2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示
  • キュウリ

    キュウリから見た佐久市

    長野県佐久市志賀地区・春日地区において、少なくとも昭和20年代から栽培されている品種(信州の伝統野菜)。果実はずんぐりむっくりとした形をしており、長さは13センチメートル程度。熟すにつれ白から茶褐色に変色することから、シベリア系の品種と推定されている。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た南河内郡

    大阪府の特産種で、30cm以上の長い実ができる。元は緑で先は白のグラデーションとなり、歯ごたえがよいのが特徴。江戸時代の摂津国毛馬村(現大阪市都島区毛馬町)が発祥の地とされ、「浪華漬」と呼ばれる粕漬けの原料として周辺地域でも栽培されるようになったが、収率が悪いため廃れ、現在は、南河内郡河南町を中心に伝統野菜(なにわ野菜)として栽培されているにとどまる。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たメラニン

    、キュウリは(psoralen)を含みメラニンが光に反応しやすくなる性質も持ち合わせている。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たメソポタミア

    紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されており、インド、ギリシア、エジプトなどでも栽培された。その後、6世紀に中国、9世紀にフランス、14世紀にイングランド、16世紀にドイツと伝播していった。アメリカには15世紀末コロンブスがハイチに持ちこんだのを端緒に普及していった。キュウリを好物とした歴史上の有名人としてローマ皇帝ティベリウスがいる。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たつる性

    キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たビタミンB2

    石川県の伝統野菜。実が白瓜のように太く育つのが特徴で、重さが1kgを超えるものも珍しくない。皮は固いが、果肉は軟らかく、他の品種よりもビタミンB2を多く含む。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た石川県

    石川県の伝統野菜。実が白瓜のように太く育つのが特徴で、重さが1kgを超えるものも珍しくない。皮は固いが、果肉は軟らかく、他の品種よりもビタミンB2を多く含む。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た奈良県

    奈良県特産の品種で、実が最大90cm程度にもなるので、この名がある。奈良漬けにも加工される。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た神奈川県

    昭和初期に馬込半白胡瓜が神奈川県二宮町において改良された品種で、馬込半白胡瓜よりも日持ちがよい。現在はほとんど栽培されていない。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た大阪府

    大阪府の特産種で、30cm以上の長い実ができる。元は緑で先は白のグラデーションとなり、歯ごたえがよいのが特徴。江戸時代の摂津国毛馬村(現大阪市都島区毛馬町)が発祥の地とされ、「浪華漬」と呼ばれる粕漬けの原料として周辺地域でも栽培されるようになったが、収率が悪いため廃れ、現在は、南河内郡河南町を中心に伝統野菜(なにわ野菜)として栽培されているにとどまる。キュウリ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示

「キュウリ」のニューストピックワード