480件中 81 - 90件表示
  • 藍蘭島

    藍蘭島から見たきゅうりキュウリ

    すぐ横に、遠野さん用のきゅうり畑が作られている。藍蘭島 フレッシュアイペディアより)

  • モチェ文化

    モチェ文化から見たキュウリキュウリ

    モチェの人々は、灌漑農業を行っていて数キロメートルにわたる運河が建設されることも珍しくなく、ラ・クンブレの運河と呼ばれるものは、110km以上にも達した。また数百立方メートルにも及ぶ貯水槽なども造られた。栽培された植物は、とうもろこし、豆、ピーナッツ、ジャガイモおよびチューニョ(乾燥ジャガイモ)、唐辛子、タピオカの甘い種類、ヒョウタン、キュウリなどであり、多くは、土器にもかたどられている。また、とうもろこしからつくられるチチャ酒も造られていた。漁業、狩猟、採集、交易も行われ、狩猟の様子は土器にも描かれた。家畜のモルモットやアヒルが食糧だったこと、葦舟で漁を行ったことなどが知られている。モチェ文化 フレッシュアイペディアより)

  • 南彩農業協同組合

    南彩農業協同組合から見た胡瓜キュウリ

    久喜-米、梨、蕎麦、麦、苺、胡瓜南彩農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • グリークサラダ

    グリークサラダから見たキュウリキュウリ

    トマト、キュウリ、ピーマン、赤たまねぎ、スライスおよびキューブ状のフェタチーズ、そしてカラマタのオリーブオイルから作られ、通常塩コショウ、およびドライオレガノで味付けされ、最後にオリーブ油でドレッシングされる。一般的なトッピングは、葉のピクルス、ドデカネス諸島産のケイパーの芽や実、酢、レモン汁、およびぶつ切りにされたパセリである。グリークサラダ フレッシュアイペディアより)

  • ハムサラダ

    ハムサラダから見たキュウリキュウリ

    ハムサラダは、ミンチ、角切りまたは挽いたハムとマヨネーズまたは他のドレッシング、角切りのピクルスまたはレリッシュから作られる。みじん切りにした生のセロリやタマネギが加えられることもある。生のキュウリ、ニンジン、チェリーペッパー、スイートコーン、トマトが加えられることもある。他に刻んだゆで卵やチーズ、マメ、茹でたジャガイモを用いることもある。冷やして供される。ハムサラダ フレッシュアイペディアより)

  • トランス-2-ヘキセナール

    トランス-2-ヘキセナールから見たキュウリキュウリ

    トランス-2-ヘキセナール(trans-2-Hexenal)は脂肪族アルデヒドの一種。異性体のシス-3-ヘキセナールとともに青葉アルデヒドの別名を持ち、草や葉のにおいの主要な成分である。天然にはキュウリやトマト、キャベツなどの野菜類、リンゴやバナナ、イチゴなどの果物、茶葉などに存在する。カメムシの匂いの主成分でもある。消防法による第4類危険物 第2石油類に該当する。トランス-2-ヘキセナール フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫平野

    筑紫平野から見たキュウリキュウリ

    筑後平野は1戸当りの耕地面積が0.7ヘクタールから0.8ヘクタールと狭く、早くから多角的農業が行われた。筑後川の自然堤防地帯で始まった野菜栽培は、米の生産調整以来水田地帯へ広がり、キュウリ、ハクサイ、キャベツ、タマネギ、ニンジンなどが加温のハウス栽培もまじえて行われており、京阪神へも出荷されている。矢部川下流域ではナスの生産も盛んである。筑紫平野 フレッシュアイペディアより)

  • アイラン

    アイランから見たキュウリキュウリ

    古くからトルコではヨーグルトに水と塩を混ぜたアイラン(トルコ語:)と呼ばれる飲料があり、バルカン半島から中東や中央アジアまで広い地域で愛飲されている。これはもともとヨーグルトに塩を加えて長期保存しようとしたことが起源と考えられている。よく撹拌して供するため、新鮮なアイランは泡を含んでいる。水の代わりにキュウリの汁やニンニクを入れたり、更に黒コショウで味付けしたりする。味も地域差があり、酸味の強さなどが異なる。また、撹拌して出されるため、泡を伴うものもあり、特に北西トルコ風のものは泡が多いが、撹拌に使う容器の違いなどで泡がほとんどないものもある。アイラン フレッシュアイペディアより)

  • 安原村 (石川県)

    安原村 (石川県)から見たキュウリキュウリ

    第二次世界大戦後には海岸付近での砂丘地の農業も発展し、今日では巨峰などのブドウ、スイカ、メロンなどの果物、ダイコン、キュウリなどの加賀野菜の生産が行われている。安原村 (石川県) フレッシュアイペディアより)

  • ばら色かび病

    ばら色かび病から見たキュウリキュウリ

    主に水分や糖分の多い、果実(メロン、イチゴ、リンゴなど)、果菜類(キュウリ、トマトなど)で発病する。発症部にはピンクや橙色の菌糸体が生じ、果肉が腐敗する。ばら色かび病 フレッシュアイペディアより)

480件中 81 - 90件表示

「キュウリ」のニューストピックワード