)、セリ科(ニンジン)、バラ科(イチゴ)などが挙げられる。ヨトウガ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリエソ

    キュウリエソから見たキュウリキュウリ

    一般的には食用にされない。鮮魚からはキュウリのような臭いがする。キュウリエソ フレッシュアイペディアより)

480件中 41 - 50件表示

「キュウリ」のニューストピックワード