480件中 51 - 60件表示
  • アシヒダナメクジ

    アシヒダナメクジから見たキュウリキュウリ

    植食性で、農業害虫としても知られ、特にオーストラリアで著名である。加害される植物としてはトマト、キュウリ、ホウレンソウなどがある。アシヒダナメクジ フレッシュアイペディアより)

  • 柏井町 (市川市)

    柏井町 (市川市)から見たキュウリキュウリ

    森本(1993)によれば、市川市は不耕作農地率が関東地方の大都市周辺部では高いが、集約的な農業的土地利用がなされている地域である。柏井町四丁目に関しては、北部が標高6〜7mの沖積低地、南部は3層の段丘から成る洪積台地で、最も高い段丘の標高は24〜25mという地形条件である。1970年代から脱農化・兼業化が進み、畑や田の面積が減り、全耕地面積に占める果樹園の比率が増加した。これは野菜の露地栽培と稲作を組み合わせる生産形態が、施設園芸と果樹栽培に移行したことによるもので、1990年にはイネの作付は0となった(1960年代後半から1970年代前半に河川の水質が悪化、1973年(昭和48年)9月に柏井町三丁目でコメからカドミウムが検出されたことが背景にある)。ここで栽培されているものは、キュウリ・トマト・ネギ・ダイコン・ナシ(幸水・豊水)などである。柏井町 (市川市) フレッシュアイペディアより)

  • 物忌み

    物忌みから見たキュウリキュウリ

    民間においても、同様の作法が行われていた。祭りの関係者は祭りの前一定期間は歌を歌わない、肉食をしない、下肥を扱わない、などという習慣が行われていた。また、地域によりキュウリ、ゴマなどの摂取を禁止する例もある。物忌み フレッシュアイペディアより)

  • キューカンバー

    キューカンバーから見たキュウリキュウリ

    キューカンバー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーム (果実)

    ブルーム (果実)から見たキュウリキュウリ

    キュウリなどはこのブルームが農薬のように見えて嫌われることから、ブルームが出ないものが作られている。ブルーム (果実) フレッシュアイペディアより)

  • ウリミバエ

    ウリミバエから見たキュウリキュウリ

    体長7-8mm。孵化してから20?30日ほどで成虫になり、10日ほどで交尾を行い、メスは腹の先にある産卵管を果実に突き刺し、果実の中に卵を産み付ける。一生(2?3ヶ月)で1000個以上の卵を産むといわれている。その名のとおりスイカやキュウリなどのウリ類を食べるが、ほかにもトマトやピーマン、パパイヤといったさまざまな植物へ加害する。野生植物も宿主とし、沖縄ではオキナワスズメウリがよく宿主となる。ウリミバエ フレッシュアイペディアより)

  • ルリジサ

    ルリジサから見たキュウリキュウリ

    ルリジサの花はスープやサラダの付け合わせに用いられる。新鮮なルリジサはキュウリに似た風味を持ち、セージやパセリ、ミントと共にサラダの主要な素材の一つとして重宝した。治療にも用いられ、バンクスの本草書には腫瘍を消滅させる効果があると記載されている。ルリジサ フレッシュアイペディアより)

  • ワタアブラムシ

    ワタアブラムシから見たキュウリキュウリ

    奇主植物はキュウリ、ジャガイモ、ナス、ワタなど。ワタアブラムシ フレッシュアイペディアより)

  • 国府町東黒田

    国府町東黒田から見たキュウリキュウリ

    昭和7年頃より酪農が盛んとなり、県下でも有数の水田・酪農地帯で、ホウレンソウとトマト・キュウリ・ナスの促成栽培と水稲作を組み合わせた複合経営の農業がみられる。国府町東黒田 フレッシュアイペディアより)

  • ウースター家の掟

    ウースター家の掟から見たキュウリキュウリ

    バーティーが彼の魚顔をしたイモリ愛好家の友人ガッシー・フィンク=ノトルのせいで吐いてしまった昨晩の独身パーティーから回復するところから物語は始まる。まだ回復途中の間、彼は、彼の幾分愛されているダリア叔母さんの前に呼ばれ、彼女に奇妙な骨董品店へ行き、「牛型クリーマーをけなしなさい」と指示された。これは、骨董品の銀細工がダリアの収集家の夫トム・トラヴァースにより購入される前に、店のオーナーの自信を喪失させる努力である。店にいる間、バーティーはサー・ワトキン(また別の銀細工収集家)とスポード(おばのサー・ワトキンは結婚を計画している)とともに彼の最初の追い込みをした。バーティーはこの過酷な試練を比較的無傷で逃れたが、後で分かったのは、ロブスターと冷たいキュウリを巻き込んだ秘密の不正行為を通じて、サー・ワトキンはトム叔父さんの代わりにクリーマー所持を獲得し、トトレイ・タワーズに持って行ったということだ。バーティーは既にそこへ向かっていた。ガッシーとサー・ワトキンの疲れ果て過度に感傷的な娘マデライン・バセットの突然の婚約解消を取り繕う大慌ての試みへと。しかし今彼は追加して出来そうにない課題をダリア叔母さんにあてがわれている。スポードと地元の巡査の2人により守られている牛型クリーマーの奪取である。サー・ワトキンが後見人を務めるアナーキーな若いスティッフイー・ビングのトトレイ・タワーズの存在により、彼の状況は唯さらに複雑化した。スティッフイーはバーティーに地元の副牧師と結婚をする彼女の計画を披露した。その相手は"スティンカー" ピンカーというバーティーのまた別の古い友人である。ガッシーのしっかりした革表紙のノート、その中で彼はサー・ワトキンとスポードの多くの短所について愛情を込め広範囲にわたり詳しく述べ、また牛型クリーマーは地元のコミュニティのあたりを自由に歩き回るガッシーの所有を免れた。ウースター家の掟 フレッシュアイペディアより)

480件中 51 - 60件表示

「キュウリ」のニューストピックワード