76件中 31 - 40件表示
  • キュウリ

    キュウリから見た上方落語

    ザクザク きゅうりもみのこと。ザクザクはそれを切る音。上方落語などで使われる。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たビルマ

    中国ではかつて、ビルマ経由で伝来した水分の少ない南伝種が普及し、瑞々しいシルクロード経由の北伝種の伝来まで、この南伝種を完熟させてから食べるのが一般的であった。のちに南伝種は漬物や酢の物に、北伝種は生食に使い分けられることになる。南伝種の伝来後、日本でも江戸時代までは主に完熟させてから食べていたため、黄瓜と呼ばれるようになった。日本では1500年ほどの栽培の歴史を持つが、完熟した後のキュウリは苦味が強くなり、徳川光圀は「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず」、貝原益軒は「これ瓜類の下品なり。味良からず、かつ小毒あり」と、はっきり不味いと書いているように、江戸時代末期まで人気がある野菜ではなかった。幕末、キュウリの産地だった砂村(現在の江東区)で、キュウリの品種改良が行われ、成長が早く、歯ごたえがよく、味も良いキュウリが出来て一気に人気となった。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たスサノオ

    祇園信仰において、スサノオ(牛頭天王)を祭神とする八坂神社の神紋が木瓜であり、キュウリの切り口と似ていることから、祭礼の期間はキュウリを食べないという地方(博多の博多祇園山笠など)もある。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た祇園信仰

    祇園信仰において、スサノオ(牛頭天王)を祭神とする八坂神社の神紋が木瓜であり、キュウリの切り口と似ていることから、祭礼の期間はキュウリを食べないという地方(博多の博多祇園山笠など)もある。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た水分

    キュウリは全体の90%以上が水分で、栄養素はビタミンC、カロチン、カリウムなどが含まれるが含有量は非常に低い。ギネスブックには、世界一カロリーの低い果実として掲載された。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た日本

    キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た

    果実色は濃緑が一般的だが、淡緑や白のものもある。の酸素要求量が大きく、過湿により土壌の気相が小さい等、悪条件下では根が土壌上部に集中する。生産高は2004年、2005年は群馬県が第一位であったが、2006年からは宮崎県が第一位である。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た家紋

    家紋の「木瓜紋」は、胡瓜の切り口を図案化したものとの説もある。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た博多祇園山笠

    祇園信仰において、スサノオ(牛頭天王)を祭神とする八坂神社の神紋が木瓜であり、キュウリの切り口と似ていることから、祭礼の期間はキュウリを食べないという地方(博多の博多祇園山笠など)もある。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た木瓜紋

    家紋の「木瓜紋」は、胡瓜の切り口を図案化したものとの説もある。キュウリ フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示

「キュウリ」のニューストピックワード