2755件中 11 - 20件表示
  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たキューバキューバ

    その後1838年に中央アメリカ連邦はグアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、エルサルバドルの五国に分解し、1903年にセオドア・ルーズヴェルト合衆国大統領の棍棒政策によってコロンビアからパナマが分離し、中央アメリカに付け加えられた。また、カリブ海に浮かぶ島国のキューバとプエルトリコはこの後19世紀末の米西戦争までスペイン帝国の植民地として残った後、キューバは1902年に独立し、プエルトリコはアメリカ合衆国による統治が続いている。こうして独立した国家はしばらく内戦が続く不安定な状態が続いた後、1870年代頃から漸く安定の兆しを見せることとなった。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカの歴史

    ジャマイカの歴史から見たキューバキューバ

    1657年と1658年には、キューバから航行したスペイン軍が島を取り返そうと侵攻するが、オーチョ・リオスとリオ・ヌエボの戦いで敗れた。イギリスは、1661年に完全な植民地化を始めて、1670年にマドリード条約を通して正式にスペインから獲得した。1692年には都市が形成されつつあった当時のジャマイカの首都ボート・ロイヤルに大地震が起こり、首都は壊滅状態となった。このため、イギリスはスペイン領時代の首都、ビジャ・デ・ラ・ベガをスパニッシュ・タウンに改名し、首都として再建した。ジャマイカの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アフロ・キューバン・ジャズ

    アフロ・キューバン・ジャズから見たキューバキューバ

    アフロ・キューバン・ジャズ(Afro-Cuban jazz)は、ビバップ(ハード・バップ)とキューバを中心に発展した中米のリズムを基調としたラテンジャズの一種で、しばしラテンジャズと同義にみられる事もある。アフロ・キューバン・ジャズ フレッシュアイペディアより)

  • アマダレガイ

    アマダレガイから見たキューバキューバ

    その後よく似た種がキューバの海底洞窟から発見されたが、こちらが2010年に新属新種として記載された際には同時に新科 Globocornidae も創設され、その中でアマダレガイもこの新科のものとして扱われた。しかし海産動物のデータベース WoRMSではアマダレガイはアマガイモドキ科に置かれており不一致が見られる。アマダレガイ フレッシュアイペディアより)

  • キューバの野球

    キューバの野球から見たキューバキューバ

    この項では、キューバの野球の発祥とその後の発達について記述する。キューバの野球 フレッシュアイペディアより)

  • イトグルマ亜科

    イトグルマ亜科から見たキューバキューバ

    Peristarium Bayer, F.M., 1971 タイプ種:Columbarium (Peritarium) electra Bayer, 1971(フロリダ沖の現生種)?フロリダからキューバにかけての近海にのみ知られる。棘などの突起が少なく、縦うねがあり、ナガニシ類に似た特異な群。イトグルマ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • ニシクロカジキ

    ニシクロカジキから見たキューバキューバ

    その他の呼び名として英語ではCuban black marlin、ocean guard(海の番人)、ocean gar(海のガー)があり、キューバではCasteroあるいはAguja de casteと、マデイラ諸島ではPeitoと呼ばれることもある。ニシクロカジキ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ陸軍

    メキシコ陸軍から見たキューバキューバ

    連邦国家であり、ヌエバ・エスパーニャの後継国家であるメキシコ合衆国の国土と都市部を国防する陸軍組織である。隊内では主にスペイン語が共通語とされ、一部では先住民の入隊も認められている。メキシコ合衆国全土の成年男子への1年間の選抜的徴兵制を実行する国民軍である。同国のメキシコ・シティー(首都)及び1億人2千万人を超えるメキシコ合衆国国籍を持つ国民の生命財産及び国家の国益を保護する為に、防空任務を受け持つメキシコ空軍やメキシコ海軍と共に、徴兵制と士官学校出身の職業軍人で編成されるメキシコ合衆国の正規軍である。人員数はメキシコ陸軍全体で常備軍約「223,000名」(大都市やその他地域での治安維持部隊を含む定数)、有事の際に備える予備役約「582,000名」を有しており、スペイン語圏では最大級の常備軍定員を持つ。陸軍内では各地の高級将校担当司令部と、国境など警備部隊、独立部隊に編成されている。警備部隊の担任区域は、12個軍管区の下で45個軍区に割り振られている。アルタ・カリフォルニア地域(現在のロサンゼルス及びサンフランシスコ含む地域)はヌエバ・エスパーニャ時代に領有しており、この時期1613年に、日本での江戸時代初期に仙台藩主伊達正宗が派遣したフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使とした慶長遣欧使節団は、途中で経由したヌエバ・エスパーニャ国にて、日本人初の北米大陸上陸経験者となったが、この時点で上陸したアカプルコの港からアルタ・カリフォルニア地域までは、現在のメキシコ陸軍前身組織にあたるヌエバ・エスパーニャ国境管理軍が国防を担当しており、当人たちの認識ではスペイン領内と記されてるが、実際にはこの地域であり、現在のメキシコ海軍及びメキシコ陸軍によって防備されているアカプルコが、北米大陸(中米含む)初上陸となった。その後使節団はキューバや大西洋を渡り首都マドリードに到着、最終目的地であったローマに到着した時点で1615年に入っており、母国日本では大阪夏の陣が起きている時期に常長はローマ法王との謁見とローマ市民権証書を受け取り、インド洋経由で同じくスペイン領フィリピンマニラまでの世界一周を達成した。この時点でメキシコ海軍の前身であるメキシコ海軍の先進的な技術や航海法を観察し、現在のメキシコ陸軍となるメキシコ・シティでのヌエバ・エスパーニャ兵士のパレードも見学したとされるが、当時の一般的な認識として「スペイン国内」として日記などにも記している為に、当時のメキシコ陸軍の詳しい装備内容などはわかっていないが、その後米墨戦争を経て、独立後のメキシコ帝国(第一帝政)はアルタ・カリフォルニア地域を失い、大都市ロサンゼルスはスペイン語風の都市名を持ちながら、英語圏(アメリカ合衆国領カリフォルニア州)に新たに組み込まれた。日本国内で幕末の時代に相当する時期の出来事であり、ペリー(黒船浦賀来航)提督がアメリカ合衆国海軍を率いて日本に到着した時点では、彼らが出立した北米大陸西海岸沿岸は、アメリカ合衆国の領土になったばかりであった。ゴールド・ラッシュをアメリカ合衆国に割譲した直後にこの地域で迎え、メキシコ国民は大いに同地域の奪還をメキシコ陸軍に対して期待していたが、圧倒的な英語圏のカナダを含む軍事力は覆せず、19世紀末期には内戦が勃発し、ナポレオンの後押しを受けたメキシコ第二帝政時期を経て、現在に至る。本来のメキシコ領カリフォルニア地域において、ほぼ南半分のみとなるバハ・カリフォルニア半島と隣接する港湾都市のみが、以後の20世紀初頭からメキシコ陸軍の国防担当地域となった。メキシコ陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・レクオーナ

    エルネスト・レクオーナから見たキューバキューバ

    エルネスト・レクオーナ (Ernesto Lecuona, 1896年8月6日 - 1963年11月29日) はキューバの音楽家。20世紀前半のキューバ楽壇では、多方面にわたる作曲活動のかたわら、ピアニストとして、またバンド・マスターとして、世界的な演奏活動を繰り広げた。エルネスト・レクオーナ フレッシュアイペディアより)

  • ペレス・プラード

    ペレス・プラードから見たキューバキューバ

    ダマソ・ペレス・プラード(Dámaso Pérez Prado, 1916年12月11日 - 1989年9月14日)はキューバのバンドリーダー、指揮者、ピアニスト。マンボ王(マンボキング)とも呼ばれる。ペレス・プラード フレッシュアイペディアより)

2755件中 11 - 20件表示

「キューバ」のニューストピックワード