110件中 81 - 90件表示
  • キュウリ

    キュウリから見た一年草

    キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た大和三尺きゅうり

    大和三尺(やまとさんじゃく)キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た発芽

    温暖な気候を好むつる性の植物である。栽培されているキュウリのうち、3分の2は生で食することができる。種子は暗発芽種子である。雌雄異花ではあるが、単為結果を行うため雄花が咲かなくとも結実する。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たもろみ

    生のまま味噌やもろみをつけて齧ったり、サラダ、寿司(かっぱ巻き)、酢の物、和え物、塩揉みなどで供されるほか、かっぱ漬け、奈良漬け、醤油漬け、わさび漬け、ピクルス、オイキムチなどの漬物の材料として使われる。日本の料理で加熱調理されることは少ないが、中華では煮物や炒め物としても利用される。トルコ料理のシャジュク、スペイン料理のガスパチョなど、スープにして食することも多い。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た種子

    温暖な気候を好むつる性の植物である。栽培されているキュウリのうち、3分の2は生で食することができる。種子は暗発芽種子である。雌雄異花ではあるが、単為結果を行うため雄花が咲かなくとも結実する。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た真室川の伝承野菜

    山形県真室川町の真室川の伝承野菜のひとつ。明治初期頃、真室川町の谷地の沢地区の姉崎勘次郎家に隣町の鮭川村から嫁いだ方が携えてきたのが始まりで、姉崎家によって現代まで細々と守られてきた。全国的にも珍しい黒イボ系の胡瓜で、本来の黒イボ系のような特徴は少なく、果肉は柔らかく、キュウリ特有の青臭さやえぐみなどがほとんど無いため、フルーツ感覚で食べることが出来る。町の洋菓子店「平和堂」では、スイーツとして活用されているほか、勘次郎胡瓜のコンポートなどが発売されている。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た露地

    日本では収穫作業が一日に2-3回行われる(これには、日本市場のキュウリの規格が小果であることも影響している)。夏は露地栽培、秋から初春にかけては、ハウスでの栽培がメインとなり、気温によっては暖房を入れて栽培することもある。しかし、2003年から2008年の原油価格の高騰により、暖房をかけてまでの栽培を見送る農家も少なくなかった。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たヒマラヤ山脈

    キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見たイボ

    キュウリのへたでイボをなでた後、それを土中に埋めておく。これが腐る頃にイボが取れるというまじないが長野県秋山郷地区にある。キュウリ フレッシュアイペディアより)

  • キュウリ

    キュウリから見た規格

    日本では収穫作業が一日に2-3回行われる(これには、日本市場のキュウリの規格が小果であることも影響している)。夏は露地栽培、秋から初春にかけては、ハウスでの栽培がメインとなり、気温によっては暖房を入れて栽培することもある。しかし、2003年から2008年の原油価格の高騰により、暖房をかけてまでの栽培を見送る農家も少なくなかった。キュウリ フレッシュアイペディアより)

110件中 81 - 90件表示

「キュウリ」のニューストピックワード