76件中 61 - 70件表示
  • キュウリ

    キュウリから見た規格

    日本では収穫作業が一日に2?3回行われる(これには、日本市場のキュウリの規格が小果であることも一因である)。夏は露地栽培、秋から初春にかけては、ハウスでの栽培がメインとなり、気温によっては暖房を入れて栽培することもある。しかし、2003年から2008年の原油価格の価格高騰により、暖房をかけてまでの栽培を見送る農家も少なくない。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た単為結果

    温暖な気候を好むつる性植物。栽培されているキュウリのうち、3分の2は生で食することができる。種子は暗発芽種子である。雌雄異花ではあるが、単為結果を行うため雄花が咲かなくとも結実する。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た南河内郡

    大阪府の特産種で、30cm以上の長い実ができる。元は緑で先は白のグラデーションとなり、歯ごたえがよいのが特徴。江戸時代の摂津国毛馬村(現大阪市都島区毛馬町)が発祥の地とされ、「浪華漬」と呼ばれる粕漬けの原料として周辺地域でも栽培されるようになったが、収率が悪いため廃れ、現在は、南河内郡河南町を中心に伝統野菜(なにわ野菜)として栽培されているにとどまる。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たメラニン

    、きゅうりは(psoralen)を含みメラニンが光に反応しやすくなる性質も持ち合わせている。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たメソポタミア

    紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されており、インド、ギリシア、エジプトなどでも栽培された。その後、6世紀に中国、9世紀にフランス、14世紀にイングランド、16世紀にドイツと伝播していった。アメリカには15世紀末コロンブスがハイチに持ちこんだのを端緒に普及していった。キュウリを好物とした歴史上の有名人としてローマ皇帝ティベリウスがいる。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たつる性

    キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たビタミンB2

    石川県の伝統野菜。実が白瓜のように太く育つのが特徴で、重さが1kgを越えるものも珍しくない。皮は固いが、果肉は軟らかく、他の品種よりもビタミンB2を多く含む。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た石川県

    石川県の伝統野菜。実が白瓜のように太く育つのが特徴で、重さが1kgを越えるものも珍しくない。皮は固いが、果肉は軟らかく、他の品種よりもビタミンB2を多く含む。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た奈良県

    奈良県特産の品種で、実が最大90cm程度にもなるので、この名がある。奈良漬けにも加工される。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たビタミンC

    キュウリは全体の90%以上が水分で、栄養素はビタミンC、カロチン、カリウムなどが含まれるが含有量は非常に低い。ギネスブックには、世界一カロリーの低い果実として掲載された。キュウリ フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「キュウリ」のニューストピックワード